<   2005年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『LOVERS』『シベリア超特急3』

ちょっと古い話になってしまうが、韓国政治家が脱北者問題に関して北京で記者会見した時に妨害した中国公安部。
最低な日本人がいるのは認めよう。なら中国人にだって良い奴はいる。

『LOVERS』をレンタルビデオで観た。レンタルでビデオを借りたのも久しぶりだが、ビデオで日本語吹き替え版<いつもDVDでは吹き替えを観てるとはいえ>を借りたのは初めてだ。レンタル間もないものなのでビデオで日本語吹き替えしか残っていなかったからだが。
チャン・イーモウ監督の作品は『英雄』以来非常に楽しみにしていた部分もあり絢爛でケレン味溢れる映像は娯楽作として非常に楽しめた。
映像を美しく見せる事に長けているというか、その為のアイデアを映像化する才能があるというべきか。
冒頭のチャン・ツィーの踊り(多分顔を殆ど映していないから"ダブル"だと思うが)、竹薮での殺陣、ラストの金城とアンディ・ラウとチャン・ツィーのそれぞれの思いをめぐる戦い。それら全ての戦いが美しく描かれている。
チャン・イーモウの美学というものだろうか。多少の辻褄の合わなさ、飛躍のしすぎには眼をつむっても自分の欲しい心象風景の映像を優先してしまうということなのだと思う。
それにしてもチャン・ツィーは綺麗だねえ。身のこなしに緊張感がある。
予算や時間も当然あって比較はできないが、映画でもTVでも日本人俳優の殺陣の格好悪さ、見せ方のお粗末さではまるで歯が立たない。
映画のストーリーも二転三転して飽きないのだが、朝廷と飛刀門との争いが中途半端になっていたと思う。
なんでも、飛刀門の新党目が演じる予定だった女優さんが本作に出演することなくこの世を去った為、監督は代役は立てずに脚本を修正した結果、公開されたバージョンになったという事らしい。
それでもやはり作品的な違和感は拭えない。
んが、しかし、そんな作品的な欠点でさえ私は「チャン・イーモウ、漢(おとこ)だねえ」と感じてしまうのである(笑)
ケレン味の中に渋い重さがあった『英雄』の方が観た後の満腹感は私にはあった。

中国が日本に対し戦後補償云々を言う度にカリカリして「チベット侵略したのはどこの国だ。こっちはブラピの映画で知ってんだぞ」などと言い返したいのだが、<本当はどういう人間かは知らないし、忸怩たる思いは当然あると思うが>チャン・イーモウみたいな人がちゃんと中国にいるんだなと思うと正直ホッとしたりする。自分の映画の衣装デザインに日本人のデザイナー、ワダエミを起用してるのだから。決して感情的なものでなく才能に国家も歴史も関係ないという感性は、私に最も足りない部分であろうと自覚しているので謙虚に見習いたいと思ってる。


『シベリア超特急3』をビデオ録画したものを観た。TVの録画なのでカットされているかも分からんので正確な感想は言えまい。
評判通りの映画であったので、なんとも言い様がない。たしかに突っ込みどころ満載であった(笑)
しかしそれよりもTV放映前と後に水野晴郎の映画の解説があるのだが、作った本人が自分で解説するってのは、どーかと思うぞ(笑)
●みなさんお待ちかね。
●三田佳子さんは自分の演出意図を的確に捉えて云々
●etc...
カット割れないからちんたら長まわししてたくせに、な〜にが演出意図だ(笑)
水野晴郎さんは自分で映画を撮ってみて、映画製作の難しさというのが身にしみて、今後謙虚な姿勢で映画を評論するんだろうな......と思いきや5作も作ってるところを見ると......(笑)
それでも映画を撮らないということだけで存在している映画監督がいる中でセルフプロデュース(だよね?(笑))で映画を作り続けてるという姿勢は認めるべきであろう。
それが...たとえ........であっても(笑)

たしかに作家・岩井志麻子の演技は泣けた(笑)
それ以上感想が言えない自分にも泣けた(TT
by 16mm | 2005-01-30 21:58 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(10)

『エレファント』

一月はあまり観たい映画も買いたいDVDも無かったので、DVDのレンタルばかりをしていた。が、今週の土曜日から公開の『Ray/レイ』は観に行くつもりである。
んでこの春先一番楽しみなのが『ロングエンゲージメント<原題/A VERY LONG ENGAGEMENT>』である。ネット上でやってる予告編を観て、いても立ってもいられない状態である(笑)オロオロオロ(笑)ジャン・ピエール・ジュネ&オドレイ・トトゥ (『アメリ』の監督主演コンビ)+ジョディ・フォスターが出てるとか?
後はスコセッシの『アビエイター』と邦画の『ローレライ』だな。
『アビエイター』はまあ良いとして、『ローレライ』の予告編を観て、どうも潜水艦内のライティングがイマイチだなあと思ったりした。ライティングって難しいんだろうな。
良くも悪くも映画って予告編で騙される事は多いから。どんなものでも過度な期待はよしとこう。

『エレファント』をDVDレンタルして観た。
観る前は例の<コロンバイン高校銃乱射事件>の実録ものっぽい映画かと思ってたら、事件をそのまま出さずにモチーフにした映画という感じであった。
<コロンバイン高校銃乱射事件>に絡めた銃規制の問題は、マイケル・ムーアの『ボーリング・フォー・コロンバイン』が面白かった。これを観ておいたおかげで多少事件の背景を含めて『エレファント』についても理解しやすかったと思う。
全編のほとんどが人物の背後を追うかたちのドリーショットである。そして同じシーンを違う人物から見たショットとして、それを時間差で繋げていく。
移動撮影の所為かとも思ったが、全編に渡りピントの深度が極端に浅い。前を歩いている人物にしかピントがあっていない。人物の背後をカメラが延々と追っ掛けていくのでライトを立てるのは不可能なのだろうと思う。従ってレンズの絞りを開き深度が浅くなった、という見方はできる。
が、そう思う前にこの近視眼的な映像というものが、自分の周り1メートル以内のものしか見えていないという事の暗喩なのではないかと思ったのだ。
自分の事、友人関係、目の前の食べ物、いじめ等、自分と自分で見渡せる程度の事に関しては敏感であるのに、その範囲から外れたものは全てピンボケの状態で関心が薄いということなのだろうか。
唯一のテンションの上がる銃乱射のシーンでさえ、撃たれた人間はピントの外だ。
たぶん技術的な事よりも作風としてピントの浅さを選択していると思われる。
ドキュメンタリーのように淡々と捉えていくこの映画。銃社会を批判とか、現代の分りあえない孤独の告発などというウェットな問題提起はまったくない。ただただ思い入れる事のない他人のリアルな映像をハードに綴っていいるだけなのだ、
取り立てて難解な映画ではないが、難しい顔をして考え込むには適してる映画かもしれない。感情移入を徹底的に排除してるので、所謂エンターテイメントではないよということである。
自分としては面白いというか、考え方として参考になる映画であるとは思うが、2回観れば十分かなあと思いました。
by 16mm | 2005-01-24 22:32 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(12)

背中に眼が釘付け

NHKと朝日新聞のドロ試合であるが、どちらも大嫌いな媒体なのでこれを機に共倒れしてくれないかなと切に思ったりしている。
そもそも好きな新聞などはとうの昔になくなっており、学生時代の一人暮らしでは、例の「たかが...」のオーナーがいた大新聞社の勧誘員にビクビクしていた。
「この勧誘員、絶対アタマに"ヤ"のつく自由業の人たちに違いない」と思うほどに恫喝してきやがったのだ。
タイトルは失念したが、当時観たジェームス三木脚本の映画で
「この新聞は、エリートが作り、ヤクザが売る」
ってな台詞があって、ちょっと溜飲が下がったものだった。

閑話休題。

宇都宮線での帰宅途中。当然座れるわけがないのでつり革に掴まったまま、ボーっとしていると、目の前のにいる50がらみのオッサンの背中が眼に入った。
「!!」
オッサンの背中に眼が釘付け。
背中の上の方に虹のようなグラデーションを施した文字が刺繍されていたのだ。
「bitch」
......
こ、これは、これを含めた言葉を中指を立てて言ったら、まず確実に外人に撃たれるあの滅びの単語では?日本語で言うところの「オマエのカーチャン、デーベーソー」とほぼ同義語にあたるあの言葉の一部なのでは。
気の良さそうなオッサンは気にする風でなくボーっと立っていた。
......
英語に詳しいわけではないが、いいのかそんな単語を刺繍した服を売って。

ところで、冒頭で何一つ新聞は信用しないと書いたが一誌だけ信用にあたいする新聞があることを思い出しました。
●フセイン、女子大生と3P-楽しんだ後は銃殺
●大仁田、プエルトリコで刺される
昔読んだ一面のタイトルで印象に残っていたのが上の二つ。
信用できない記事ばかりという確度に信用がある、東スポのそれだ。
ある意味で東スポが一番安心できたりする(笑)
by 16mm | 2005-01-20 22:37 | 閑話 | Trackback | Comments(8)

通勤で最寄りの駅まで車をさばいて行ってるのだが、昨日の朝カチンカチンに凍った助手席の窓を開けようとスイッチを押したら、「バチン」という鞭打つような音とともにウィンドウがストンとドアの中に落ちた。
後はパワーウィンドウのスイッチを押してもモーターの回る音がしても窓はせり上がってこない。
今日ディーラーに入院。部品取り寄せで退院は金曜日とのこと。
......
11年で13万キロあまり。ボチボチ乗りつぶれてきたかなあw
車検を去年通したので、来年までは乗ろう。
by 16mm | 2005-01-18 21:48 | 閑話 | Trackback(1) | Comments(6)

『ロード オブ・ザ リング 二つの塔/スペシャル・エクステンデッド・エディション』

インターネットのブラウザをIEからサファリをメインにすることにした。マシンがMacintoshなのだがそれとIEの組み合わせで自分のサイトを見ると、FLASHでやっている外部テキストの読み込みがうまくいっていなかったのだ。さらに"~"が"〜"に置き換わってしまいリンク先に飛ばないなんて事もあった。これらがどの辺に原因があるのかはよくわからないが、取りあえずサファリにしたら解消できたので良しとすることにした。ネスケよりすっきりして使いやすいし、なによりIEがマックをサポートしなくなっていたのでいつかは潮時だったのかもしれん。タブブラウザの機能も重宝している。

『ロード オブ・ザ リング 二つの塔/スペシャル・エクステンデッド・エディション』をDVDのレンタルで観た。この長ったらしいタイトルのDVD、公開時より40分ほど長くなっているバージョンらしい。オイラはDVDをパソコンをやりながら観ているので洋画はほとんど全て吹き替えでという、ある種の人々から邪道と見られる見方をしている(笑)。今回観た『二つの塔』も吹き替えで観たためか、なんとか筋は追い切れたと思う。前作を劇場で字幕で観て置いてきぼりをくっていたので地上波TVでやったときに見直していたのだ。
これは好きずきだとしか言い様がないのだが、自分はどうもこの話に乗り切れなかった。話も上手くまとめているようだしCGの見応えも十分なのだが、オイラの琴線を津軽じょんがら節を奏でるようにはかき鳴らすジャンルのものではないのかもしれん。
しかし戦えないフロドの存在感は無いも同然でしたなあ。サムが非常に良い奴でキャラが立ち存在感をアピールする一方で、フロドのその存在価値は風前の灯だよ。
反対においしいのがヴィゴ・モーテンセンの、リブ・タイラーともう一人の女性(名前と役柄失念)のメロメロな話や、死んだと見せかけて荒技で復活というガンダルフなどは主役のような存在感だったりしてるのはどういうことか(笑)。
使用している武器が弓矢の所為かどうか知らんがオーランド・ブルームもおいしい役どころではあるのだが、ややひ弱な印象。剣が主流の戦いだからかな。
一応ラストの『王の帰還』は観るつもりである。
by 16mm | 2005-01-16 17:43 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(5)

『ベティ・ブルー インテグラル完全版』『少林サッカー』『鉄道員』

『ベティ・ブルー/インテグラル』をDVDでレンタルした。これは冬休み中に観た。
名前だけは知っていて観てみたいと思っていたこの映画、約2時間の『/愛と激情の日々』と、今回私が観た3時間チョイの『/インテグラル』がある。
非常に面白い映画であることは間違いない。
主役の二人がほとんど仕事してないのにあまり食うに困らないとか(いい加減な仕事をして職を失っても、都合良く次の仕事が見つかっちゃうあたり)おフランス映画にみられるご都合主義も鼻にはつくがまあ許せる。
内容に共感できるできないは別にしてある種のファンタジーとしてなら理解はできよう。が、ラストシーンに象徴されるように後味が重たい。
それがどうということではないが『カッコーの巣の上で』のラスト(というかそのちょっと前)にも似ていると思う。
一般的にベティの狂気の話のように言われていたが、ヒステリックに叫び狂気の深みにハマっていくベティより、だからこそ気が付きにくい旦那のゾルグの狂気の方が私はこわい。
愛の破綻を恐れ狂気に走るベティ。そしてその恐れをなんとか取り除こうと献身的な旦那のゾルグ。彼は女装し、更には強盗までしてしまう。どう考えても旦那の方が常軌を逸してる。
これが命がけの愛の形であるとするならば、これほど殺気立った状態に本当に男と女の愛がそこにあったのだろうか?オイラは到底信じられなかった。
では、これが力強い愛の形である見れば、オイラのような男は妙に冷静で淡々とした思いしか抱けない事こそ哀しまれるのかもしれない。
内容の他にはカメラワークやカット割も良かった。
●ピアノをトラックで運ぶシーンの広角レンズでパースをつけたまま動いていくところ。
●ロングショットで二人で話してる真ん中に向かってズームしていき画面から二人の顔が切れると、二人が前屈みになって再び画面に入ってくる。
そんな所がお気に入り。
しかしこの映画、最初に上映した時はボカシだらけだったんだろうな。DVDのそれはまったくボカシなし。ポコチンもマンコ(正確にはケであるが)さらし放題。こういう映画にボカシってのは野暮の骨頂だね。


またまた先週後半から風邪をひいた。39度の熱と吐き気。そんな状態だとDVDどころか本も音楽も聴く気にならなかった。
そんな状態なので、TVでやってた映画を久しぶりに観た。
以下その感想。

『少林サッカー』これ馬鹿にしてたけど面白い。バカ映画ではあるけど映画の中で嘘はついていないと思う。この手のものは何でもアリだと思われがちだが、作り手が映画の中での嘘の範囲を厳密に決めなければストーリーが破綻するものなのである。つまり観るに値しないほどのバカ映画になってしまうということだ。
この映画では物質的な貧しさの象徴を靴で表現している。カメラがうまい具合にローアングルになって道行く人の色んな足下を映しだしていた。これだけでも大したものだと思うけど、更に最終的にビンボくさい靴が世界一リッチな靴に見えるようにもっていってる。
ところで主演女優のオネェちゃんが途中化粧して出てくるが、アレはマジなのか?ギャグなのか?イマイチわからんかったよ、おぢさんは(笑)
DVD、欲しくなった(笑)

『鉄道員』これもオモシロかった。
学生時代に元役者から大竹しのぶの演技のスゴサを聞いたのを思い出した。高倉健を前に子供が出来た嬉しさと、その不器用な(笑)旦那に十分甘えさせてもらえない切なさで悲しくなっていくまでの表情の変化は絶品だと思う。
広末も良かったし、意外や志村けんもよかったー。
一番演技へたっぴなのは、やっぱ健さんかな(笑)でも演技力であの存在感はだせんよなー。
by 16mm | 2005-01-12 23:47 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(5)

『ウォーターボーイズ』『デイ・アフター・トゥモロー 』『ホテルビーナス』

正月休みにまとめて『ロード・オブ・ザ・リング』を観るつもりが、世間にもそう思ってる人が多いらしく、DVDは全てレンタルになっていた。
ので、他のDVDを3本レンタルしてきた。

「火事よ 火事よ 火事なのよ」のバーニング娘と言われてる女の子達の歌が耳から離れない(笑)『ウォーターボーイズ』を観た。『スウィングガールズ』の矢口監督の映画である。
面白かった。やっぱこの監督はすごい。
こういう映画を観ると面白い映画を作るのに、鉄砲を撃ったり、カーチェイスをしたりという突飛なことを考えなくても、アイデアは自分の日常に無数転がってるものだと思い知らされる。それに気がつくか気がつかないかに、才能として雲泥の差が出るのだと。特にアメリカに比べて予算や制作の為のあらゆるインフラが貧弱な日本で映画を作るという事においては貴重な才能であろう。
それでも観た後の清々しさは役者諸氏の健闘によるものが大きい。主役の妻夫木 聡を含め役者全員がシンクロのシーンを演じたという事への感動であった。
「男のシンクロナイズドスイミングぅ?」という一定の偏見を持ちやすい(私も含めて)ものを、実にカッコ良く真剣に演じていた事がこの映画を成功させたのだと思う。
『スウィングガールズ』の鈴木サンと『ウォーターボーイズ』の鈴木クン。名前からして普通のどこにでもいる、特別な存在ではない、もしかしたら自分かもしれないと思わせる人物が主役に足りる魅力的な人間になっていく。間口が広くて観た後に何段か階段を昇れたような気分がそこにあった。
観たDVDには監督と役者のコメンタリーがついていたのだが、そこでも監督が一番饒舌でオモシロかった。
比較するつもりはないが『スウィングガールズ』の方が好きなのは主役が女の子だからかな(笑)

『デイ・アフター・トゥモロー 』を観た。
最新のSFXによる映像は堪能できた。水位が上がったビル街をタンカーが進むという映像が良かった。CGなら雑作もない事はわかるが、誰も見た事はないがあり得るだろう事を映像化することにこの手の映画の意義があるような気がする。つーか、それのみという気もするが(笑)
内容はまあ別にとりたてて......。
相変わらず日本には見えない日本のシーンもあったが、他の映画の日本に比べれば、まぁそれっぽいかな(笑)それでもやっぱし中華と混同してるよなヤツらは(笑)わたしら日本人も欧米人を見分けられないから文句を言う筋合いはないけどな。
この手の水没していく都市だとかの映画を観ると、この技術が10年早ければキューブリックは『A.I.』を自分でつくれたろうになあ、と思わずにはいられない。

本編を観るまでモノクロだとは思わなかったが、カラーを見慣れてるとモノクロって新鮮に見える『ホテルビーナス』。
これは出来ればすごく好きになりたいと思っていたのだが、私にはちょっと無理だった。
DVDのパッケの写真を見て興味はそそられてはいたのだ。
しかし、その写真から想像して期待していたある種の世界観のスケールを肝心の本編映画は掴み損なってる、という感想につきると思う。

つくづく思うのは、何かを作り出すというのは特殊な才能に他ならないという事だな。私の勤めてる会社は非常に安直に「モノヅクリ」なんてことをスローガンにしているところだ。
たかだがサラリーマンが偉そうに「モノヅクリ」などとおこがましいと思うが、ものを考えない楽観的なサラリーマンの戯言だと自分を含めて自覚しておきたい。
by 16mm | 2005-01-04 11:25 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(13)