『図書館戦争』

土曜日、2ヶ月ぶりの歯のメンテナンス。色々とマズイ状態になっていた(笑)ブラッシングのやりかたにもっと気を使おう。時間も長くしたいがそれはなかなか難しそうだ。


本日日曜日ジムに。91.65キログラム。


先週、代理店へ移送した腕時計が還ってきた。ブレスレットに関する技術料もなしである。
迅速に対応してくれた販売店と代理店に感謝である。
金属ブレスがついた時計は見違えた感じになり、重さもなかなかいい。高い金出して購入して良かった。
これで運気が上向いてくれれば問題ないのだが(笑)


今週は映画館には行かず。『ぐるりのこと。』にはちょっと興味があるので観に行こうと思っている。


iPod用にエンコードをしているが、母親のwindowsでやるとほぼ本編の時間で出来る事がわかった。会社のマシンなら2時間モノが20分だが、それはマシンスペックが段違いだからにほかならない。
全部日本語吹き替えでエンコードしておる。
やはりiPod touchが欲しくなる(笑)


『ギアス』
ものすごくアツイ展開。この展開はキライではない。やはりシンクーと天子の話はいいな。
横たわったC.C.をなめるカメラワークと、拘束されたカレンがエロくて良い(笑)
あまり露骨ではないが、というよりもエロは作品全体のほんの一部でしかないが、かなり確信犯的に盛り込んでいると思われる。
やはり一定の毒は盛り込まないと作品のエネルギーにはならんからね。


『週刊真木よう子』
似た者二人の女の話。
次回は特別編らしいが、本編としては今回が最後か。
一番面白かった。
市電が通る横でのロケーション。堤防の上と下でのカメラの切り替え等々。
今迄で一番映像作品としてまとまっていた。
これは保存しておこうかな。


『図書館戦争』
Production I.Gが制作しているのはなんとなく知っていたが、たまたまYou tubeで10話迄を視聴。
そんなに観るつもりはなかったが、結局UPされている話数すべてを観てしまった。
なかなか引き込まれる要素がある。
ジョージ・オーウェルの『1984』的な世界を模した(本編でもその話に若干及んでいた)作品であり、検閲と表現(主に知る事に関する)自由の戦いを描いている。
が、主軸はラブコメだったりする(笑)
主軸をラブコメにしたのはこの作品を作品たらしめるためには正解であったと思われる。
つまりここで争われている"本"を巡る闘争を大上段で今の時代にやる事は難しいと思うからだ。
"本"を含めた印刷メディアの活字が以前程チカラをもてなくなってる今の状況を考えれば仕方ない事だ。
情報が一瞬で世界を駆け回る時代に"本"に固執すること自体が時代錯誤であったり、マニアックであったりするのかもしれない。
そんなチカラを無くしつつある"本"を巡って血みどろの抗争をすること自体に意義を感じられない。
たぶん制作者もそのあたりは十分承知の上であろう。
そしてそんな対症療法で検閲と戦う事への不毛さを指摘する物語を作ってバランスをとっていたりもしていた。
この作品は"本"を守る事を表現の自由を検閲から守るということのメタファーとしているのだと思う。
残りの話数は録画して観る事にしよう。
by 16mm | 2008-06-22 20:48 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/9094533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chata at 2008-06-22 21:20 x
『ギアス』予告ですべて吹っ飛びました(゚∀゚)ぇー!!!???
やはり黒の騎士団最強は咲夜子かw
Commented by 16mm at 2008-06-22 21:27
■re:chataさん
来週は『プラネテス』で言う所の"忍者"の回的なトコロでしょうか(笑)おぢさんも吹っ飛びました(笑)つーか、ルル飛んでたし(笑)
咲夜子さんを叱るロロに萌えるオイラは変態でせうか(笑)
Commented by chata at 2008-06-23 12:19 x
連絡(・∀・)確か今日はヴィンランドの新刊がでる日ダス。本屋が閉まる前になんとか買いに行きたいところ。
Commented by 16mm at 2008-06-23 13:02
■re:chataさん
ああああ(笑)
しまった(笑)
俺もchataさんのトコに私信入れちゃった。
で、買いましたよ(笑)
Commented by chata at 2008-06-23 19:40 x
こりから買いにいきます(・∀・)
無限はアニメ化でしたっけ。漫画は関所越えてからみれてないッスぅ~
Commented by 16mm at 2008-06-23 21:29
■re:chataさん
いや〜、も〜、なんつ〜か〜(笑)
腹一杯な気分の『ヴィンランド・サガ』(笑)殺戮の中で道義を説き、生きる限り手に入らないものを切望し絶望する。
いやはや...。
Commented by chata at 2008-06-23 22:04 x
先ほど読了。わかります(笑)すごすぎて言葉がでませんな。
Commented by 16mm at 2008-06-23 23:32
■re:chataさん
『ヴィンランド・サガ』に関しては掲載誌を立ち読みする機会があってもグっとこらえて読まずにいて正解でした(笑)
作者のトルフィンへの突き放しっぷりが良いと思います。
思い入れたっぷりだとトールズの瞳はトルフィンに宿したいところをものの見事に外してますね。
Commented by chata at 2008-06-24 21:08 x
おりぢん買ったぉ!(・∀・)もう購入済みかと思われますが(笑)

アシェラッドの高笑い、自分の勘が大当たりしたことに酔いしれたのか(笑)しっかし、ここ最近の漫画ではいちばんゾクゾクきましたね。あらためて幸村の天才っぷりを実感ヽ(´ー`)ノ
Commented by 16mm at 2008-06-24 21:38
■re:chataさん
ううう...。
本日会社休んで臥せっていたので買いに行けずw
明日は持ち直すと思われるので昼休みに買います。

アシェラッドは自分が仕えるのに値する主人をずっと探し求めていたわけですから、ある意味感無量でしょうね。
この漫画、描写としての残酷シーンが不可欠なわけですけど、当然アニメーションには出来ませんやな(笑)
ふと朦朧とする頭でコミック版『プラネテス』と本作について色々妄想してました(笑)


<< 『ぐるりのこと。』 『インディ・ジョーンズ/クリス... >>