『SP』『コードギアス 反逆のルルーシュR2』

土曜日、会社に自主トレに。
帰りに大宮で髪の毛を切る。
日曜日、ジムに行くもマシンで30分程走って終了。93.35キログラム。
帰りに高カロリーのピザをコーラとともに流し込んでいて、ふとiPodに繋がっているイヤホンが眼に入る。耳につっこむ所のゴムが無くなっていた。まあそれはいいのだが、取れた所がゴッチリ耳アカでよごれているのにウンザリしてヘッドフォンを購入しに大宮に。
狙いは土曜日に試聴したBOZEのヘッドフォン。24000円ほど。前に使っていたイヤフォンも安くはなかったのだが、またまた浪費である。
しかし試聴した時は件のBOZEのヘッドフォンとgigabeatの組み合わせだったのだが、それの印象が強く良くて、自分のiPodにつないだらそうでもなかったりしてガッカリして。でもなかなか良い装着感。まあBOZEだし、いい買い物をしたと思いこもう(笑)

『オナニーマスター黒沢』についてである。
小説も後日談がUPされていたので読む。そのうち漫画になることであろう。
何度も言うが、これだけのレベルの作品をただで読めてしまうというのは歪んでいるとしかいいようがないなと思う。
名前を出してなんだが、柴門ふみなんていう漫画家でありながら内容どころか画にもやる気が感じられないのがどうどうと商業誌に掲載されていたりする。あんなのが掲載されるのは旦那の政治力のおかげなんじゃないかね。
こんな漫画の載っている雑誌にカネを払うなら『オナニーマスター黒沢』にカネを払いたいぐらいだね。
この作品の良い所は、大団円ではなく小解決で物語をおさめたところだろう。"ドア"をあけるという行為などそんな大したことではないのだ。しかし、登場人物にとってはとてつもなく大きな一歩であった筈だ。
"ドア"開けて、幸せになりましたという描写は描き手にとってもカタルシスを感じるだろうし、やってみたい衝動にかられたことだろうが、それをしない所に真摯な作家性を感じる。
まったく特別ではない男の子の日常の妄想を上手く救い上げていたと思う。
...
私は寡聞にして知らないだけで、営利を目的としていない作品の中にはこのようなテーマで描いている作家もいるのだろうか。

iTunesで『ジャイアントロボ』2曲と『The Sheltering Sky Theme』『炎のたからもの Vocal: 今井美樹』を購入。『ジャイアントロボ』2曲はイマイチ。『The Sheltering Sky Theme』は坂本龍一のこのテーマがすごく好きで購入。映画は良くわからなかったのだが(笑)
今井美樹ヴォーカルによる『炎のたからもの』は『カリオストロの城』のカバーになるのだが、オリジナルよりしっくり聴けた。

『SP スペシャル』
録画もしていたが放映時間に観れた。Podcastもダウンロードして楽しい製作ウラ話も聴けた。なにより映画化されるとのことで目出たい。オレとしてはこのまま深夜ワクのTVで予算をふんだんに使った硬派なドラマを作っても良いのではないかとも思ったが。
『SP スペシャル』は新作部分を挟みながら前回のTV版の総集編的な趣き。やはり面白い。
Podcastで一番面白い脚本家の金城も言っていたが、ラストで井上と尾形をあんなにギンギンにさせたら次作で殺し合いから始まっちゃうだろ、ってな事を言っていたが(笑)
そのあたりも映画版で上手く処理するのであろう。多分(笑)
あのドラマには珍しいぐらいの硬派な知性があると思う。

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』
新生一話のプロットが微妙に前作一話に似ているのは意図的とは思うものの、この期に及んでルルーシュを「兄さん」と呼ぶヤツがでてきたり(笑)つーか前の終わりがどうだったかオレは全然覚えていないのが判明(笑)
どうしよう。とりあえず復習をせねばなるまい。
主題歌は前作の2番目よりは格段に良いのだが、オレはやはり最初のFlowの『COLORS』が良かったな。あの歌がこの作品の全てを言い切っているような気がするしね。

『週刊マキヨーコ』、録画したもののまだ未見。

ここの所観たい映画がない。『モンゴル』はちょっとそそられるな。『スパイダーウィックの謎』は楽しみである。
後はまだ先だがクローネンバーグの『イースタン・プロミス』も期待している。
言うまでもなく『インディ...』と『スピードレーサー』も。
by 16mm | 2008-04-06 21:21 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/8605414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2008-04-06 21:51 x
>ルルーシュを「兄さん」と呼ぶヤツ
ゲェムでそいつにぬっ殺されました(;-Д-)とりあえず観る前から印象最悪でしたが(笑)本編はやはり釘付けになっちまいました。
あの時間帯で、第一話から人間焼却をやってのけるとわww深夜じゃなくていいのかナー?ってのは、余計な心配でしたねwww

『週刊マキヨーコ』
ホテルのフロントww
あと男優遠慮がちじゃね?もっとこう、・・・!って感想ですw
Commented by 16mm at 2008-04-06 22:01
■re:chataさん
『ルルーシュ』は前作の最後をもう一度これから観るところ。その前に『週刊マキヨーコ』を(笑)

『ルルーシュ』登場人物の把握がおぢさんには難しくなってまいりました(笑)
Commented by 16mm at 2008-04-06 22:35
『週刊マキヨーコ』
chataさん、遠慮がちというわりには胸をもみしだいてましたが(笑)冒頭ブラの肩ひもが見えたあたりが好きです(笑)
内容は、なんかすんごくつまんなかったですが、映像はがんばってましたね。ホテルの非常階段を外から撮ったりとか、ロケハンが大変だったかもしれんですね。

ウハハ。
ホテルのフロントww

マキヨーコって結構普通の演技もできるんですな(笑)
一応、次も観ときます(笑)
Commented by chata at 2008-04-07 00:05 x
もっとね、指の間から乳が漏れるくらい「ぐわしっ!」とやってほしかったのですよw

フロントのキャスティングには完全にヤラレましたw
次もみまっすww
Commented by 16mm at 2008-04-07 08:45
■re:chataさん
>「ぐわしっ!」
そう言われてみればそうですね(笑)やるなら徹底的にやって欲しかったとは今思いましたけど(笑)でも口の中に指を入れるところが見れただけでもオイラのフェチ心は満足だったりするのですよ(笑)

あのフロントのキャスティング、絶対狙ってましたよね(笑)


<< 『週刊マキヨーコ』 『ぼく、オタリーマン。3』『オ... >>