『ランボー/最後の戦場』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『カウントダウン・オブ・スカイ・クロラcount.2』

土曜日、会社に自主トレ。本来仕事でやるものて色々試してみる。帰宅後テクスチャーを数個作成。

土曜日、散髪に行くつもりだったが予約が取れずに断念。

日曜日、ジムに行ったが駐車場が空いてなくて断念。

青山学院大学の瀬尾准教授問題いまだ進展せず。まったく学校ぐるみで責任と覚悟が足りないと呆れ返る。

『週刊真木よう子』。先週のは録画するもまだ観ていない。


『ランボー/最後の戦場』
土曜日MOVIXさいたまにて。
スタローンの『ランボー』に対するオイラなりの期待というものがあり、それはドンパチであり、筋肉ですべてを押し切る理不尽さと荒唐無稽の肯定というものであった。
冷静に考えたら一人だけの軍隊などというものは荒唐無稽以外のなにものでもないが、才能ある一匹狼が多数の相手に己の体力と知力で対抗するというのは日本人好みではるとは思う。
なので『ランボー』は戦争について語る為の映画ではなく、あくまでもアクション映画の側面としてしか期待はしていないのである。
その期待している部分をスタローンはかなり薄めてしまった。
あたかも『スターウォーズ』の新三部作で"通商連合"や"関税"などというナマ臭い言葉を出した事でファンタジーとしての荒唐無稽な魔法を弱めてしまたように。
パート1でのベトナム還りの悲劇や、一人も殺さずに知力と体力で状況を打破しようとするエネルギーは回を増す毎に減っていき、本作『ランボー/最後の戦場』は刃物を持ったバカが暴れ回るというだけの作品に成り果てていた。
スプラッタ描写を含めてただただ観てるのがツラかったが、時間が短かったので我慢したようなもの。
たぶんもうこのシリーズは観ないだろうね。


『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
豪華版なるDVDを購入。
本編一回とコメンタリーを一回視聴。
劇場で観た時よりも面白く感じられた。
コメンタリ−でも今回のテーマである「お金で買えないもの」という部分でかなり言い訳っぽい(少なくともオイラにはそう感じた(笑))事を監督は言っていた。しかし台詞ではなくてもかなり「お金で買えないもの」を描写していたことに気がついてちょっと襟を正した。
それから役者の演技についてもちょっと目からウロコで、顔つきなどほとんど変わっていないのに堤真一は『SP』の尾形ではなく、ちゃんと鈴木オートの顔になっていたのがスゴイ。
オイラもデ・ニーロの影響か役作りというのは形から入るものだと思っているところがあったのだが、必ずしもそうではないのだなというのを堤をみて思い知らされた。戦友がいなくなった朝の表情をじっくりと観たのだが実に複雑な表情をしていた。
やはりこのような発見はDVDで再見する価値があるということだと思う。
VFXについてはオイラごときがなにもいえなのだが、羽田空港で旅客機が駐機しているシーンがすごくリアルに感じた。
後は冒頭のシーン。
疾走するミゼット。破壊される東京タワー。そして日本が誇る世界一有名の役者が最高にカッコいい(笑)
これに拘らなくてもいいのだが、山崎監督にはぜひともあの役者で映画をつくっていただきたいと切に願う。
本当は『20世紀少年』も山崎監督がいいかなと思ってはいたのだが(笑)
多作がダメとは言わないが堤幸彦のあまりの多作ぶりにかなり心配はしているのだ。すごく雑に作るのではないか、と。
ところで、劇場ではさほど感じなかったがエンディングを改めて聴いてBUMP OF CHICKENの『花の名』、絶品であった。


『カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.2』
『「スカイ・クロラ」オフィシャルガイドブックSurface』
『スカイ・クロラ』関連のDVDと書籍。
西尾鉄也のデザインが実にいい。スイトのデザインも萌えるのであるが、好みとしてはフーコがいいな(笑)トキノの原型は羽賀研二か(笑)
DVDの『カウントダウン・オブ・「スカイ・クロラ」count.2』で押井の言葉に思いがけず身にしみてしまい、土曜日の自主トレに力が入ってしまった(笑)
まあ、今迄がいままでなので(笑)すべてを額面通り受け取る程ウブではないつもりであるが(笑)素直に「エエこと言うなぁ〜」とは思えた。
by 16mm | 2008-05-25 21:19 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(5) | Comments(2)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/8923601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 仕事の最新情報 at 2008-05-27 04:46
タイトル : キャストの種類とその仕事内容
ディズニーリゾートでのアルバイトはどんな仕事内容なのか少し紹介してみます。まずは約2万台も停めるスペースがあるという駐車場での車の誘導や料金の受け取り等をするパーキングロットキャストは、男性ばかりではなく女性もいるようです。2万台もの駐車場にはパーキングロットキャストは何人いるのでしょうね。アトラクションの準備や進行をするアトラクションキャストや、正看護師の免許を持っていればナースキャストの仕事もあります。非接客の仕事では、キャラクターのコスチュームを作るワークルームキャスト・施設のイベントのセッティ...... more
Tracked from 映画や本を淡々と語る at 2008-05-27 09:56
タイトル : ALWAYS 続・三丁目の夕日
もし茶川君が芥川賞を取れたら、映画としては駄作でしたでしょうね。ラストの締めは良かったのですが、茶川君はどうやって生計を立てていくのでしょうか?全財産吐き出したあげく、他人にまでいくらか出させて・・・・・。... more
Tracked from 交際クラブ クラブ★エー.. at 2008-05-28 17:20
タイトル : 交際クラブ「男性向けスイーツ教室」
男だって甘いモノが好き、そしてたくさん食べたい。 そうカミングアウトする人は多くなってきたが、ついには「だったら作る」派が登場しているとのこと。... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2008-06-16 12:40
タイトル : 『ランボー 最後の戦場』
□作品オフィシャルサイト 「ランボー 最後の戦場」□監督・脚本: シルベスター・スタローン □脚本: アート・モンテラステリ □キャスト シルベスター・スタローン、マシュー・マースデン、ポール・シュルツ、ジュリー・ベンツ、ジェームズ・ブローリン、グレアム・マクタヴィッシュ、ケン・ハワード、ティム・カン、ジェイク・ラ・ボッツ ■鑑賞日 6月6日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 最初にランボーを観て興奮したのはいつだっただろう。 最初に『ランボー』が...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-04-25 05:16
タイトル : 「ランボー 最後の戦場」
あの孤高の戦士、ランボーが20年ぶりに帰ってきたー。ベトナム帰還兵であり無敵のジョン・ランボーが混迷する21世紀で、世界一残忍な軍隊として恐れられるミャンマー軍事政権に5人の傭兵とともに敢然と戦いを挑む。シリーズ4作目となる本作のタイトルは「ランボー 最後の戦場」(2008年、米、シルベスター・スタローン監督・脚本、91分)。本作はミャンマー政府軍に拉致(らち)された人質の救出劇である。相変わらずの派手な銃撃戦や、ハード・アクションとともに、本作ではミャンマー軍のジェノサイド(大量殺りく)...... more
Commented by chata at 2008-05-26 01:13 x
天気悪い&微妙に遠いと映画館に足を運びヅラいス・・・('∀`;)
てなわけで『隠しトイレ』と『乱暴』まだ観てません。
もぅタイミングを失った感じです。でも観たほうがよいですか?w

『週真木』オパイ占い再びw しかし秋田弁が出鱈目ナリ。

金曜夜徒歩で帰宅してたら、途中タツノコプロをみっけました。
押井監督もここで働いてたのかなぁ~と感慨に浸りつつ、
やっぱ駅に戻って電車で帰宅しますた(・∀・)へへっ
Commented by 16mm at 2008-05-26 06:06
■re:chataさん
お仕事キツくて余裕がないのかな。そういう時はオイラもお布団かぶってヒッキーになってやりすごしてますよ。

『乱暴』は、観なくていいと思いまふ。
スプラッタ描写でちょっと気分悪かったっす(笑)

『週真木』。なんか良くわからんかった(笑)

また長めの一週間が始まるなあ〜。
がんばりましょう。


<< 『相棒 -劇場版- 絶体絶命!... 新海誠 >>