『ハンコック』

本日ジムに。先週と同じくランニング・マシンの傾斜が最大になるようにして、それがランダムに切り替わるようにした。スピードは時速4.8キロメートルぐらいなのだが結構汗をかく。1時間で750Kcal。筋トレ。92.65キログラム。

ビッグコミックオリジナル誌の『岳』。本当にすばらしい。白骨化した者に対する慈しみとそれを待ち続けた者への敬意。「よくがんばった」。こんな単純な言葉が胸をつく。既存の宗教でもこれほどまでに死と対峙はできてはいまい。

Cut誌。宮崎駿のロングインタビュー。その他『DMC』の松山ケンイチや『パコと魔法の絵本』のスタッフ&キャストのインタビューと読み応えだけはあった。

『未来世紀ブラジル』
iPodでエンコードしたものを観る。やはり面白い。もうほぼ古典的名作の域であろう。

『ギアス』
とうとうママが出てきた。それも殺された可哀想な母親ではなくちょっと油断ならない感じで。権謀術数を用い頭のいいことを自慢している男を軽く飛び越える女性性。もしかしたら男って単に純粋でバカなのではないか?(笑)

土日で色々やろうと思っていたのだが、どーにもやる気が起きない。ちょっとシャレにならない気だるさである。




『ハンコック』
土曜日MOVIXさいたまにて先行ロードショー。
悩める超人というコンセプト。銀行強盗を捕まえても必ずしも民衆の支持は得られない。「やりすぎ」であるとか「目立ちたがりやの自警団」などと揶揄されるスーパーマン。
『ダークナイト』は主人公が自己言及的になっているため暗く重い。この手のテーマは最近のヒーローものの映画で必ずついてくるものであり、その真打ちが来年公開の『ウォッチメン』になるだろう。
しかし『ハンコック』は正義にそれほどの使命感をもっておらず、なんとなく行きがかりでなんとなくな正義を行っているのである。
なので基本はコメディーなのだ。
力を制御できずに人間がスーパーマンになったらどうなるかというのを丁寧にビジュアルで見せてくれる。
空からの着陸の衝撃で地面がめり込んだり、火事の救助に行って服が燃えて半ケツになったりと(笑)
真面目なドラマとしてやろうとした時に切り捨ててきたであろうそれらのネタを使っているので結構笑えたりする。
昔観た『アメリカン・ヒーロー』のようなノリである(笑)
前半はそんな感じのコメディーを基調としているのだが、後半は超人としての成り立ちやどうしてその能力を持っていたものがいなくなってしまったかが語られる。
しかし、それほど深刻な話にはならない。
超人の能力を持った者が近くにいるとその能力が無くなるというのがネタバラシ。
超人同士が愛し合う事で能力が消える。
超人が超人である為には孤独でなくてはいけないということなのであろう。
ところで、一部で話題になっていたのだが、黒人の男と白人の女が恋に落ちるというのがいまだにアメリカの社会ではタブーらしいとのこと。特に映画で描くには躊躇するようなものらしい。
デ・ニーロは黒人女性と好んで結婚していたりするし、その手の話題は過去のものだと思っていたのだが......。
ウィル・スミスとシャーリーズ・セロンはキスしなかったしね。
別にキスすることが愛情表現とは思わないが、するべきであろうところで描写されないのも問題だ。
で、そのシャーリーズ・セロンだが、彼女はやはりすごい。
今回の役柄も基本綺麗な女性なのだが、それでも歳相応の中年に向かおうとする女性の顔になっているのだ。
つまり美しさが映画から浮いていない。
例えばニコール・キッドマンならどんな映画のどんな役でも美しく見えるようにメイクしてスタンバイするであろう。
シャーリーズ・セロンのすごいところは自分に対するメイクアップを最高に美しく見えるようにするのではなく、あくまでも映画とその役柄にそったかたちのメイクをするところだ。
女性だからだれでも美しく見られたい撮られたいという願望はあるだろう。
しかしシャーリーズ・セロンのこれまでのキャリアを見れば、『モンスター』のように美しさのかけらもないようなメイクで映画に出てきたりしている。
しかし、それが映画を作る上でプラスに働いているのだ。
というか、シャーリーズ・セロンのような意識を持った女優は他にいない。だから貴重な存在なのだ。
若いときのデ・ニーロのようなアプローチを女性でやる唯一の存在だと思う。
『ハンコック』でもそれはいかん無く発揮されており、こんな感じの女性ならいるかもしれないというリアリティーを出している。
それでもちゃんと美しさや気品はにじみ出ているのがわかる。
ほんとすばらしい。大好きだな。



というわけで、なんか気だるくてこれ以上かけないので、これにて......。
by 16mm | 2008-08-24 21:29 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://rts3.exblog.jp/tb/9533784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from アメリカテレビ映画・テレ.. at 2008-08-24 23:13
タイトル : アダムスのお化け一家
001墓地街にあるゴシック風の古びた館に住んでいる奇怪な「アダムスのお化け一家」の日常(?)生活を描く。... more
Commented by chata at 2008-08-24 21:51 x
ネタバレしっかり拝見したので、劇場は遠慮しときます(・∀・)ぬふ。
1時間で750Kcalって、コンビニ弁当1個分ですね。すげぃ。
閃光のマリアンヌの活躍に期待(*´Д`*)
Commented by 16mm at 2008-08-24 21:58
■re:chataさん
まあ、アレです。笑える瞬間もあるんですけど、総論としては「観なくてもよかったかなw」という感じですね(笑)
『アイアンマン』に期待かなあ。

ほ〜、750kcalというのはそのぐらいですか。でもそのあとピザーラのMサイズをコーラと一緒にストマックに流し込みましたが(笑)

ところで......(chataさんのブログにつづくw)
Commented by chata at 2008-08-24 22:08 x
ストマックにっ!w
こんな前向きなサイトを発見しますた。
ttp://d30.jp/
Commented by 16mm at 2008-08-24 22:25
■re:chataさん
うはははは(笑)
アレかな、彼ら(オレも含まれるだろうがw)から見たら岡田 斗司夫って元デブなのにデブを笑う元デブになるのだろうかね(笑)
Commented by chata at 2008-08-24 22:52 x
んー岡田氏の場合はデヴを笑う権利があるのではないかと思います。
代謝の悪い年齢なのに、あんだけ痩せればねぇ…w 普通にすごいス。
Commented by 16mm at 2008-08-24 22:56
■re:chataさん
すごいとは思うけど、やっぱ昔のデブだった頃の方がやる事に説得力があったような(笑)ビバ・D!(笑)


<< 『舞妓Haaaan!!!』『オ... 『インクレディブル・ハルク』 >>