<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『スター・ウォーズ-エピソードIII シスの復讐』

まずは軽いツカミから...(笑)

●問い :『ジェダイの帰還』で、ダークサイドになびかないルークに業を煮やして電撃を浴びせる皇帝。
苦しげに電撃を受けるルーク。
「Father,Please!!!」
ルークが父親であるダースベイダーに言ったこの台詞の日本語訳で正しいのを次の三つから選びなさい。

1.「お父さん、助けて!!!」
2.「お父さん、もっと!!!」
3.「お父さん、うれしい!!!」

......

閑話休題(意訳:それはさておき)。

新と旧を結ぶ最後のピースとかミッシングリングとか言われている『スターウォーズ-エピソードIII シスの復讐』を観てきた。
ロードショー公開の2週間前。先々行での鑑賞である。
オモシロかった。
もう話全体の辻褄云々は問わない。だいたい合うわけがないのだから(笑)
実際様々な整合性については、かな〜りグレーゾーンな感じであるのだが、ツッコミどころ満載のソレをツッコンでも野暮ってものだ(笑)

それでも、さすがに内容に関わる事は差し控えるつもりなので、ネタバレ無しでこの映画の周縁についての能書きを少々。

ネタバレ無し。能書きアリ(笑)
by 16mm | 2005-06-26 22:42 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(3) | Comments(18)

『バットマン  ビギンズ』

昔聞いた話で、中卒の麻薬中毒のヤクザがいて「最近の麻薬の純度が低い」と化学関係の本を読みあさり、試験管やらビーカーやらを買い込んで自宅を実験室と化し、純度の高い麻薬を精製して自分で使用していたという事があったという。
研究者が読むような英語の本まで自分で翻訳して読みあさっていたというから、一念岩をも徹す、というものであろう。

子供の頃というのは自分の身の回りにいる大人<例えば親でもいいのだが>を自分と同一視して世界を獲得していきながら成長する。
その成長過程で自分のモデルにしていた大人が殺されるのを目の当たりにしたら。

両親を殺されて恐怖に負けない体術を得る為に遠い場所(チベットの方か?)で訓練をするブルース・ウェインの行動は常軌を逸した執念だ。
両親が無惨に殺されても、普通はそういう事はしない。
普通の人ならやらないし、諦めてしまうような事を執念深く追い続ける精神力もさることがら、それを支える経済力も無視出来ない要素だ。
ちょっとした行き違いでホテルを丸ごと買ってみたりと無意味な蕩尽をする、ブルース・ウェインに感情移入などできるわけもなく、またこの変人に感情移入できなくても、楽しめる人には楽しめるのだ。

『バットマン  ビギンズ』を土曜の公開初日に観てきた。
この映画のブルース・ウェインを観て、件のヤクザの話を思い出したのだ。

以下能書きは続く...(笑)
by 16mm | 2005-06-19 22:46 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(4) | Comments(2)

『Mr.インクレディブル』

『Mr.インクレディブル』のDVDを買った。
もはやDVDに日本語吹き替えがついているのは当たり前になっているが、吹き替え毎に本編のカットも微妙に変わってる。冒頭の制作会社のクレジットや、新聞の見出しがでるカット等が日本語に置き換えられているのだ。当然字幕になれば英語表記になる。

初見は劇場で観ていたのだが、やはり面白い。

能書きは続く(笑)
by 16mm | 2005-06-18 19:57 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(6)

『オールド・ボーイ』

狩撫麻礼という漫画原作者がいる。オレは狩撫麻礼名義でしか良く知らないのだが、数種のペンネームを使って作品を書いてるらしい。
大友克洋やたなか亜希夫、最近というかちょっと前に別のペンネームで江口寿史と組んだ。
江口寿史との合作はヒドかった。まあ江口寿史と組んで連載をして勝てると思っている方が甘いと言えなくもないが......
オレはたなか亜希夫と組んだ『ボーダー』が一番好きである。

で、今回DVDレンタルで観たのが『オールド・ボーイ』。
韓国の映画であるが、日本の漫画が原作になっている。原作者 土屋ガロン。狩撫麻礼の別名義である。
映画の方は非常に良く出来ていて楽しめた。

ネタバレはしませんが、能書きは続きます(笑)
by 16mm | 2005-06-12 23:52 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(12)

状況開始<8>

c0022635_20511673.jpg
どもDot.Han三等軍曹です(笑)やっとこ伍長から昇格しました。
......
三等軍曹という階級があったんですな。知りませんでした(笑)
土曜日朝の時点であと一回勝てば貢献値があがって伍長から昇格する筈だったわけですが、10人のフルメンバーで占領区に行き10戦やって全敗し、11戦目でやっとクリアしました。
パイロットとジョブのレベルは負けても戦闘不能になっても経験値は入ってきますが、貢献値は勝たな入ってきません。
普段は別に戦闘不能になろうがどうしようが気にならないのですが、あと一回勝てば、なんて思うと結構ジリジリしてきますな。
昇格すると給料もあがるので......なんつーか、こんなせこいサラリーマン感覚はなんとかしたいものです(笑)


c0022635_20512837.jpg
パイロットレベルが15になったので機体周りを換装してみた。
●ボディを新調したら今までの移動速度時速32kmから時速40kmに。
●バックパックを大きなものにして予備弾が2つ入るようになった。アイテムがいっぱいになり古いバックパックを売ってしまった。しまったコスト下げる時に使うのに。後の祭りであるワッショイワッショイ(笑)
●あまり好きにはなれないホバーだが、二本脚だと向きを変える動作でモタつくため泣く泣く換装した。


c0022635_20515169.jpg
後はマシンガンを装備していて、戦車なんかに接近された時はガシガシ撃ってるんですけど、アサルトと違い装甲は厚くても動作が鈍いので接近されての攻撃はほぼ負けを意味します。
最近は戦闘も終盤になると、予備弾込みで40発あったミサイルも底をついて、無謀にもマシンガンで敵に近づいて撃ったりしているのですけど、それよりも長射程のライフルみたいなものの方を装備していた方が良いかな。あまり装備が重すぎても移動速度の問題が出てくるのでなんとも言えんが(笑)

土曜夜はkeikoさん達の仲間に加えてもらって転戦。あるセクターでのジョブの配置について話していてのが印象的であった。
サッカーやった事ない人達がサッカーをやると、10人とも一つのサッカーボールに群がって追いかけるという事をやる。ボールを追いかけるという事にだけに夢中になるからだ。
グランド全てを把握して考えるという事で陣形とかフォーメーションだとかが生まれるわけであるが、オイラ達も今後そういう考えをしていかないと勝てないのかなと思ったりしている。

願わくば、それでもオモシロおかしくゲームをやり続けられたらと思う。
by 16mm | 2005-06-12 21:29 | 気分はもうFMO(笑) | Trackback | Comments(6)

状況開始<7>

c0022635_22324198.jpg
どもDot.Han伍長です(笑)
先週からまだ昇進してません(笑)
しかしなんですねえ、この伍長ってのは会社で言うところの、どのくらいエラいポジションなんですかね?
大雑把にいって佐官が部長クラスだとすると、上から洟をすするようにズズーっと数えていくと......部の中の課の中のグループの中の班の中の更に細かく仕事別で別れた班の中の仕事の一端の責任者ぐらいの位置でしょうか(笑)
......
まあゲームの中にまで生ぐさい考えを持ち込む事はないですな(笑)
今のオイラとしては、ただひたすらミサイルを撃てる事で発散できてるわけですから。

するってーと、実社会で冷や飯食ったり冷遇されたりっていうよりも、「オレはの能力を会社は正当に評価してくれない」等と言ってるヤツほど、実際の戦争ではエゲつない事をするのかもしれませんね。

いやはや物事の謙虚さは大事です(笑)


c0022635_2233383.jpg
土日はゲームの他にはDVDで買った『プラネテス』を26話全部再見してました。
ちょっと前、酒の席ですが「『プラネテス』、こういう話なら実写でやれば良かったのに云々」

と言うヤツがいて、かなり感情的に反論しました。

「『プラネテス』も『攻殻機動隊』も実写では出来ないの。出来そうにみえるのはキミが実写とアニメーションの違いを把握してないばかりか、アニメーションを実写の下に見てるからだ云々」

とまあ、彼はことあるごとにオレ以上に浅い"知ったか"をしやがるのでいい加減腹が立っていたので、徹底的に論破するつもりでしたが、何ぶん私も久々の酒にのまれまくって、反論する度にトイレに駆け込み、食った焼き鳥と涙の再会をしつづけて、結局オイラも何をどーいったのか覚えていないという体たらく(笑)
一緒に飲んでいた他の奴の話では、オレも相手も同程度だったとの事。
トホホ......

シラフの時にやれば勝つ自信はあるんだけど、私は酒の力を借りないと話に勢いがつかないのが致命的だったりするのである(笑)

それはそーと、やはり『プラネテス』は名作である。
セル版DVDのコメンタリーも非常に楽しい。
オチン●ンを連呼してましたよw
フィー姐さんまでもがwそれだけでも買って良かったなとw


by 16mm | 2005-06-05 22:57 | 気分はもうFMO(笑) | Trackback | Comments(10)

無題

●昨日、ヤマダ電気で『プラネテス』のDVDで所持していない巻全てを購入。
中古で3000円から4000円ぐらいのものから、6月3日までだと更に一巻につき500円引きになるので速攻でレジに持って行った。
新品の定価の半分の値段で手に入れられるのだから大きいおおきいw
毎日ちょっとづづ観ていくつもりである。

●多い所に比べれば非常に少ないのだが、先日感想を書いた『ミリオンダラー・ベイビー』のTBが7つもきていた。オイラのブログでこんなに多いのは初めてなのだが、この映画についてみんな思う所があるんだなと思った次第。

『孤独であると言う事を自覚した時に戦い始めた人達の話。
戦えなくなった時、孤独が絶望に変わるんでしょうな。
ただ生きてるだけという状態に意味を見出せなくなるから。
私を含めて孤独である事に無自覚な人間の方が楽に生きれるのにな。』

てな文章をTBしてくれた方々にコメントとして書いておいた。

●今週末は墓参りに行くつもりである。
もう2年か......。
by 16mm | 2005-06-01 21:26 | 閑話 | Trackback | Comments(4)