<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『パプリカ』

羽海野チカの『3月のライオン』が掲載されているというだけでヤングアニマル誌を立ち読み(笑)
ほほー、来年2月にコミック発売とな(笑)
そりゃ、買うわな(笑)
むむむ。2月まで休載とな。
チェッ......
......
...!
あんだと?『ハチクロ』執筆だと(笑)

本年度最後に観た映像作品は『パプリカ』。
『ブレードランナー』は新年に持ち越しである。
それで、『パプリカ』。
これがまったく期待していなかったのだが面白かった。
期待していなかったのは本作の監督の今敏のデビュー作を観ていたからだ。
『パーフェクトブルー』というその作品が話も作画もメロメロボロボロで、なおかつそんな作品作ったくせに監督の今はやたらエラそうなことフキまくるし、と、まあもうこの人の監督作は観ないだろうなと。
大友の漫画のアシストをしたり、押井の映画のレイアウトをしたりとヴィジュアルを構成する力はあるが、本人が描いていた漫画同様、面白い話を作れる才能はなかろうというのが自分の判断であった。
で、『パプリカ』に至までの数作はまったく見向きもしなかったが、本作を観てみようと思ったのはまったくの気まぐれと、以前友人に勧められていたからに他ならない。
筒井康隆原作の『パプリカ』は、筒井が著した小説と、萩原玲二作画のコミックがあった。コミック版はかなり原作の小説に忠実な良作で面白かった。
で、映画版『パプリカ』はどうかと言えば、非常に上手い脚色の仕方をしていた。登場人物やシチュエーションを適切に整理し、コンパクトにまとめつつも原作の良さを損なわない、実に良いアレンジであると思う。
この物語のメインである所の夢のシーンの演出は映画的に実に上手い。グロテスクな美しさというものを提示していた。
たぶんあの表現がギリギリであろう。
あれ以上に夢をとことんヴィジュアル化したら、たぶん正視にたえないおぞましいモノになったであろう。
夢の徹底的なヴィジュアル化を受け入れられる文化など、この世には存在しないから。
日本人のオイラとしては、日本人形がこちらを向いているだけでもおぞましく感じる。
作画は元ジブリの安藤 雅司が参加していて、安定感のある映像になっていた。
OPのクレジットの出し方も面白い。
監督の今も、数作アニメーションに関わる事によって自信をつけたのだろう。
キャストが非常に豪華で、林原めぐみ、江守徹、古谷徹、大塚明夫、山寺宏一。
林原めぐみの声はいいなあ(笑)
エンディングテーマの『白虎野の娘』(作詞・作曲・編曲:平沢進)が良くて、ネットでタダでダウンロードできたので<太っ腹!!!>ありがたくiPodに入れて
リピートしております(笑)
だからといって本作のDVDを購入するかと言えば、しないわけで(笑)
自分が購入するのに踏み切る官能性が足りない(笑)





さて本年度も後3時間でおしまい。
たぶん21時からダウンタウンの番組を観ると思われるのでブログへの書き込みも今年はこれでおしまいであろう。
本年度出会う事で自分が幸せになれたものを列挙していくと、

<小説>
『スカイ・クロラ』シリーズ

<漫画>
『C-blossom』『G戦場ヘヴンズドア』『皇国の守護者』『岳』『墨攻』 サイバラの漫画全般 

<映画>
『それでもボクはやってない 』『スパイダーマン3』『レミーのおいしいレストラン』『リフテッド』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

<その他>
『SP』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』『ブレードランナー DVD』 鈴木忍の写真 アンリ・カルティエ=ブレッソン 

<iPod ヘビーローテーション ベスト10>
『ガーネット』655回
『それから』296回
『残酷な天使のテーゼ』263回
『紅い眼鏡 メインタイトル』235回
『COLORS』225回
『浪漫飛行』225回
『冒険でしょでしょ?』210回
『修羅雪姫 序曲』201回
『OK!マリアンヌ』199回
『哀戦士』197回

<iPod ヘビーローテーション>の『ガーネット』はもう2年越し(笑)
全然飽きないねえ(笑)

感想を書きたくて書けていない作品もあるが、いずれ文章にしたいと思っている。

後はなんだろう...ここに書き忘れているのもあるかもしれんが。
自分で見つけたもの。友人に勧められたもの。書評で気になったもの。出会った切っ掛けは色々あり、更に列挙した数が世間的に多いか少ないかは分からぬが、自分としては非常に多くの幸福な出会いがあったと思っている。
Siggraph 2007 でアメリカに行かせてもらったのも本当に良い経験であった。もう行く事もないだろうが(笑)

というわけで今年も後わずか。
皆様本当にありがとうございました。
今年は3回しかモデルさんを撮影できませんでしたが、来年はガシガシいきたいと思っております(笑)

では皆様、良いお年を。
by 16mm | 2007-12-31 20:54 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(4)

『武士の一分』

風邪の所為か息苦しく感じる時がある。
鼻が詰まって呼吸がしにくい感じと、呼吸が出来なくなるのではという恐怖が大げさでなく迫ってくる。
風邪が完治したらこれも治ればいいのだが......

You Tubeの映像の保存の仕方がわかったので、欲しい映像を片っ端からiPodに入れている。

『スカイ・クロラ』シリーズの『ダウン・ツ・ヘヴン<Down to Heaven>』読了。
クールな文体でありながら深い情緒が伝わってくる。
ティーチャとクサナギの会話が印象的。
「そう......。ここで、この街でダンスを踊ってやる。本もののダンスを知らない連中が考えたんだな。見せてやろうじゃないか」
二人の間の尊敬と愛情が、屈折した形で表現されている。
形骸化した戦争の中で、本気で撃ち合い、撃墜される事を夢見る。それが生きてるという実感を激しく伴うからだ。それは理解しがたい感情ながらも非常に官能的なイメージを想起させる。
シリーズ最終(番外編が連載中であるが)『クレィドゥ・ザ・スカイ<Cradle the Sky>』を読み始めようとするところ。

『メイキング・オブ・ブレードランナーファイナル・カット』
約10年前にほぼ同じ本を買ったが、今回は最終バージョンとも言うべき『ファイナル・カット』の出来るまでの経緯と、ハリソン・フォードのインタビューが収録されているので購入することに。結構高い本ではあるのだが、それを厭わない魅力がこの本と、そして映画にはある。
『ブレードランナー』について知るには現在出ている中では最高の良書。

『武士の一分』をTVで観た。
やはり面白い。感想は初見でブログに書いた通りだが、先日観た『椿三十郎』と比べると、あらゆる事がリッチに仕上げられている。
ラストの嫁が帰ってくる下りが、みえみえにも関わらずストレートすぎる展開でガッカリなのだが...山田洋次だから仕方ないか(笑)。


今年はもう映画館へ行かないだろうが、『ブレードランナー』のDVDとwowowで録画した『パプリカ』を観る事に。
by 16mm | 2007-12-31 01:21 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

『ファンタスティック・フォー』

今日はイブですなあ。皆さん楽しんでますかね。
オイラは咳でゲホゲホやりながら『ドラクエ4』です。寝転がってやらなければ肩に負担がかからないようなので、8割ほどクリアしたかな。

土曜日、一日床に臥せってた。
日曜日、会社に自主練に行くも早々にソフトの操作の壁にぶち当たり、早々に引き上げて池袋を徘徊(笑)
月曜日、ジムに行くも体重は91.55キログラム。高値安定だ(笑)

仕事で舶来モノのソフトを使っている。考えてみればPhotoshopも3dsMaxも、オイラが使ってるほぼ全てのソフトが舶来だったりするのだが、今覚えようとしているのは日本語のマニュアルが存在しないものなのだ。
なので発売元に来てもらってトレーニングしてもらっているのだが、その先生がガイジン(笑)
しかも日本語ペラペラ。熊本の大学から千葉の大学に行って日本人とばかり話していたら喋れるようになったという強者である。
ただ読み書きができない(笑)
で、その先生に習っているのだが、いくら日本語に堪能であってもソフトのテクニカルな表現を日本語に直すのは至難のワザらしく、たまに言葉に詰まったりする。

オレ「このやり方の方が効率がいいわけですね」
先生「コーリツ...コーリツってなんですか?」
オレ「ええええ〜と、あ〜、なんつーか...アレだ、ランニングタイム...ベストチョイス...かな...」
先生「...オーケー。なんとなくわかります。で、この場合はこのコマンドを入力します」
オレ「はい」
先生「そうするだけで、メモリーの消費が抑えられます」
オレ「お〜、いえ」
先生「更にこのメニューで...」
オレ「グレイト!!」
先生「で、更にシフトを押しながらこれをドラッグしてやると...」
オレ「ちょ、ちょっと。ジャストモーメン。先生がテーチしてくれたプラクティスのやり方でプレイした時に、このプロブレムがおきて、データがブロークンしたんですよ」

この会話、ほぼマジである(笑)
なまじ勢いでカタコトの英語を喋ろうとしてしまうんだよ(笑)雰囲気にのまれて(笑)
もうジャニーさんもルーさんも笑えません(笑)


『ファンタスティック・フォー』
会社の友人にDVDを借りた。
バカにしていたが面白い。
話もオーソドックスながたうまく組み立てられていて良かった。
やはりCGの方に目が行くが、本当に実景とCGの差が分からん(笑)メイキングを観て分かったぐらい(笑)
難を言えばイマイチキャラがたってなかったかなという点。
ただ4人で1セットと考えれば、その中で突出した個性というのは余計なのかもしれん。
オイラの感覚だと、ちょっと主役よりの男がゴム人間というのがイマイチ引っかかるのですが(笑)


『無限の住人 22』
クライマックスに向かってどんどん加速している感がすばらしい。

年賀状書きそびれた。今年はギリギリかなあ。

通勤用の鞄を新調せねば。

来年、レンズ一本欲しいし。

今年最後の映画は果たして何になるやら。
by 16mm | 2007-12-24 20:16 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

『ブレードランナー 製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション (初回限定生産)』

もう年末の筈なのだが、どうにも年が越せ自信が無い(笑)
果たして今年中に仕事の区切りがつけられるのだろうか(笑)

本日ジムに行く。91.75キロ。

喉がイガイガしている。仕事休めそうも無いので今日は早く寝てしまおう。

毎週土曜日の『SP』が楽しみで楽しんでいる。リアルさとケレン味が実に心地良いバランスである。警察の最後の敵は警察という、ここにも押井からの影響が見て取れる。実際本広も押井の影響を公言してるしね。
岡田准一が特殊警棒を伸ばす所がなんともカッコいいね。

スタンリー・キューブリックのボックスが出ている。特典は魅力だがレビューを読んで今回は思いとどまる事にする。


『ブレードランナー 製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション (初回限定生産)』
この『ブレードランナー』の決定版ともいうべきDVDを5年前から待っていた(笑)
たしか5年ぐらい前に雑誌でアナウンスされていた。
それをずっと毎年楽しみにしている内に5年たったと(笑)なんでも権利関係がやっかいなことになっていたとのこと。
5枚のDVDすべて観るつもりだが取りあえず最初に一般公開前に上映された「ワークプリント版」を観た。
これに関しては画質がかなり悪く、音楽の付け方も違っていたりしていた。タイトルの出かたも非常に大味で好きになれない。
しかし、今まで観た事の無いカットが入っていたりと見応えはあった。

それからメイキングともいえる『デンジャラス・デイズ:メイキング・オブ・ブレードランナー』。
これは本当に見応えがあった。スタッフやキャストのインタビューのバックで本編で使われなかったアウトテイクが多数流れるのだ。
すべてが新鮮なのだが、デッカートとレイチェルのほとんどファックシーンまで撮影されていたのは驚いた。スカートがめくり上げられ乳房が露になる。
この手のアウトテイク集に納められれば「お宝だ」などと呑気に言えるが、実際このシーンを本編に入れられたら映画の叙情性がぶち壊しであったろう。
リドリー・スコットは映像素材を沢山撮る監督らしい。たぶんキューブリックと同じで映画を編集室で作りたがるタイプなのであろう。
それ自体にとやかくは言わないが、逆に『アメリ』のジュネ監督はほとんどそのようなアウトテイクを出さないと聞いた。たぶん撮影の前に全てを見切っている監督なのであろう。当然後者の方が制作費は安く抑えられるのだが...
どちらにしても映画として面白ければいいのだが。

あの有名なロイ・バッティーの今際の際の言葉も二つのバージョンがあった。
例の「タンホイザーゲート云々」の言葉の他に、もっと抽象的な台詞を喋っていたバージョンがあるのだ。
今となってはあの「....そういう思い出もやがて消える 時がくれば...涙のように...雨のように...その時が来た」の台詞以外のしめ方はないと思うが...
やはりあのルトガー・ハウアーの神のような名演技と名台詞があったればこその映画だったのだと思う。
......


まだ書きたい事はあるのだが、喉が痛いののでこの辺で。
どうせまだ「ファイナルカット」版は観てないしね(笑)

取りあえずヒトコト。
『ブレードランナー』好きは買うべし(笑)

『アイ・アム・レジェンド』観に行くかどうするか(笑)
by 16mm | 2007-12-16 19:46 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(6)

『椿三十郎』『ナチョ・リブレ 覆面の神様』

インフルエンザの予防接種、3000円也。

本日ジムに。体重測ったら92.05キログラム......。

先週からの肩こりはやはりDSでの『ドラクエ』が原因というのが濃厚になってきた。ちょっと良くなってきた昨日、ちょっと『ドラクエ』を1時間やったらまた肩が張ってきた。そんなに力を入れてるとも思えないのだがなぜか肩から肩甲骨にクるのである。残念だがまたしばらく様子見である。

You Tubeで" 報道ステーション "でやっていたと思われる「それぞれの人生...3、4月に逝った方たち~鴨志田穣(漫画家・西原理恵子の元夫)」を観た。
これをやったことすら知らなかったので結構な驚きとともに観ていた。
そうか。遺作になった『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』はサイバラの画が全く入ってない最初で、そして最後の作品だったんだ。
モノクロの家族写真が出てくるが、サイバラはもとより家族みんなが良い顔をしている。家族として非常にまっとうなものを持っていたんだと。

『椿三十郎』
金曜日、MOVIXさいたまにて『椿三十郎』を観る。
ふはははは(笑)chataさん、途中退席はせなんだですよ(笑)
オイラが黒澤版を観たのはたしかNHKでやってたものを高校生ぐらい時である。
そんなわけでウロ覚えではありつつもオリジナルのプロットはまったくいじってなさそうだ。
人気監督と人気俳優を呼び、名作の誉れ高い脚本を持ってきて、尚かつカメラワークなんかもほぼオリジナルを踏襲していれば、誰も文句は言えまい。それはクロサワに意見するようなものだからな(笑)
ハッキリ言って今回の森田版は駄作以外のなにものでもない。
原因ははっきりしている。
まずカネをまったくかけてないから(笑)
それからオリジナルの脚本が今でも通じると思って見直さなかった監督のせい。
カネを握っていたのは誰なのか?角川春樹か?だとしたら『蒼き狼 地果て海尽きるまで』カネを使い果たしてしまったせいか。
劇中のそのほとんどをセット撮影で行っているが、まったくお粗末でチープ。劇場の大きなスクリーンに栄えるような出来ではなかった。照明が明るすぎる。いかにも水道水のような池の水の流れ。
時代劇の場合ロケーションでもかなり苦労するのは分かるのだが、なぜそういう時にCGを使わない。まったく広がりの無い単調な画面に退屈しっぱなし。
そう考えると『武士の一分』はあらゆる事をリッチに作っていたのだなと今更ながら思った。
それからオリジナルの脚本をまったく見直していないのも大問題。オリジナルの脚本はその時代にマッチしたものであり、それは当然その当時の俳優にもマッチした演技を引き出させるものであった。だからオリジナルを今観ても説得力が保てるのだ。
現代で現代の俳優に説得力を持って演じさせる為には台詞どころか物語の骨格でさえいじるべきなのだと思う。
それほど尊重すべき脚本であるならばリメイクなどすることはない。
今、若い侍をバカに仕立てて三十郎の引き立て役にしたって面白くもなんともない。
リメイクでやるならむしろ三十郎を剣の腕のたつ詐欺師ぐらいの道化にちかい役柄にしたら面白かったろう。
ラストシーンの改変、というか改悪も最悪。とはいってもオリジナル以外の終わらせ方は思いつかないが、アレをカラーでやったらまた不様だったかもしれん。アレはやはりモノクロだからよかったのだろう。
俳優の演技の善し悪しはこの映画ではなんとも言えないだろう。というかこの映画の不出来は俳優の所為ではまったくない。
ショボイセットとリアリティーのない演出を付けられて、俳優諸君はよくやっていたとさえ思う。
織田裕二も役作りの方向を三船っぽくしており、その発声の仕方などをうまくトレースする方向で演じていた。演出がそうなのだから織田がそれにしたがったにすぎないのだろう。よく健闘していたと思う。
後は好みの問題だが敵役のトヨエツの声質の高さがそぐわないなと感じた。これは好きずきだし仕方の無いことだが、オイラならホモっぽい雰囲気をだしたら面白かったろうなと思う。
佐々木蔵之介がなかなか面白かった。


『ナチョ・リブレ 覆面の神様』
友人から借りたDVDで視聴。
自分では観たり買ったりしないタイプの作品であるのだが、非常に面白かった。
コメディーを基調にしているが『ロッキー』と骨格が似てるのではないかえ(笑)
『椿三十郎』からはまったく映画らしさを感じなかったが、この『ナチョ・リブレ 覆面の神様』はまぎれも無い映画を感じ取る事ができた。
映像が実に美しい。奥行きのある手間のかかった画面設計。
些細なところだがナチョが山刀を鞘から引き抜くときの金属の擦れる音が丁寧に入っていたりと、全てが行き届いているのだ。
そんな美しい映像をベースにバカバカしくもホロリとするコメディーが展開する。
こういう感覚はやはり日本では出てきにくいかもしれない。
まじめにお笑いをやるというベースが日本には希薄だから。

今週はいよいよ『 ブレードランナー』のDVD発売。もう5年越しの楽しみだ(笑)
取りあえず劇場公開前のリサーチ試写で使用された、オリジナル本編『ブレードランナー』ワークプリント(1982)が楽しみである。
by 16mm | 2007-12-09 21:55 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

『バス男』

土曜日、歯の定期メンテナンスに。
ああ、髪の毛切りにも行きたいなあ。

本日日曜日ジムに行った。
体重91.75キログラム。
ものの見事に体重戻ってますが(笑)
で、その時にジムで自分としては初めてマッサージをしてもらった。
そう、Hなマッサーではなく鍼を含めたマッサージだ(笑)
90分8000円ぐらい。
なぜそんな気になたかと言えば、
『ドラクエ4』の所為だ(笑)

『ドラクエ4』DS版をやり始めて一週間。
いや面白れえオモシレエ(笑)
往復の通勤2時間+寝る前の1時間を『ドラクエ4』で。
立体的な回り込み等の動きはするとはいえ、最近のゲームに比べればグラフィックはあまりに薄い。
なのにどうしてここまでハマるのか?
話の展開や演出の所為であろう。薄いグラフィックを脳内で補完を促すように台詞や演出が巧みであるのかもしれない。
三頭身キャラの向こうにカッコいいキャラクターを夢想させる。
こうなってくると、ゲームにのめり込ませる条件に高度なグラフィックなどというものは必須ではないのではないかとさえ思えてくる。
実際『ドラクエ』の最新版はPSPでもPS3でもなくDSである。
そういう意味では『ドラクエ』を作ってる人達って相当にトンガってるヒトタチなのかもしれない。
オレは自分の分身がでてくるゲームの5章で、身代わりに死んだ(死んだんだけど、これに関する演出も実に良い)ガールフレンドのシーンがあることによって本当に物語に引き込まれたよ。
あれを見たら最後までやらねばという気になった。
やはりすごいゲームだと思う。

で、そんな感じでゲームをやり続けた結果<多分寝る間際にうつぶせになってゲームをやっていた時>肩と首筋に負担がかかった所為で、強烈な肩こりに悩まされた。
もう首が後ろに回らない程イタイ(笑)
車をバックさせる時に首をひねるのが一番苦痛だ。
寝た状態から身をよじって起き上がる事も苦痛だった。
本日件のマッサージをしてもらったところ、まだ痛くはあるのだがかなり改善されたようだ。
やはり無理はイカン(笑)
せめて寝る前は止めとこう......
と言いつつやるかもしれんが(笑)



『バス男』
会社の友人から借りたDVD。
自分ではDVDを買うどころか映画館でも観ないであろうタイプの作品である。
が、そうやって観ると以外と楽しめた。
妙な面白さがあって、このタイプの日本映画ってないかもしれんなと。
有り体にいえば非常にバカバカしいコメディであるのだが、ある意味こういう映画を作れるというのもアメリカの映画産業の底力か。
日本でこんな映画作っても客は入らんだろうし、批評家からも総スカンになりそうだ。
アメリカって良くも悪くも娯楽の幅が広いな。


『椿三十郎』今週観れたら観たいもんだ。
by 16mm | 2007-12-02 21:13 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)