<   2007年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『岳』1〜4



"不惑"という言葉を知ったのは岸田秀のエッセイからである。「齢四十にして惑わず」という事であろうが、オイラは死ぬまで惑いそうである。
まったくなんの感慨もなくとうとう本日40歳になりました。
立派な中年である(笑)

今日、友人と一緒にジムに。体重が増えてる事はなかったが、しばらく運動をさぼっていて背筋が弱くなったせいか少々猫背になった気もした。あぶねーあぶねー。

先週コンビニで売ってる廉価版のコミックで『刑務所の中』を読む。
面白いと思うのだが画風がオイラには合わない。なので読んでいても気が入っていかない。決して画が下手だということではなく非常に個性的であるのだと思う。やはりこれだけ個性的であるというと合う合わないが明確に出てきやすいかもしれない。
自分の生理に忠実であろうとこういう問題は出てくるのだと思うのだが、たとえば世の評論家というのは基本的に博愛であってその内から評論の理論にのっとって理性的に作品を評価するのであろう、と思うのだが。
つまりである、女なら若くても歳取ってても美人でも不美人でも頭よくても良くなくても痩せてても太ってても性格悪くても良くても髪の毛が長くてもハゲててても、どんな女性とでもセックスが出来て、出来た上で自分にあった女性を見つけてその良さを言葉にできるということかもしれない。
少なくても見た目だけでセックスが出来ないというのでは評論家にはなれないと、そう思うのだが...

先週、カンヌに北野武と松本人志が招待されていた。
北野武の映画の方にはなにも言う事はなく、今週公開される映画は必ず観るつもりである。
松本人志の初監督作品であるが、この時点での自分の中の印象は約20年前の北野武初監督映画『その男、凶暴につき』を観る前の気分にそっくりである。
一言で言えば「真剣にはやってないだろうな」という事である。
それまで様々なジャンルに手を出してきた武であるが、やはり本業とも言うべき漫才以上のものを会得していたわけではなく、小説(たぶん口述筆記であろう)は明らかに文章力が無いと感じられた。唯一詩は非常に良かったと思うが。
そういうわけで、武が監督して映画がコケたとしてもまあシャレになるのだろう程度の気持ちでファンの義務として観に行ったのだ。
それが観てひっくりかえった。
あまりの衝撃で思わず『キネ旬』に感想を送ってしまったぐらいだったのだ(笑)
今思うと作品そのものもそうだが人間に対する徹底した冷たい視線というのが当時新鮮だったのだと思う。
なので松本人志の作品に対しての期待があるとしたら北野武の初監督作のそれと同じようなものである。
芸人の余技程度のものとされれば二作目は作れないだろうし本人も作らないであろう。
松本人志ぐらいの者になれば映画を作りたいと言えば最低一作は作らせてもらえるだろう。ご祝儀みたいなものだからね。
しかし武の様に作り続ける、作り続けられる人間というのは才能だけではない、精神的な粘り強さをという地道さを備えていなければならない。
職業監督一本でやってきた者を除けば、華やかなタレント業に身を置いてきた者の多くは耐えられない状態だろうと思える。
それは桑田圭祐、小田和正などが作り続けていないのをみれば明白であろう。

この夏公開の『トランスフォーマー』の予告編をネットで観た。
面白そう。
『マクロス』が実写で出来ちゃうような変形と動き。感動ものだ。
スピルバーグは監督ではないのだが、子供が出てくるシーンを観るとなんとなく彼の雰囲気が出てくるから不思議だ。

オイラは麻雀は出来ないのだが麻雀の漫画や小説は楽しんでいる。
なので無敗の雀鬼と言われている桜井章一を主役にした漫画も読む。
読んでいて思ったのは、伝説や風聞というものは本人が発する真実ではなく、その周りが作り上げ強固にしたフィクションを真実として伝えていくものなのかもしれないと思った。
それが悪いという事ではない。それを非難するつもりは毛頭ない。
アートな写真家とされているロバート・メイプルソープも生前はアシスタントにはチャライ印象を持たれていたと聞く。アーティストとして伝説になったのはむしろ死後の伝記を含めた評論からとも言われている。
何が言いたいのかと言えば、先日中国の首相を前にして己を「庶民の王者」と言ってのけた某の事である。
少なくともオイラからみれば単なる凡人にしか見えない某であっても、その取り巻きがフォローすれば偉大な賢人に仕立てられるということだ。
某のいる某団体の某電車の中吊り広告でのコピーでは、件の中国の首相の強い要望で会見が実現したと書いてあったが、一介の宗教団体の長にすぎない某を一国の首相が会見を強く望む等という事は冷静に考えればあるわけはない。
たとえ中国の首相だとしてもね(笑)

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 15』を購入。
ミハルが悲しい。
安彦さんはやはり無茶苦茶上手い。
アムロ単一の主人公物語から次第に群像劇の様相を呈していっている。

長い文章になってしまった。読んでくれてる方、すいません。
by 16mm | 2007-05-27 22:47 | | Comments(4)

『バベル』

週刊文春誌での映画評で、例のおすぎが『毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』についてダイアン・アーバスを知らないとどうどうと書いていたが、これって職業評論家としてまずくないのか?というか、おすぎ自身ダイアン・アーバスを知らないということを恥ずかしいと思ってないところで終わってるな。
言いたくはないが無知にも程があるね。いやしくも文化人っぽいポーズをとってアートにも詳しい素振りを見せててもこういう所で馬脚をあらわすんだから今後エラそうに語るのは止めてもらいたいもんだ。
ダイアン・アーバスが写真家でどんな写真を撮っていたかは知らなくても、キューブリックの『シャイニング』の双子が彼女の写真から一定のインスパアを受けた(キューブリックはアーバスと面識があったと本に書いてあったな)というのは、そこそこ言われていた話である筈だ。
おすぎみたいなヤツを映画宣伝に使うという事自体、使う側が評論というのナメてるといいうことだよな。
と、ここまでかいて件の『毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』の予告をwebで見たら面白そうなので機会があったら行ってみたい。

会社の同僚の3Dアニメーションの手伝いをしていたのだが、これが結構おもしろいのでちょっとしたプロットを立ち上げて自分も作ってみようという気になった。
しかし、今週は結構仕事がいそがしいらしい。

ビッグコミックオリジナル誌。
『岳』『あんどーなつ』『PLUTO』『弁護士のくず』なんかがお気になのだが、『蔵人 クロード』も面白い。
以下台詞の抜粋。
"クリスチャンのぼくには、手をたたいたり祈ったりすることは出来ないが、礼だけはつくそう。存在するが目に見えないという点では、神も微生物も同じだ。酒造りにはたしかに神様がかかわっている"

『バベル』は万華の映画にあらず
by 16mm | 2007-05-20 22:13 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(4)

なにもせず

色々と所用が重なりジムどころか映画にもいけず、DVD等も見れなかった。
ジムも一週いくと次の週は休んじゃってるので状態としては甚だよろしくない。
今週は会社の方も忙しいらしく、またジムも映画も行けぬかもしれん。
『バベル』はwowowかなあ。

母親のwindowsをリカバリーして、本日の半分を過ごしておしまいであった。
by 16mm | 2007-05-13 20:43 | 閑話 | Comments(2)

『6 STAINS』

最近購読しはじめたビッグコミックオリジナル誌。面白い漫画が結構あるのだが、『岳』という作品が非常に気になっていて単行本で買うかどうか迷い中。漫画に限らず本自体の購入をセーブしなければならないからである。置き場が欲しいものだ。

単行本で持っていたがDAISのピンズセット付きの文庫本を見つけてしまったので(笑)『6 STAINS』を購入。なかなかの質感のピンズなのだがトミノデザインのものは"情"の字がやはり"情けない"(笑)という字に見えてしまうな(笑)
大事に保存してお金に困ったら高値で売れるかもしれん(笑)
売らないけどね(笑)
by 16mm | 2007-05-09 22:24 | | Comments(4)

2007年第1回更新のお知らせ

本日メインHPにて"GARNET"をUPいたしました。
ご覧いただければ幸いです

はい、タイトルはアレです(笑)あやかりました(笑)
今年も5月だというのに第一回目という。
とりあえずモデルの紗々さんにはお待たせするはご迷惑はおかけするはで申し訳ない。

これで今の所今後のストックまったくなし(笑)
次の撮影をいつにするかすら決めてないていたらく(笑)
精神的余裕のないいまこそやるべきなのだが、やっぱりどうもそんな気になれない(笑)
どれもこれも仕事の出来がイマイチイマニイマサンぐらいの状態だからである。

まあ愚痴ってもしょうがあるまい。
できればデジカメを買うつもりなので7月以降で撮影をしたいものである。
撮影をしないと固く決めていいたわけではないがこんな事になるとはトホホである(笑)

しかも今回のUP結構容量重いかもしれません。
ごめんなさい。
by 16mm | 2007-05-06 22:09 | メインHPと更新のお知らせ | Comments(4)

『スパイダーマン3』

土曜日『バベル』を観に行くもひどい混みようで断念。残り10席との事で自分の座りたい通路側が確保できまいと思ったからである。

自動車税の通知がくる。今の車に乗って既に12年ほどたっているのだが、今年から今まで39000円程だったのが5000円UPしたようだ。なんでも一定の年数を超えるとUPするらしい。
つまりアレだ、おカミはモノを大事にするなと言ってるわけやね。

土曜日ジムに。体重変わらず87.45kg。

更に土曜日今までの所とは違うオッサレな美容院に行った。20年程通ってた所がいい加減遠いし(池袋方面)、切った髪の毛が顔についてもそれを取るような事をしてくれなくなったので、ちょっと変えてみることにした。
この方面に事情にまったく疎いのだが、いやはや髪の毛を切る人、眉毛を切る人、シャンプーする人と入れ替わり立ち代わりですごい気の使われよう。シャンプーのアンちゃんなど「よろしくお願いします」などと握手というか手を握ってきやがった(笑)。なんつーかホストクラブやらキャバレーやらに入れ込む気持ちが多少わかったよ。このサービスは気持ちいいわな(笑)料金もなかなか良くて、いままで3000円の所でやっていたのだが、カットと眉毛とワックスを購入して7800円...。今後も行くかどうかは分からんが、時間指定で予約するというのが面倒くさいというか、まぁ風俗のオネェちゃんを事前予約するようなものか。眉毛がすっきりして「コレがワタシv」状態である(笑)

金曜日地上波でやっていた『ルパン三世 ルパンVS複製人間』を冒頭15分だけ観る。内容はなかなか良いという話は聞いていたが画や動き、演出にまったく観るべき所がない。「なんとなく」とか「気分」で行き当たりばったりないい加減な演出をしてるとしか思えない。これをある意味反面教師と観ると『カリオストロの城』のすごさというのが際立ってくる。つーか、『カリオストロの城』が突出しているのかもしれんが。

土曜日地上波でやっていた『ブレイブ ストーリー』を観る。15分で気を失う(笑)。作画は良かったと思われる。

朗報。『ブレードランナー』の25周年記念DVDが発売されるらしい。噂は3年ほど前かが聞いていたが権利問題が複雑でなかなかまとまらないとも言われていたのだ。日本では秋に発売との事で待ち遠しい。

GW最終日。『花とアリス』『プラネテス』を再見。

面白かったよ『スパイダーマン』(笑)少々ネタバレありますかも。
by 16mm | 2007-05-06 21:56 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(0)

『G戦場ヘヴンズドア』

描いた漫画を世に問いそこが一種の戦場であるとしたなら、そこで勝利をおさめた者だけが開く事が許される聖域。
その聖域というのはなにも富や名声などというものばかりではなく、たぶん創作者が作り出した世界が自分以外の人間に認めてもらえたという事の快感、自我の拡大というものが独りよがりのものではなかっという安心感。
『タイタニック』でオスカーを受賞したジム・キャメロンが「世界の王だ」と叫んだのはそのような理由だったのかもしれない。
ひとりぽっちで始まる創作という行為は、結局の所自分以外の他者(それもなるべく多くの)に認めて貰うという事に行き着くのではないか。
他者に認められなくても良いなどというのはやはりやせ我慢でしかないのだと思う。

なるほど、漫画で創作したものが世に受け入れられる人間というのはホンの一握りに過ぎないであろう。
しかし、実際はその作者一人力で作品が作られたわけではない。作家一人の力では作る事も広める事も難しいのだ。
厳密に言えば作家の後ろに見え隠れする編集者とアシスタントの存在を抜きにして作品やその作者を語る事はできないのかもしれない。
しかし、編集者もアシスタントも一種のビジネスの延長で作家と関わっており、その対価に見合う働きをすれば良いだろう。
通常はそれで十分な筈だ。

「もしお前がもう一度、オレを震えさせてくれるのなら、この世界で一緒に汚れてやる」

作家が戦場を生き延び"ヘヴンズドア"を開けるには、上記の台詞を他者に言わせ、思わせるような何か(作中では"人格"という言い方をしていた)を自分以外の他者に感じさせなければならない。
同じ時期に読んだ『大東京トイボックス』の台詞を引用すれば
「魂は合ってる」
という事だろう。
ある意味"先生"などと言われる一握りの創作者は他者のプライドを捨てさせ、一緒に汚れる事によってのみ存在しうる。
一緒に汚れていても、名が残るのは"先生"だけなのは言うまでもないわけだが。

と、ここまで書いたが、この『G戦場ヘヴンズドア』では町蔵はもちろん、鉄男でさえ漫画を描いて"ヘヴンズドア"は到達しえなかった。
町蔵は父親程の才能がなかったという事であり、鉄男で言えば漫画を漫画以外の目的(父親への復讐)に使った為である。

しかし、最後の最後で二人の前で同時に"ヘヴンズドア"が開かれた。
考えてみれば"ヘヴンズドア"は扉でしかないのだ。その扉を開いたからこそその先に行けるわけだ。
二人が邂逅した場所が約束の地であり、町蔵が初めて作品を自分以外の他者に理解された瞬間であったと思う。
一緒に手を汚す。一緒の塹壕で戦う。そして、一緒に世界を手に入れる。
そんな他者を見つけた時に"ヘヴンズドア"は開かれる。
誰にも理解されないのではないかという孤独と不安を抱えた者達が、最後には一つの目的に向かい助け合う事で成長し、最終的に自分のあるべき場所を見つける。
絶望を提示しつつも、最後は幸せを感じさせる大団円であった。
by 16mm | 2007-05-04 23:45 | | Comments(2)

まとまらない

明日は会社。
本日『スパイダーマン3』の初日。1日が映画の日とすっかり忘れていた(笑)1000円で新作が観れるとはね。
本日その感想をUPするつもりだったが、『G戦場ヘヴンズドア』等の感想がやはり上手くかけなかったので先延ばしに。
chataさん、ごめんなさい。なかなか上手くまとまらんデス。いましばらくお待ちを。
『スパイダーマン3』に関しては、二言三言。
おもすれ〜(笑)
サム・ライミ監督バンザイ。
やはり出たかウィレム・デフォー、バンザイ。

漫画、『蝉時雨のやむ頃』を購入。
やっぱり面白い。
吉田秋生は本当に上手いストーリーテラーだと思う。
すばらしい。
by 16mm | 2007-05-01 21:30 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(4)