種々雑多

本日ジムに。
94キログラム。
絶賛増量中である。久々に会った人達からも増量を控えめに遠慮がちに指摘されるぐらいなので、事態はマジでしんこくになってまいりました(笑)
でもジムの帰りのピザはやめられね〜(笑)
本当に痩せる気あるのか?オレは(笑)

『ジャーヘッド』
wowowで録画したものを視聴。
今回の視聴で劇場での初見をほとんど寝ていたということが判明(笑)
じっくり観たら結構面白い。
いや、初見でもつまらなくはなかったのだが、ドンパチを期待していたせいか拍子抜けしたというのが正直なところである。
非常にナイーブに戦争というものを描写している映画だと言える。
『フルメタル・ジャケット』に似てはいるが、『ジャーヘッド』の方が多少血が通っているような印象。
あの戦争を悲劇と思うとともに喜劇であるとも捉えているのはやはりイギリス人監督の第三者的な目線の所為だろうと思う。
つくづくアメリカという国は戦争をビジネスとして輸出している国だなと思った。
生きるの死ぬのという以前に、本国に近いような快適な生活空間を戦場に作ってビジネスをしているように感じられる。
それでも焼けこげた死体を目の当たりにした時の衝撃というものはいつまでもついてまわるものだ。
油田で馬に会うシーンがなかなか素敵であった。
これ初見で見逃していた気がする(笑)

『ギアス』
盛り上がって参りました(笑)
汗をかかない主人公。それでいて観てるものを引きつけるのだからたいしたものである。

『マキヨーコ』
銭湯での水面の照り返しがなかなか良い仕事してましたな。
毎度撮影や美術は見応えがありますね。
ただ内容はどーでもいいような(笑)
来週はなんか期待できそうですね。
先週の週刊文春にリリー・フランキー撮影のマキヨーコが載っていたが、やっぱり素人カメラマンがモデルの雰囲気に撮らされた感じにしかみえなんだ。
ドラマの方は、申し訳ないけどもうすこし真面目に作って貰いたいと切に願う。ただ無内容に多ジャンルにしてるようにしかみえない。
何も作りたいものがないのなら、作るな、とは言わない。
ならもうちょっと真木よう子のキャラクターに即したもので完成度の高いものを望む。

久しぶりにCAPA誌とアサヒカメラ誌の二冊を購入。
CAPA誌のピントについての記事が興味深かった。
デジタルカメラ時代になって所謂"被写界深度"という言葉が死語になってしまった。
ピクセル等倍での鑑賞が普通になってしまったが、オートフォーカスの精度上そこまでピント合わせる事はできないということ。
ボケを許容する心も必要である。
なるほどなと思う。

『少林少女』楽しみだな。
『隠し砦の三悪人』の試写会での映像。監督のデブ監督も出ていたのにキャスト4人だけ写されて見切れていた(笑)これも楽しみ。


"児童ポルノの単純所持禁止"
このところこの問題の記事を読む度にイライラしてくる。
いい加減にしてくれと。
法制化したらオイラも真っ先に捕まる可能性があると思われる(笑)
児童ポルノ、ハッキリ言って観ませんよオイラは。
別に良識を気取るわけではなく自分の趣味や流儀でないというだけの話ですけど。
この法律、施行されたら真っ先に宮崎駿を取り締まってもらいたいものだな(笑)『紅の豚』の冒頭、幼稚園児の上半身裸が出てくるんだからな。
あ、『紅豚』のDVD持ってるオレもお縄だわな。
アカデミー賞監督だからとか、良識のありそうな監督だからという理由でお縄免除というのはナシにしてもらいたいよ。マジで。
つーか、無責任にこんな事を言ってる人達はそこまで考えが及んでいまい。
文学でも『ロリータ』という小説があるけどそれも当然焚書して発売禁止にしてもらいたいものだ。
そんな覚悟があるのか?
妄想を形にした映画や漫画や小説での"被害者不在"のこの手のファンタジーまでをも規制するというのは如何なる了見か。
児童ポルノから子供を守るというのと、エロロリの漫画を規制するということが確実に繋がっていいるとは到底思えない。
マイクロソフトとヤフーとがこれに賛同しているというのもムカつくのだが、それよりもアグネス・チャンがこれに加わっているのが本当に不愉快。
彼女は舌足らずの日本語で歌を歌って人気者になったわけで、その中に観る者の性的なアイドル性というものは確実にあったわけだ。
誤解を恐れずに言えば人気のアイドルという者達はオナペットとしての魅力もあるからに他ならない。
歌の上手さだけなら声楽を勉強していた人にはかなわない。しかし、歌はそこそこでもビジュアルでカバーする事でアイドルになれるのだ。逆に歌は上手くてもビジュアルでカバーできなければアイドルたりえない。
よもやアグネス・チャンは自分が己の歌唱力だけで人気をとったと思っておるのか。
とんでもない思い上がりである。
ヘタクソで舌足らずの歌を健気に歌うビジュアルに当時の人間が萌えただけであろう。
そのようなイメージを大衆に植え付けて行く事で成り立つ芸能という仕事をしていながら、自分もその片棒を担いでいたという事に無自覚だからこそ、こんな法律を作ろうと思ったのであろう。
はっきり言うがこんな法律作っても児童ポルノで傷つく子供はいなくならないよ。
今よりももっと陰湿な形で地下にもぐってひどい事になること間違い無し。
アグネス・チャンを含めこれに賛成している議員や弁護士は単なる人気とりの道具にこの問題を使ってるのは間違いないと断言する。
こいつら本当に不愉快。
こいつらのいる党には絶対投票しないし、アグネス・チャンのいる日本ユニセフ協会に寄付するぐらいなら、ちゃんとした国連ユニセフに寄付することにする。
by 16mm | 2008-04-20 21:59 | 閑話 | Comments(2)
Commented by chata at 2008-04-21 22:00 x
『隠し砦』試写会映像、ワイドショーかなんかで見ましたが、σ(゚∀゚も見切れてんなーと思ってましたw

『ランボー』『インディ』『ポニョ』観たいものがたくさん控えてるのはうれしきかな(´∀`)

σ(゚∀゚もアグネソ嫌い。
Commented by 16mm at 2008-04-21 23:12
■re:chataさん
私はそれに『スカイ・クロラ』と『スピードレーサー』と『スパイダーウィックの謎』なんかを加えたいでごわす。


<< 『少林少女』 『週刊マキヨーコ』 >>