2017年 03月 05日 ( 1 )

町山智浩の映画ムダ話43 デミアン・チャゼル監督『ラ・ラ・ランド』 『花は咲く』

だいたいにおいて無能かつ怠惰な社員のオイラであるが、そんなオイラでも先週はそこそこ疲れた週であった。
なにせこの拙ブログで感想を書く映画も本も読んでないんだから(笑)。


本日日曜日、スーパー銭湯に寝湯、ストレッチ、日光浴。
風も冷たくなく日光浴には丁度いいが、露天にいると花粉を敏感に感じる(笑)。
ヨーグルトとハチミツの所為か周りの人間が鼻炎で苦しんでいる中、オイラは結構抑え込まれているように感じる。


先週土曜日、今年初めての撮影。
手持ち撮影を部分的にやってみたらAFのレンズが欲しくなった(笑)。
それとスピードクラス10のmicroSDをメディアとしてα7Rに使ってみたが書き込み中でシャッターが切れないというこれまでのストレスがなくなった。
スピードクラス10ってすげえ。
あまり連写する方ではないのだが、ある程度リズムでシャッターを切っていくと書き込み過多で今までのメディアだとシャッターが切れなかったりメニュー変更ができなかったりしたのだ。
これはメディアを全部スピードクラス10にした方がいいかなあ。


『ぼくらが旅に出る理由』

『龍の歯医者』の主題歌をMistera Feoというグループの女の子が歌っているのだが、ずっとそのYouTubeを聴き続けている。
Mistera Feoバージョンの『ぼくらが旅に出る理由』が売られていないからである。
売られていたら即購入してるところである。
で、この歌って元は

小沢健二なんだな。
オイラは小沢健二の良さがまったくわからずに生きてきた(笑)。
この楽曲もMistera Feoバージョンと小沢健二のバージョンの印象が違いすぎる。
小沢のバージョンはポップで軽い印象。
Mistera Feoバージョンは小沢バージョンと歌い方もアレンジも違う。
ただ『龍の歯医者』という物語の世界観のパースペクィブをよく表現してるなと感じた。
詞に"東京タワー"なんて言葉が出てきても気にならないんだよな。
この楽曲を歌い手を換え、アレンジを変えることで『龍の歯医者』に使えると判断するセンスはオイラにはないなあ(笑)。
製作者達はすげえ。
どちらが好きかと言えば圧倒的にMistera Feoバージョン。
早よ売り出してくれ(笑)。


第40回 日本アカデミー賞
c0022635_20142347.jpg
最優秀アニメーション作品賞『この世界の片隅に』。
まあこんな日本のチャチな賞でも『この世界の片隅に』には取った方が得だろう。
それを受けて地元の映画館、今週からまた1日2回上映になったからね(笑)。
本当にバットを短く持ってコツコツ当ててるよな(笑)。
つーかこんなチャチな賞でも主演女優賞に能年玲奈 a.k.a"のん"がノミネートすらされてねえ。
ちなみに『太陽』も。
門脇麦もノミネートされてねえしなあ。


町山智浩の映画ムダ話43 デミアン・チャゼル監督『ラ・ラ・ランド』
c0022635_20371221.jpg
町山智浩が解説するデミアン・チャゼル監督『ラ・ラ・ランド』
所謂ハッピーエンドというものの欺瞞。
自分の日常を見ていても金を持っていて、好きなもの買って、恋人がいて、結婚して、子供がいて......etc...
欲しいものすべてを手にいれる人生なんて、皆無とは言わないが、多くの場合何かを手にしたことによって何かを失ったり。
失うことで得たものがあったり。
多くの人の人生というのはそういうものだ。
『ラ・ラ・ランド』はラストで主人公二人のあり得たかもしれない姿を描写するわけだけど、それは弾かれた曲によって想起された二人の共通したビジョンであり、二人の夢であり、妄想なのだ。
しかしその夢や妄想が現実と同じようなリアリティで描いて描写できる映画でなら、二人が観たものは現実と言っていいのではないか。
別れというものを肯定的に描くことは難しい。
自分たちが生きている現実の世界に全てを手に入れ「ヒャッハー」なハッピーエンドがないからこそ、映画の中ではあり得ないようなハッピーなエンディングを求めたい気持ちもわかる。
しかしね、恋仲であった二人が分かれるという現実にもあることを肯定的に描き、それを観て自分の人生を肯定できるということもあると思う。
少なくともオイラはそうだ。
これまでも、これからも。
町山智浩の解説や評論は色々盛ってるわけではないんだが、話し方とウンチクでつまらない映画が面白そうだと感じてしまうことが多々ある(笑)。
それでも評論家が「つまらない、観る価値なし」と決めつけるよりも、そのつまらない映画を多くの人間が観たいと思わせるところにこそ、映画の未来がありそうだと思う。


『花は咲く』
c0022635_20560441.jpg
NHK・Eテレでの録画視聴。
東日本大震災復興プロジェクトで、岩井俊二の作詞で菅野よう子が曲を作り、そのアニメーションを片渕須直が監督。
キャラクターデザインは『この世界の片隅に』のこうの史代だ。
柔らかい描線と時折、りんさん的な、とか、すずさん的な、とかのキャラクターが散見する。
このアニメーションが制作されたのは2013年だという。
その頃から片渕監督はこうの史代と組むことを考えていたのかもしれん。


今週はこんなところで。


今週末は心療内科と歯の治療である。

by 16mm | 2017-03-05 21:03 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(2)