『スキャナーダークリー』『新線西部軌道』『3月のライオン』

特に忙しいという事もないのだが、やる事ないと寝てしまう休日。
映画館へもいかず。
本日ジムに。いつも以上に軽めのトレーニングで切り上げ。
しかし今日は風が強くて寒い。
まだ風がゴーゴーといっている。

本日ADSL1.5MBからBフレッツ・ライトに。
いままでの約40倍ぐらいの速度が出ている模様。
Stage6がサクサク観れる。

Stage6でちょっとした仕事がらみでゲームのムービーを無作為に多数視聴。

CDやらネットやらで散々探しまわって見つからなくて。それが昨日、ひょんなな所で見つけた。"ひょんなところ"というのはネットであるのだが(笑)
『新・エースをねらえ!』の主題歌『青春にかけろ! 』だ。
『エースをねらえ!』はビデオ作品とTVの実写ドラマ以外のメディアでは全部観て(読んで)いるのではないだろうか。
所謂スポコンものであるのに『巨人の星』を語る時のような照れくささが伴わないのは、所謂荒唐無稽な"魔球"の存在がなかったのが一因かもしれん。
欲しかった『青春にかけろ! 』をやっと見つけてダウンロードしてヘビーローテーション(笑)今も聴いている(笑)現在90回目(笑)
まずい事だと思いつつダウンロードしちゃったが、CDで出てたらちゃんと買ってたな。というか、今見つけてもちゃんと買うつもり。
"つまずいても 打ちのめされても
私には見える ひとすじの光が"
この歌フルコーラスで4分ないんだね。
原作ともども実に良い歌である。劇場版の歌も良かったな。
蛇足だが、原作者はオイラからは考えられない状態になっているようですが(笑)

『スキャナーダークリー』
wowowで録画していたものを視聴。
いまいちすっきりしない作品。自分の好みではないのかもしれん。
映像も特に目新しい所があるとは思えないが、工夫しだいで原作とマッチングするかもしれないとは思えた。
実写よりアニメーションでやったらぴったりなのかもしれん。そういう意味では監督の方向性は間違ってはいないとは思う。
やらないとは思うがピクサーがつくったらいいかな、と(笑)
アニメーションというのはどんなにリアルに作ったところで絵空事であるわけで、原作のもつリアルな世界でのリアリティーの消失というモチーフにはハマるのではないかと思っている。
そういう意味では吾妻ひでおの『失踪日記』でのアル中の描写の方が真に迫っていたように感じる。
しっかし、キアヌ・リーブス、ロバート・ダウニーJr、ウィノナ・ライダー。問題児ばっか集めた映画ですな(笑)

ウルトラジャンプ誌 『新線西部軌道』伊藤 悠著。
『皇国の守護者』が終わった後の最初の読み切り。
すばらしい。
安彦良和との対談で安彦が絶賛していただけあって、登場人物の表情が実に多彩であり生き生きとしている。
恋する女の子の素敵な表情。
そして、
「穿(うが)て」
と咆哮する眼鏡でデブな社長のカッコいいこと。
そう、この作者は社会的にみてくれがイマイチとされている要素を持った人物を実に魅力的に描く。
『皇国の守護者』の新城然り。
どんなブ男でも真剣に生きてさえすればこんな表情ができると思うと、オイラも自信がもてるというもなだ(笑)
早く連載が決まる事を望む。

『3月のライオン』
羽海野チカの最新単行本。
やはり面白い。
『ハチクロ』の時もそう思ったのだが、"才能"というものをモチーフにして作品をつくっている。
羽海野の描く"才能"は多くの場合心ならずも周りの人間の嫉妬をかい、そして多くの人間<身内でさえも>傷つけていく。
しかし本人はその"才能"の僕となり進んでいかなくてはならない。
他人も自分でさえも不幸にしてしまうことがある"才能"というものが必ずしも祝福されたものではなく、むしろかけられた呪のようなものとして描写している。
この日常の中に潜む暗さを掘り起こしながら、きっと気持ちがほっこりするようなエンディングになるに違いない。
いやほっこりしなくてもいいが(笑)
それからなんとなく『彼氏彼女の事情』の後半の有馬の内省していく感じに似ているとも思える。
それは女性が妄想する男というものを理解しようという作業に似ているのかもしれない。
実にすばらしいストーリーテラーである。


明日は鈴木みその『銭 6』と『流出者』を買うつもり。
更に今週、レンズを一本購入(笑)

明日はアカデミー賞発表。
by 16mm | 2008-02-24 21:30 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/8309218
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2008-02-24 23:51 x
光導入オメデトウゴザイマス。サクサクは良いモノです(・∀・)
ステ6で『もやしもん』OPだけでもみてくだせぇ。山崎貴カントクが絡んでるので。
Commented by 16mm at 2008-02-25 06:03
■re:chataさん
>山崎貴カントク
えエ絵ぇ?本当に?観ます(笑)
教えてもらったステ6って今更ながら宝の山ですな(笑)
昨日、延々と観てました(笑)


<< 80th Annual Aca... 『潜水服は蝶の夢を見る』 >>