<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『ぼく、オタリーマン。3』『オナニーマスター黒沢』

朝、また久しぶりに息苦しさで目が覚める。

だいぶ髪が伸びてきた。ボチボチ切りに行こうか。

本日日曜日、ジムにも行かずヒッキーで画像の整理。
DVDをいくつかザッピングしながらの作業。
会社の仕事をちょっと持ってきてやろうとしたが、結局出来ず。

昨日土曜日は撮影場所の下見に某所へ。

入院させていたTOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8が帰ってきた。
非常に丁寧な内容の書面までいただき恐縮。
こちらも後ピンであった実例をCDにいれて送ったわけだが、その結果電装品を開発電子化に作っていただいたようだ。
ありがたい。
ますますトキナーのファンになったよ。
テスト撮影をした結果、かなり良好ではないかと思う。今度は実際に趣味の撮影をした時の感じで判断したいと思う。
トキナー様、ありがとうございます。

ここのところ会社の行き帰りに『戦争のリアル』をザッピングのように頁をめくっては読んでいる。
臭いものには蓋、という気分で、好きでもなんとなく軍事関係の興味というものを否定的にみていたが、やはり本格的な軍事に関する知識はあった方がいいなと感じた。
この本を読んで、軍事を軸に経済や国民性なんかも見えてくるものだと思うようになった。

"マンガ大賞"に『岳』が選ばれたようだ。非常に目出たい。ノミネートの中には『海街ダイアリー1』(吉田秋生)▽「皇国の守護者」(佐藤大輔作、伊藤悠画)なんかがあり、オイラなどこの3つから一つは選べなかったろうなと思ったりした。
また漫画の大賞というのであれば商業誌に載らない、同人誌やネットで掲載されているものを含めてもいいのではないかなと感じた。

今週は『SP』の特番。
あ、あとは『ギアス』の予約録画しなくちゃ。

『ぼく、オタリーマン。3』
なんとなく買った1巻だったが、とうとう3巻目が発売のはこび。
サラリーマンやりながらマンガを描くということの過酷さへのエールのつもりで購入したのだが、購入し続けたのはやはり面白いからだ。
画の上手さとフルカラーが実にいい。

『オナニーマスター黒沢』
by 16mm | 2008-03-30 21:16 | | Comments(11)

2008年第2回更新のお知らせ

本日メインHPにて"ToRSo 07"をUPいたしました。
お暇な方、ご覧いただければ幸いです
今回はヌードでございますので、周りの状況に応じてお気をつけください(笑)

今回の画像、昨年の8月ですよ(笑)
次回もヌードではないけど下着の撮影。
更にもう一つ水着のストックがあるので、撮らせてくれたモデルさんの為にも早急にUPするべきであろう。

土曜日は会社に自主練とも仕事もともつかないものをやりに。
やはりなんとなく休みの日だと余裕がでますな。

本日日曜日、ジムに。軽めの筋トレと30分のボクササイズ。
体重相変らず94.75キログラム。
自分でもハラまわりが重く感じるが、急なリバウンドの原因は何か?ふた月程前にひと月ほどジムをサボった事があったのが原因か?
『スーパーサイズ・ミー』でも言っていたが、飽和脂肪云々はインポの原因になるから気を付けねがなるまい。が、それを常時つかうわけではないのでまったく危機感がない(笑)

特に観たい映画がないので劇場はスルー。東京大空襲のTVドラマを録画していたがまだ観てはいない。堀北真希が出ているからだ。内容はあまり期待してはいないが(笑)

You Tubeで『もやしもん』のOpを観る。山崎貴演出とのこと。非常にかわいい。あのキャラクターに存在感があるのは、実景と3DCGに違和感かないからであろう。さすがである。

『Countdown of "The Sky Crawlers"』
『スカイ・クロラ』のメイキングDVD。
押井の記者会見の様子とスタッフとのロケハンのなどの映像が興味深い。
特に作画のチーフである西尾鉄也の執拗なまでの素材撮りに、「ここまでするものなのか」と驚嘆。
押井が繰り返し本作を直球勝負と連呼していたが、今迄がいままでなので額面通りは信用出来ん(笑)
それでも本年度の映画で一番完成が楽しみな映画である事にはかわりない。
キャラクターの全体像はまだみえなかったが、今後明らかになるであろう。
すでにネットで公開されている予告編も、DVDに入っているソースで観ると格段にきれいである。当たり前か(笑)

『クレィドゥ・ザ・スカイ(Cradle the Sky)』
『スカイ・クロラ』シリーズの現状での最新巻にして最終を読了。
相変らずのクールな文体。
一歩間違うと、単なる死を甘美なものと受け止めかねない。
しかし、全力を尽くした先での事だ。相手を尊敬し愛しているから全力を尽くす。それが空中戦であっても、だ。
空中戦を"ダンス"と表現している。
尊敬している相手であればあるほど己の全てを出し切った技を出し切って撃ち落とそうとする。
空に思いを馳せ、空で死ぬ事を至上の喜びである事が説得力を持って描かれている。
映画公開の頃、まとめて感想をかきたいものである。

今週もあまり観たい映画なさそうだなあ。
by 16mm | 2008-03-23 21:29 | メインHPと更新のお知らせ | Comments(7)

『ノーカントリー 』

土曜日に歯のメンテナンスと映画に。

知人に教えてもらって"Skype"を始める。はずかしながら今迄その存在を知らなんだw幸い自分のマックにはカメラついているので、すぐに出来た。が、この手のヤツってすぐ飽きそうな予感笑い

本日日曜日は一日画像の整理。ジムには行かず。
ネットでiPodにためておく画像を見つけてはダウンロードしている。ほとんどが女性のヌードであり、メイプルソープのであれば男のヌードも落としている。
画像整理のお供に『スパイダーマン3』と『時をかける少女』をかける。『時かけ』は
コメンタリー。どちらも大変よく出来た映画であるという印象は変わらず。『時かけ』の細田監督をはじき出したジブリはものすごく保守的なところなのかもしれん。

唐突に『スパイダーマン3』の新聞社の編集長の秘書が可愛く思えたので(笑)ネットで検索。ピーターの上司のJ・ジョナ・ジェイムスンの秘書ベティ・ブラント役のエリザベス・バンクス。ネットで画像をあさるも、どーもピンとこない。よくよく考えたらあの秘書役の彼女に萌えたのだと判明(笑)『スパイダーマン』関係で検索しなおしていくつかダウンロード。

『ダーリンは外国人with BABY』
このシリーズの漫画はほぼ全部買ってるかもしれん。普通この手の漫画には食指が伸びないオイラがなぜかといえば、身近な部分での異文化を扱っているから。同じ国の者同士で結婚しても分かり合えない事も多い中、更に違う国の人間とつがいになった時起こるであろう理解と誤解の数々は特に日本人には大変な事態なのだと思われる。大仰であるとは思うが、日本人の異文化を理解する為の啓蒙書みないな部分もあるかな。
非常に面白い。

『我が妻との闘争』
以前マック・ピープル誌に連載されていたエッセイがいつの間にかマンガになり連載されていた。というのを、たまたま掲載されていたマック・ピープル誌のPR漫画で知った。エッセイには蛭子能収のキッタない(笑)イラストがついていたのだが、今回の漫画版は金平守人の作画になっている。名前だけは知っていた金平守人。こんなに画が上手いとは。蛭子能収の殺伐とした印象のイラストを覚えているだけに非常にギャップのある印象。特に"妻"が可愛らしく作画されているのが好印象。というか、全体的に端正な作画となりエッセイの印象とは全く違ったものになっている感じ。これからは掲載誌を立ち読みしつつコミックの続巻を購入するつもりである。

『遺稿集』
鴨志田穣のweb等で掲載されていたものをまとめたものだ。ガンが発見されて以降の文章はやはり良いと思う。初期の頃のどうしようもない稚拙さは全く無くなっている。不謹慎は百も承知であるが、悪魔と取引でもして自分の寿命と引き換えに挫けない恐れないココロを植え付けてもらったのかもしれない。
死を前にして、天才にして自分の妻であるサイバラに臆しないで作家になろうとする覚悟がきまったのだろう。
彼ら夫婦の馴初めが描かれている『邂逅』などはラストの一文が本当に泣かせる。
本当にいい男だったのだな。さすがサイバラが選んだ男である。

iTunesで槇原敬之の歌を三曲ダウンロード。『LOVE LETTER』『GREEN DAYS』『どんなときも。'07』。特に『GREEN DAYS』がお気に入り。槇原すげえ。ヤツはホンモノなのだな。

週刊文春でショーケンの自叙伝の抜粋を読む。芸能人でこの手の暴露本をシャレなしで出すヤツは最低だな。オイラも石原真理子の自分で書いた暴露本を買っちまったのでエラそうには言えないが。読む本が無かったとはいえ、あんな本買うんじゃなかった。この手の本は気になる所を立ち読みで済ませるべきだなとオイラは思う。ショーケンので言ったら、クロサワの件あたりかな。

新海誠監督の作品に興味があるのだが、まったく観た事がない。背景の描写は秀逸。あの画の空気感というものを考えてみたい。『王立宇宙軍』の頃の小倉宏昌のタッチに似ているだろうか。出てくるキャラデザインにはまったく興味が向かないのだが(笑)

『ノーカントリー 』
久々に映画館へ。土曜日MOVIXさいたまにて。
他人の顔で「立派な顔だな」と思った事が過去に何度かあったが、その写真を観て模写するほどの面構えなど後にも先にも一度きり(今現在)。
それが今回観た映画の監督のコーエン兄弟の面構えである。たしか『ミラーズ・クロッシング』の頃にアエラ誌の表紙になったポートレートを模写したのだと思う。その雑誌、まだ部屋のどこかにある筈だ。
上目遣いで挑戦的でいて知的さも併せ持った、本当に立派な顔だと思った。
自分に合う合わないはあったにしても、コーエン兄弟の映画は結構観ている。『ブラッド・シンプル』『赤ちゃん泥棒』『ミラーズ・クロッシング』『バートン・フィンク』『オー・ブラザー!』『レディ・キラーズ』。
昨年アメリカに行って、同じようにCGを作りにきたヤツに無茶苦茶カタコトで話しかけたのは「好きな映画監督誰?」という問いかけで、その時の答えたのはたしか「Fargo」と作品名を言ってきたので、それがコーエン兄弟だと分かったのだ。
これが10年も前なら「スコセッシ」と答えていたかもしれない。いや、その10年前でさえも少々トンガったヤツはコーエン兄弟に注目していただろう。
今回の『ノーカントリー 』。コーエン兄弟にしては分かり易くアクションとサスペンスが盛り込まれた娯楽作品という言われかたをしている。当たっていなくもないが、オイラがコーエン兄弟の作品初心者に最初に勧めるなら『赤ちゃん泥棒』で、その後に『オー・ブラザー!』。その後あたりに本作という順序を勧めるだろう。
今迄観たコーエン兄弟の作品で共通しているのは、一言で言えば徹底したリアリズム。冷徹な人間観察を土台にした作品である故に、その人間の滑稽さがブラックな笑いを加味している。
趣味は人間観察です、などと臆面も無くのたまうヤツ程度のものではない。
人物の行動を言葉で説明せず、その人物の行動とカットとカットの繋ぎ(時間経過)等で観客に分からせて行く。それでもボーッと観ていれば大事な伏線を見逃す事になる。
そういう意味ではちょっとでも引っかかればDVDを買って再見する価値はあると思われる。
起承転結という展開があるとしたら、この映画ほとんど"起承転"で止まり"結"を映像で見せず観客の想像に委ねるか、"転"を見せずに唐突に"結"を提示したりする。
挑戦的な省略の美学を貫いているといえる。
シガーという、ある意味ターミネーターよりも最悪な殺人兵器が出てくる。なぜ最悪かといえば、シガーは機械ではなく人間でありながらターミネーターのような行動をするからだ。
そのシガーのガサツさに滑稽さを見いだす。
ジェームズ・キャメロンが腕力でねじ伏せて気を失っている観客を(笑)"映画"という穴に引きずり込むのに対し、コーエン兄弟は観ている観客が自発的にその穴に入っていくのだ(笑)
あくまで自発的なので入らないヤツは入らない。
ラストのトミー・リー・ジョーンズの妻との語らい。これも語ってるだけで意味は説明していない。これまでの顛末を考え観客が自分で答えを探すのだ。
答えはちゃんと観てれば映画に表現されている。
高みから観客に答えを委ねるだけで、制作者がまるで答えを出していないような無責任な映画ではない。
それがコーエン兄弟の知的さの所以である。
そんなわけで、誰にでもオススメは出来ない映画であるが、オイラはDVD買ってもう一度観るつもり、というか、分かる迄観るつもりである。
それが楽しみである。
ちなみにずっとコーエン兄弟のどちらがジョエルでどちらがイーサンか分からなかったが、先日発売のプレイボーイ誌で覚える事に成功(笑)


ところで、中国政府は虐殺をヤメ。
by 16mm | 2008-03-16 22:20 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

『戦争のリアル』『SP』『ブラックブック』

本日ジムに。
久々にボクシングで30分。動きについて行けないのではなく動きのパターンを覚えられない物覚えの悪さかな(笑)
体重94.45キログラム(笑)
うはははは。どーゆーこった。増量だ〜(笑)

YouTubeで初音ミクとやらの「君をのせて」の四部合唱を聴く。
ほほ〜。ちょっと感動的なキレイさ。
今更ながらだろうが、初音ミクとは何者ぞ?

TOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8は今週入院決定。
ピントの後ピン傾向を調整してもらう為である。F8まで絞れば大丈夫そうなのだが、やはり広角レンズのピント合わせは難しいかもしれん。

iTunesのポッドキャストで鈴木敏夫の番組を聴く。ゲストは阿川佐和子。どれくらい本気か分からぬが、阿川、声優をやりたいとの事。この手の有名人キャスティングが好きなジブリ。なかなか阿川の声が素敵だったりするので皮肉抜きに良いかもと思う(笑)押井も阿川を自分の作品に狙ってると聴いた事があったが、結構『スカイ・クロラ』にハマるんではないかと思ったりした。
今回のポッドキャストの内容はなかなか面白かったな。

『攻殻機動隊1.5』
以前出た版の装丁その他を変えたもの。
まったく無意味にも程があるもので、1700円無茶苦茶損したよ(笑)
前のCD-ROM付きのものが絶版になったから出したのであろうか?未公開の設定みたいなものがついてそうな感じしていたのだが、実際は総頁の半分ちょいをTV版のサンプルプロットとやらの文章で埋めてある。
TV版が二つ終わって今頃そんなサンプルなど興味が湧かぬ。
分かって買うなら大きな御世話だが、すでに旧『1.5』を持っていたら無用なモノだな。
そうやって見ると表紙画のトグサのヤサ男顔も気に入らぬ(笑)
今度即刻古本屋に売るつもりである。
こんな商売するなら苦行であっても『アップルシード』『攻殻機動隊』の続きを描いてほしいものである。

『戦争のリアル』
押井守と岡部いさくの対談本。
自分の興味を惹く内容(だから買って読んでいるわけだがw)が本気とも冗談とも言えない感じで展開されていく。面白い。
自衛隊の装備から、空母を運用する困難さの話から、中国の近代化は出来ないという話から、アニメーションのメカデザインに関する愛憎まで。多岐にわたり興味深い内容なので、パラっとめくって面白い所を読むという読み方をしている。
まあ、読む本無くなったらめくる感じという位置づけにしとこう。
脚注の情報量も多くて読み応えがある。
それにしても、押井、よくしゃべるな(笑)ほとんど押井の台詞しかないような本だな(笑)


『SP』
『SP』の金城一紀によるシナリオ本。
本当は放送終了直後に出版の予定のような事をポッドキャストで言っていたのであるが(笑)
内容を最初から読んで行くという事はせずに下段の脚注を追って行くようにした。
文章で描かれた世界が映像化される段になり、向上するのか劣化するのかという部分のジレンマがある。
例えば携帯電話を「壊す」とシナリオで書いたとき、その番組のスポンサーに携帯会社があればそれは、「懐にしまわれる」に置き換わったりする。
それからこれは以前からぼんやりと感じていたのだが、警察官(おまわりさん?)に危害を加える描写というものが規制の対象になっていることがその脚注から読み取れた。
シナリオライターとしては大人の事情とはいえ忸怩たる思いはあるだろう。
そんな思いがこのシナリオ集の脚注に表れている。
できればもっと脚注を増やしてもらいたかったぐらいだ。押井の本ぐらいに(笑)
ハッキリ言ってほとんど奇跡のようなドラマであったと思う。
映画にするよりお金かけてTV版を続けてくれないかな。同じような深夜に。

『ブラックブック』
wowowでの録画を視聴。
面白い。
監督のポール・ヴァーホーベンはハリウッドより、祖国のオランダで撮っていた方が良いかもしれん。
この監督サービス精神旺盛なのか、ハリウッドで監督すると必要以上にエロとバイオレンスに偏る傾向があるから(笑)
しかしこの『ブラックブック』もこの監督らしいエロとバイオレンスが盛り込まれているが、それらが作品から浮き上がる事なく挿入されている。
エンターテイメントとはいえナチスを扱った映画をきちんと作っているというのは好感が持てるものだ。
しかもハリウッド的にナチス=悪という一元化されたモノの見方をせず、それに抵抗しているレジスタンスの中にも悪意は潜んでいるというものを、わずか2時間30分に満たない時間で描き切っている。
ナチスを肯定的に描く事は今後も不可能だと思うが、ヴァーホーベンは血の出るような思いで相対化して本作を完成させたのだろう。
それからこの主演女優が非常魅力的撮られている。歌声も(吹き替えでなければ)綺麗だった。
照明なんかはちょっと古い感じ(技術的に)がして、そのあたりはハリウッドの照明技術のすごさを感じてしまうのだが。
感想をかいていたら、DVD欲しくなったな。今度購入する事にしょう。


今週は『ノーカントリー』公開だが、歯のメンテナンスがあるからいけるだろうか。
by 16mm | 2008-03-09 21:37 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

80th Annual Academy Awards

本日ジムに。
体重92.75キログラム...
順調に肥えて高値安定である(笑)

昨日、昨年から待ちこがれていたTOKINA AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8を購入。その日のうちに実践投入。
結果、まったくピントが合っていない(笑)
三脚を使って尚かつAFでほぼ全てが後ピン。
取りあえず、もっと精密にチェックをしてみて同じような結果であればメーカーに入院ということになるだろうか。
絞りをF4までしかつかっていなかったのでF5.6以降であれば良かったのかもしれんが。
レンズの質感や画角はオイラ好みである。一番広角にしても周辺が歪まないのも。

押井の新作『スカイ・クロラ』の予告編第二弾がネットで流れていた。
本当に観る気にさせる映像と音楽とモノローグ。
すばらしい。
3DCGの戦闘機がアニメ絵と微妙にマッチングしていないように見えたが、多分公開迄に解消されるだろう。
ベッドで寝ていたのはカンナミか?車の横で手を振っていたのはフーコか?バイクに乗っていたのはササクラか?そしてあれはクサナギ・スイトなのか?
今回は全てのキャラが背中のみで顔は見せず。
音楽も予告編第一弾も良かったが今回のも最高。
コピーも良い。
あのモノローグは誰の声なのだろうか?
しかし、押井の映画って予告編の出来が良すぎるんだよね(笑)
取りあえず楽しみにしておこう。

鈴木みその漫画『銭 6』と『流出者』購入。
安定した面白さ。
ただ値段の事もあろうが『流出者』はカラーで出してもらいたかった。

月刊PLAYBOY4月号
ジョニー・ディップとコーエン兄弟のインタビューが載っていたいので購入。

『80th Annual Academy Awards』
wowowで録画したものを視聴。
脚本家ストライキの影響か全体的に地味な印象。
それでも有名どころのスピーチは面白い。
やはり監督賞受賞したコーエン兄弟のスピーチは面白かった。
「感謝したい人の数が多すぎて挙げられません。とにかく感激です。僕らが砂場の片隅で好きな遊びを続けていられるのは皆さんのおかげです。ありがとう」
実にシンプルで謙虚で知的な雰囲気を持った兄弟であった。
受賞作の『ノーカントリー』を観に行かなくては。
『レミーのおいしいレストラン』でブラッド・バードが受賞。当分ピクサーの天下は続きそうである。

最近、『3月のライオン』の香子の泣きながら怒っている顔が頭からはなれないなあ。
by 16mm | 2008-03-02 21:27 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)