<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『アストロ球団』『スリーピー・ホロウ』『ローレライ』『モーターサイクルダイアリーズ』

『アストロ球団』TVのDVD録画。
決して上手くはない古田捕手のナレーションから始まって、千葉真一が出て、工事現場で沢村栄治の銅像が発掘されて、ってな感じの第一回であったがテンポがタルくて観てられなかった。
ので、これから面白くなっていくのかもしれんが、今後の視聴は中止である。


『スリーピー・ホロウ』DVDを引っ張りだして久しぶりの再見。
やはり面白い。あの彩度を落としたメイクアップや全体の雰囲気がオイラの好みである。
そしてなによりも物語の重層さである。人間関係の複雑さもさることながら、近代と前近代を対峙させ、一方的に近代を勝ちにしていない所が良い。理性や科学が万能と信じるだけでは自分の周りの人間でさえ理解できないという事は「まさか、あの人が殺人を」という事態が起こっている事で分かるであろう。
科学というものが発生する前は迷信や魔法が科学であり、そして科学というのは新しい学説が発生するまでの迷信と言えなくもなかろう。

来月に同監督と同主演で『チャーリーとチョコレート工場』の公開が始まる。
ジョニー・ディップは大したものだ。顔つきも立派で整っているのに、奇抜なキャラクターでも違和感無く演じてしまうのだから。
この人オスカー取れないのは、達者すぎていつでも取れるだろうと思われてる所為かもしれんな。


『ローレライ』DVDを購入。
やはり上川隆也のナレーションはいらないと思う。
『宇宙戦争』もそうだが、ナレーションを必要としないほどの映像を説得力があった事を、製作した人間は自信をもってもらいたいものだ。
ちなみに『亡国のイージス』の冒頭の音楽もいらん。雨音と役者の演技だけで十分だ。余計なナレーションや音楽はかえって映像への集中を阻害する。

劇場で観た時と比べてあのパウラ役の女の子が、なかなか良く見えたのは収穫であった。前半と後半では物語の作用もあってか眼の輝きが違う。特にラスト近くで艦長とN式への乗艇のやりとりをしてる時のパウラの眼のキレイなこと。顔つきも非常に良かった。
だが、この女の子にあまり台詞を与えなかったのは正解だろうなと、僅かな台詞回しを聴いて思った次第(笑)。

ヘッジホッグが海上から落ちてくる描写や、折笠がパウラを外に連れ出した時に見える風景の描写の美しい事。

それからコメンタリーで言っていた事だが、"艦長"という発音は多くの人が間違って発っしているらしい。"浣腸"(あるいは"干潮"でもいいかもしれんが(笑))と言う時の発音と同じなのが正しいらしい。
台詞の発音としては正しいのだろうが、聞き慣れてないと「浣腸」に聴こえてしまうのは自分の無知だと戒めよう。

では最後に、「みんなの心に浅倉大佐」(笑)


『モーターサイクルダイアリーズ』をレンタルDVDで視聴。
実はTシャツの絵柄になっている人ぐらいの事しか知らないのだ、チェ・ゲバラについては。
この映画で医学生で喘息持ちのゲバラが、若い時南米を旅したあったという事が分かった。
これが単なる若造の旅行記映画というのであったなら、これほど映画的な快感はなかったであろう。これが後に名をなす人物の若い頃の話という意味があるからこそ関心も惹いた事は否めまい。
非常に面白い良い映画であったとは思うのだが、この映画の感想をその後の彼の思想や行動を抜きにして語っていいものなのであろうか?オイラのように彼の思想や行動の意味を知らない人間が。

チェ・ゲバラというキューバの革命指導者であり、投獄され、最後はCIAに謀殺?された人間の、ある意味モラトリアムな若い時期を映画はスケッチしていく。
バイクをめぐる描写が良かった。ノートン(このバイクのエンジンが良い音させてたなあ)に大荷物を積んだゲバラと親友のアルベルトの二人乗り。埃にまみれ、良く転び、人間もバイクも傷だらけになり、その度にその場しのぎのように直して乗って行く。
そして最後(映画のラストではない)は鉄屑としてなら金になると言われ、持ち主のアルベルトがそれこそ大粒の涙を流してバイクと別れる描写の切なさが切々と伝わって来た。
自分がよく使う"官能性"というのはこういう事なのだ。
こういう描写はバイク好きでないと撮れないだろう。
数秒であったが『キャシャーン』のバイクシーンでアクセルを開けるタイミングと加速するタイミングが合ってないのが妙に気になったりしたものだ。この監督はバイクを知らねえな、と(笑)

その後いく先々で会った人達との交流やハンセン病棟での話なんかもあるのだが、オイラはやはりオートバイに乗ってる彼らの印象が強かった。後半のエピソードがつまらないというわけではないが。

ラストにゲバラ達が会った人々がモノクロでまばたきをしないで画面に映し出されていく。
モノクロというのは画面の効果として過ぎ去った時間や失われた過去を描写するのによく使われる。
これが意味するものというのはどういう事かは分からん。
なんとなくゲバラがその生涯で果たせなかったなにかなのかもしれん、と思ったりしたのだが、どーか。

1967年。ゲバラが処刑された年にオレは生まれたわけか。
by 16mm | 2005-08-21 22:27 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

『シベリア超特急』『バイオハザードII アポカリプス』『スカイキャプテン』

『シベリア超特急』をDVDのTV録画で視聴。
大きなお世話ではあるが、冷徹な思考で戦略を立て、ただ勝つ為に徹した野球を指揮していた野村克也監督だが、傍から見ると「なぜ自分のカミさんは野球ほどコントロールできないのか?」などとツッコミどころがあったりする。
同様に普通の人の何千倍も映画を観ている筈の人であっても、人様に観てもらう映画を作るのは難しい。
というか、映画を観てれば映画を作れるなどという事はまったくないということであろう。
長屋の大家が店子を無理矢理集めて自分が習ってる義太夫を聴かせるという落語があったけど、『シベリア超特急』というのはそういうものかもしれんと思ったりした。
ただ、名前だけで何年も映画を撮ってない映画監督よりは十分尊敬に値する。
人間、何か具体的に行動をした瞬間に軽くなってしまうものだ。つまり映画を作らなければ枕詞に"伝説の"とか"まぼろしの"がついて重々しく扱われるが、つまらない映画を量産するような監督は世間から軽く扱われるわけだ。
なので『シベ超』の映画としての出来不出来はオイラには埒外。
身銭を切って映画を作り続けるという勇気をマジに讃えたいと思っている。


『バイオハザードII アポカリプス』。レンタルDVDで視聴。
『I』も良かったが『II』も面白かった。
両方とも観る前はまったく期待してなかったし、『エイリアンVSプレデター』とか『フレディVSジェイソン』だとか『ガンダムVSマジンガーZ(ウソw)』並の企画モノだと思っていたのだが。
ビルの垂直駆け落ちなんていうアホらしいシーンもちゃんと説得力を持たせていた(笑)
人間にしても犬にしても映画とはいえ粗雑に扱えば"虐待"のカドでエライ目に遭うであろう彼の国だが、ヒトもイヌも半分以上腐った上に凶暴であれば容赦なく弾丸をブチ込んでも呵責はないと見える。
安心して悪役にできたり銃を撃てる相手を映画で作り出すのは、アメリカの娯楽産業と言えども苦心しておるのだろうね。
ラストの引きが更に『III』を予感させるものである。


『スカイキャプテン』。レンタルDVDで視聴。
観てるのがただただカったるい。観てる間、物語にも登場人物にも引きつけられる要素が無くて辛いだけだった。
前後して観た『バイオハザードII アポカリプス』や『ローレライ』が時間が飛ぶように進んで行って堪能したというのに。
冴えない感じを演出する為のキャスティングだよね?グウィネス・パルトロウの起用は。まさか本当に美しいヒロインを当て込んだわけではあるまいな(笑)このヒロイン、最後までオレには魅力的に見えなかった。あんな状況下なら真っ先に撃ち殺すね(笑)
オイラは映画の"官能性"というものがあるかないかで映画の良し悪しを決めつける傾向がある。監督の"こだわり"や"フェティシズム"と言い換えても差し支えないかもしれない。
ある監督は『脚』に。『浮遊感』やら『沈降感』。『飛行機』や『車』『銃』。等々独特の偏愛ぶりをフィルムに焼き付けて、同じような嗜好家の琴線を津軽三味線のようにかき鳴らす。
それが"官能性"というものだ。
自分の嗜好に合わなくても、"官能性"のある映画というものは映画自体に厚みを加味する。
なので、『スカイキャプテン』から監督の"官能性"が読み取れなかったという事も楽しめなかった理由かもしれぬ。
戦闘機が出て来てそれが空中戦を展開していても、それが面白く感じられない。
冴えない女が最後にイイ女になるかと言えば、最後までマヌケだったし。
レトロ・フューチャーってのは、装いは古くても新しい見方を提示しなければ単に時代遅れなだけだろう。
映像にもギミックにも登場人物にも、監督独自のこだわりが感じられない。それらを美しく魅力的に見せようという気持ちすら伝わってこない。
オレは"個人でパソコンを使って映画を作った"という、この映画の触れ込みに興味をもって観ていたわけであるが...
なんとなく監督のこだわりが感じられなければ、何一つ魅力的に見えないものだなと確信した次第。
by 16mm | 2005-08-18 21:49 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(4)

『魁!!クロマティ高校』『ロング・エンゲージメント』

『魁!!クロマティ高校』を劇場で観る。
ほぼまったく期待していなかった所為か、結構オモシロかった。
この映画を小難しく感想を語るというのも野暮ってものだ(笑)
あの無駄に豪華なキャストが笑いの要素になっているので「あの人がワザワザ出るとは」という部分で成立している。
私が思う「あの人」とは、阿藤快だったり武田真治だったり、松崎しげるだったりするのだが。
普段コメディにでないような役者を全て集めて、オールスターキャストで下らない映画を作ったらオモシロイだろなw
たぶんDVDレンタルでまた観ると思う。
橋本真也もちょっと出ていたので、そん時は心の中で手を合わせたりした。
合掌。


『ロング・エンゲージメント』をDVD購入。
たぶん私の今年不動のベスト1映画である。
人物の相関がDVDで再見してようやっと把握できた。
どうしてこう複雑なのかといえば全体が謎解きの映画として成り立っているためだ。
例えば、最初にAという人物が履いてたブーツをキーアイテムとしてその人物を追っていったら、そのブーツを実は別のBという人物と交換していたという事実が出て来て、という風に観る側を意図的に混乱させているわけである。
明らかに制作者はこの映画を何度も鑑賞させるようにしむけている。昔と違い映画館でのほぼ一期一会という状態は、ビデオやDVD等の二次使用メディアが出来たおかげ、好きな時に何度でも楽しめるという状態に変わった。気に入った本を何度も読み返す事ができるようなものであろう。
映画の鑑賞の仕方が変わった事は、制作者はより内向的な内容を盛り込めるチャンスを手に入れたと言ってもよかろう。
ただ難解な映画をというわけではない。観客に食いつかせる為の要素は必要なのである。それはテーマであったり、鑑賞前のストーリーの粗筋であったり、役者の魅力であったりする。
『ロング・エンゲージメント』の場合、映像表現を含む美術がすばらしい。一度では見尽くせないディテールを、情報量を叩き込んでいる。

オレはメイキングマニアなのでこのDVDのメイキングも非常に楽しめた。
ジュネ監督が使ってた焦点距離短めのデカいレンズをつけたスコープがカッコよくて、欲しいなと思った(笑)
コメンタリーで知ったのだが、ジョディー・フォスターのセックスシーンで、上で動いてる男優のお尻が日本公開版では見えないように修正が入ったと監督が言っていた。別段まずいモノが写ってるわけではないのにな、と、DVDではしげしげと見つめてしまった(笑)

初見と感想は変わらず。戦争キーにした決して実る事の無かった恋物語。
戦争というのが経済的にも人的な資源の疲弊という事からしても、まったく有効な政治的解決では無いという事を自覚すべきだ。
誰が自覚すべきか?
自分が戦争に行く筈がないと思い込んでる能無しな奴らがである。
by 16mm | 2005-08-07 19:38 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(10)