<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『少林少女』

土曜日、会社で自主トレ。やろうとしていた事がうまくいかないので月曜日に同僚に聞きながらリトライするつもり。

本日、ジムに。93.45キロ。

突然、昔の映画『キタキツネ物語』の"赤い狩人"が聴きたくなってCD購入。町田義人。『宝島』の主題歌を歌っていた人だったとは。詩も良いが高音がすばらしい歌声である。

You tubeから『レイズナー』の主題歌をダウンロード。秋元康の作詞だったと思い出した。良い歌なんだけど、秋元は『ZZ』で最悪の主題歌を作ったヤツだしね(笑)

『新海誠美術作品集 空の記憶~The sky of thet longing for memories』
この人の映像作品をちゃんと観た事がないのだが、背景美術に関しては息をのむ程に美しいと思っていた。
メイキングを読むと4割ほどを写真からの加工で背景を作っているとの事。
リアルで緻密で大胆さと繊細さを兼ね備えた魅力的な画だと思う。
部分部分では小林七郎や小倉宏昌(小倉は小林のプロダクションにいた)のようなタッチだと感じた。
この背景のすばらしさを表すのに"空気感"という言葉がある。
なかなか"空気感"の決定的な定義が出来にくいのだが、金属の反射や、近景と遠景の濃度(調子)差によって表現できるのではないかと思った。
あくまでも自分が具体的に表現しようとしたら、どうするか?という点での話であるが。

ここで詳しくは語る事はしないが、青山学院大学の瀬尾准教授の件でネット署名をしてきた。
オイラにしてはかなり珍しいことである。
明らかに言論を仕事にしたり表現の手段にするのには向いていない人だと思う。
私が社会正義を振りかざせないのは百も承知であるが、あまりにもあんまりな内容。
こんな内容の為に表現の自由なるものを利用してもらいたくない。
ただでさえ言論や表現を規制したいと思っている奴が多くいるのだから、今回の事が格好の介入の切っ掛けにされることだってあるのだ。

『ギアス』
ルルーシュの悪党っぷりがすばらしい。とんでもないピカレスク作品である。

『週刊真木よう子』
今回のはなかなかいい。面白かったかどうかは別にして、真木よう子には一切喋らせないで、状況は周りの人物によって転がって行く。
『ゴルゴ13』のように状況だけが進み、ラストのヒトコマだけにゴルゴが出てくるような(笑)
演出が違うと色々な解釈のドラマができる好例ですな。
真木よう子、後ろから見ると以外と痩せてますな。彼女を少年の役にするというのもいいかもね。

『スカイ・クロラ』
特報3弾目になるものをYou Tubeで視聴。
押井の映画は予告編が上手いというのは分かっていても、非常にそそられる映像。期待はいやが上にも高まったよ(笑)
鶴田謙二の挿絵の印象があったので、映画版のキャラデを観たとき多少違和感を覚えたのだが、今回の特報ではそのキャラクターが生き生きと動いていた様をみて、もうこのデザインしかありえないとまで思えてしまった。
やはり動く事によって魅力が増すものなくてはならないのだろう。
彩度を落としたグレイのような肌色。空中戦。
職業声優に割とこだわっていた押井が主役の二人を俳優から登用。
菊池凛子の微妙に震えるような台詞がすばらしい。
加瀬亮の少年の繊細さと生と死を人ごとのように感じさせる声色の魅力。
特報では榊原良子が職業声優として声がでていたが、彼女の力強さにも感じ入った。
クサナギ・スイトもカンナミ・ユーヒチも空で死ぬ事を至上のものをしている所に説得力があった。
空で死ぬ事に同情されることが一番の侮辱なのだ。
美しい映像にかかる川井憲次の音楽も絶好調。同じ曲をオルゴールでアレンジしたりと。
作画も負けてない。カンナミがクサナギを抱きしめるシーンの演技がすばらしい。実写だってこんなに上手く抱きしめられる役者はいまい。作画の西尾鉄也、すばらしいぞ。
それにしても菊池凛子、良い声してるな。すばらしい。
映画、早く観たいな。早くDVDでないかな(笑)

聖火リレー。
こんなに世界中で望まれていない中国の聖火を嬉々として持って走りたがる人間の気がしれない。
所詮近代化していない国が近代的な行事を出来るわけはないのだ。
オイラは映画の事があるのでまったく彼の国を嫌いにはならないのだが、映画を軸に考えればチャン・イーモーも『インファナル・アフェア』(これ香港映画だが)もジャッキー・チェンもジェット・リーも中国では異端になるぐらい近代を分かっている人達だと思う。
尊敬すべき映画人がいるから、まだ中国に絶望はしていないところである。

『少林少女』
久々に映画館へ。土曜日MOVIXさいたまにて。
富士山、水面上での格闘、重々しく見える格調高い美術、暗めの照明、ヘリコプター。そして、トミノ(笑)。
道具立てやギミックはすばらしく、本広のセンス全開であった。
が、映画はつまらなかった(笑)
まず役者が格闘をする動きになっていない。それがわかっているから、顔が見えないところは役者ではなく格闘専門のスタントがやっていた。
それは岡村があるカットでいきなり背が伸びたり(笑)役者の顔が見えるシーンと見えないシーンでは動きがまるで違って見えたからだ。
この手の映画はジャッキーやジェット・リーに任せた方が絶対良い。というか、日本人では太刀打ちできない(笑)
CGも部分部分でショボかったりするからまた印象がわるい(笑)
柴崎コウが仲村トオルを抱きしめるシーンがあるが、その直前に観た『スカイ・クロラ』の抱きしめシーンと比べてしまうと圧倒的に愛情と情感が足りなく感じてしまう。
本広はやはり警察モノのアクションでがんばっていただきたい。
来年の『SP』は楽しみにしている。
by 16mm | 2008-04-27 21:32 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

種々雑多

本日ジムに。
94キログラム。
絶賛増量中である。久々に会った人達からも増量を控えめに遠慮がちに指摘されるぐらいなので、事態はマジでしんこくになってまいりました(笑)
でもジムの帰りのピザはやめられね〜(笑)
本当に痩せる気あるのか?オレは(笑)

『ジャーヘッド』
wowowで録画したものを視聴。
今回の視聴で劇場での初見をほとんど寝ていたということが判明(笑)
じっくり観たら結構面白い。
いや、初見でもつまらなくはなかったのだが、ドンパチを期待していたせいか拍子抜けしたというのが正直なところである。
非常にナイーブに戦争というものを描写している映画だと言える。
『フルメタル・ジャケット』に似てはいるが、『ジャーヘッド』の方が多少血が通っているような印象。
あの戦争を悲劇と思うとともに喜劇であるとも捉えているのはやはりイギリス人監督の第三者的な目線の所為だろうと思う。
つくづくアメリカという国は戦争をビジネスとして輸出している国だなと思った。
生きるの死ぬのという以前に、本国に近いような快適な生活空間を戦場に作ってビジネスをしているように感じられる。
それでも焼けこげた死体を目の当たりにした時の衝撃というものはいつまでもついてまわるものだ。
油田で馬に会うシーンがなかなか素敵であった。
これ初見で見逃していた気がする(笑)

『ギアス』
盛り上がって参りました(笑)
汗をかかない主人公。それでいて観てるものを引きつけるのだからたいしたものである。

『マキヨーコ』
銭湯での水面の照り返しがなかなか良い仕事してましたな。
毎度撮影や美術は見応えがありますね。
ただ内容はどーでもいいような(笑)
来週はなんか期待できそうですね。
先週の週刊文春にリリー・フランキー撮影のマキヨーコが載っていたが、やっぱり素人カメラマンがモデルの雰囲気に撮らされた感じにしかみえなんだ。
ドラマの方は、申し訳ないけどもうすこし真面目に作って貰いたいと切に願う。ただ無内容に多ジャンルにしてるようにしかみえない。
何も作りたいものがないのなら、作るな、とは言わない。
ならもうちょっと真木よう子のキャラクターに即したもので完成度の高いものを望む。

久しぶりにCAPA誌とアサヒカメラ誌の二冊を購入。
CAPA誌のピントについての記事が興味深かった。
デジタルカメラ時代になって所謂"被写界深度"という言葉が死語になってしまった。
ピクセル等倍での鑑賞が普通になってしまったが、オートフォーカスの精度上そこまでピント合わせる事はできないということ。
ボケを許容する心も必要である。
なるほどなと思う。

『少林少女』楽しみだな。
『隠し砦の三悪人』の試写会での映像。監督のデブ監督も出ていたのにキャスト4人だけ写されて見切れていた(笑)これも楽しみ。


"児童ポルノの単純所持禁止"
このところこの問題の記事を読む度にイライラしてくる。
いい加減にしてくれと。
法制化したらオイラも真っ先に捕まる可能性があると思われる(笑)
児童ポルノ、ハッキリ言って観ませんよオイラは。
別に良識を気取るわけではなく自分の趣味や流儀でないというだけの話ですけど。
この法律、施行されたら真っ先に宮崎駿を取り締まってもらいたいものだな(笑)『紅の豚』の冒頭、幼稚園児の上半身裸が出てくるんだからな。
あ、『紅豚』のDVD持ってるオレもお縄だわな。
アカデミー賞監督だからとか、良識のありそうな監督だからという理由でお縄免除というのはナシにしてもらいたいよ。マジで。
つーか、無責任にこんな事を言ってる人達はそこまで考えが及んでいまい。
文学でも『ロリータ』という小説があるけどそれも当然焚書して発売禁止にしてもらいたいものだ。
そんな覚悟があるのか?
妄想を形にした映画や漫画や小説での"被害者不在"のこの手のファンタジーまでをも規制するというのは如何なる了見か。
児童ポルノから子供を守るというのと、エロロリの漫画を規制するということが確実に繋がっていいるとは到底思えない。
マイクロソフトとヤフーとがこれに賛同しているというのもムカつくのだが、それよりもアグネス・チャンがこれに加わっているのが本当に不愉快。
彼女は舌足らずの日本語で歌を歌って人気者になったわけで、その中に観る者の性的なアイドル性というものは確実にあったわけだ。
誤解を恐れずに言えば人気のアイドルという者達はオナペットとしての魅力もあるからに他ならない。
歌の上手さだけなら声楽を勉強していた人にはかなわない。しかし、歌はそこそこでもビジュアルでカバーする事でアイドルになれるのだ。逆に歌は上手くてもビジュアルでカバーできなければアイドルたりえない。
よもやアグネス・チャンは自分が己の歌唱力だけで人気をとったと思っておるのか。
とんでもない思い上がりである。
ヘタクソで舌足らずの歌を健気に歌うビジュアルに当時の人間が萌えただけであろう。
そのようなイメージを大衆に植え付けて行く事で成り立つ芸能という仕事をしていながら、自分もその片棒を担いでいたという事に無自覚だからこそ、こんな法律を作ろうと思ったのであろう。
はっきり言うがこんな法律作っても児童ポルノで傷つく子供はいなくならないよ。
今よりももっと陰湿な形で地下にもぐってひどい事になること間違い無し。
アグネス・チャンを含めこれに賛成している議員や弁護士は単なる人気とりの道具にこの問題を使ってるのは間違いないと断言する。
こいつら本当に不愉快。
こいつらのいる党には絶対投票しないし、アグネス・チャンのいる日本ユニセフ協会に寄付するぐらいなら、ちゃんとした国連ユニセフに寄付することにする。
by 16mm | 2008-04-20 21:59 | 閑話 | Comments(2)

『週刊マキヨーコ』

1時間ほどやっていたPhotoShopでの作業中にアプリケーションが落ちました(笑)
ちょっとリキが入っていただけにモチベーションが上がらずにこのブログに逃げ込みました。
たいした事をやっていたわけではないので、ブログを書き終わったら復活するでしょう(笑)

昨日は歯のメンテナンスと雑用。
本日は工事現場の写真を少々撮った。
ジムはズル休み。

『モンゴル』も『クローバー・フィールド』もwowow待ちにすることに。
どおも映画館から脚が遠のいている。

wowow で録画した『ジャーヘッド』を少し観る。やはり初見と同じくデ・ジャヴュのように『フルメタル・ジャケット』が透けて見える。
戦争映画をリアルにアイロニックに表現しようとするとキューブリックがでてくるものなのかもしれん。
決してつまらないわけではないのだが。

『オナニーマスター黒沢』と『痴漢男』をダウンロードしておく。『オナニーマスター黒沢』など700頁を越える労作だったと改めて知った。これがタダで観れる。うれしいが、納得いかない。まちがってる。

今更ながら『サクラ大戦』のダンスと歌にハマってしまった(笑)
横山智佐の歌と振り付けがオアシスになっちゃってるほど乾いちゃってるよおぢさんは(笑)

職場で派遣で来ていた方が辞めた、というか契約を切られた。
あとあとこの穴の大きさはシッペ返しになってくるであろう(笑)

映画を観てないこんな時こそ、たまった思い入れの深い旧作映画の感想など書こうと思いつつもなかなかそうはいかない。

『ルルーシュ』
前回からの顛末が若干語られて納得。
おかげで今後も眼が離せなくなった(笑)

このブログ、どちらかというと映画の感想のためにあるようなものなのだが、映画をみていないので、『週刊マキヨーコ』で(笑)
この番組の製作者、真木よう子でエロを盛り込むという事をそもそもの前提にしているようだ。
多分たまたまそれが真木よう子であっただけで、TVの枠で有名どころの主演女優の胸が弄ばれる所を出したいという事なのだと思う。
昔はどうだったか忘れたが、最近はTV枠で女優の胸を露骨に触る描写は少なかったのではないか?
いや、ドラマをあまり観てないので良くわからんが(笑)
エロスではなくあくまでも劣情を刺激するようなエロとして真木よう子は機能している。
ここまで書いたが、別にドラマがつまらないわけではない。先週の雪山と子供のドラマはなかなか面白かった。
逆に言えば真木よう子でエロさえ映っていればどんな内容でもオッケーという製作の仕方かもしれん。
あの子役、上手かったな。
原作が漫画家のすぎむらしんいちだったりと結構トンガったことをやれているように思える。
もうちょっとしばらく真剣に視聴することにしよう。
しかしそういう意味では『SP』というドラマは真木よう子にとってはかなりエポックメイキングな作品だったのかもしれん。
真木のエロの部分を抑圧的にではあっても封印しているのだから。
それでいて『SP』の真木よう子にはエロスの官能性が漂っていた。
間違いなく演出の意図であろう。
お手軽に真木のエロを利用しなかった彼らはやはり大したものだと思う。




明日は池袋に泊まれればいいかな(笑)
by 16mm | 2008-04-13 20:28 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

『SP』『コードギアス 反逆のルルーシュR2』

土曜日、会社に自主トレに。
帰りに大宮で髪の毛を切る。
日曜日、ジムに行くもマシンで30分程走って終了。93.35キログラム。
帰りに高カロリーのピザをコーラとともに流し込んでいて、ふとiPodに繋がっているイヤホンが眼に入る。耳につっこむ所のゴムが無くなっていた。まあそれはいいのだが、取れた所がゴッチリ耳アカでよごれているのにウンザリしてヘッドフォンを購入しに大宮に。
狙いは土曜日に試聴したBOZEのヘッドフォン。24000円ほど。前に使っていたイヤフォンも安くはなかったのだが、またまた浪費である。
しかし試聴した時は件のBOZEのヘッドフォンとgigabeatの組み合わせだったのだが、それの印象が強く良くて、自分のiPodにつないだらそうでもなかったりしてガッカリして。でもなかなか良い装着感。まあBOZEだし、いい買い物をしたと思いこもう(笑)

『オナニーマスター黒沢』についてである。
小説も後日談がUPされていたので読む。そのうち漫画になることであろう。
何度も言うが、これだけのレベルの作品をただで読めてしまうというのは歪んでいるとしかいいようがないなと思う。
名前を出してなんだが、柴門ふみなんていう漫画家でありながら内容どころか画にもやる気が感じられないのがどうどうと商業誌に掲載されていたりする。あんなのが掲載されるのは旦那の政治力のおかげなんじゃないかね。
こんな漫画の載っている雑誌にカネを払うなら『オナニーマスター黒沢』にカネを払いたいぐらいだね。
この作品の良い所は、大団円ではなく小解決で物語をおさめたところだろう。"ドア"をあけるという行為などそんな大したことではないのだ。しかし、登場人物にとってはとてつもなく大きな一歩であった筈だ。
"ドア"開けて、幸せになりましたという描写は描き手にとってもカタルシスを感じるだろうし、やってみたい衝動にかられたことだろうが、それをしない所に真摯な作家性を感じる。
まったく特別ではない男の子の日常の妄想を上手く救い上げていたと思う。
...
私は寡聞にして知らないだけで、営利を目的としていない作品の中にはこのようなテーマで描いている作家もいるのだろうか。

iTunesで『ジャイアントロボ』2曲と『The Sheltering Sky Theme』『炎のたからもの Vocal: 今井美樹』を購入。『ジャイアントロボ』2曲はイマイチ。『The Sheltering Sky Theme』は坂本龍一のこのテーマがすごく好きで購入。映画は良くわからなかったのだが(笑)
今井美樹ヴォーカルによる『炎のたからもの』は『カリオストロの城』のカバーになるのだが、オリジナルよりしっくり聴けた。

『SP スペシャル』
録画もしていたが放映時間に観れた。Podcastもダウンロードして楽しい製作ウラ話も聴けた。なにより映画化されるとのことで目出たい。オレとしてはこのまま深夜ワクのTVで予算をふんだんに使った硬派なドラマを作っても良いのではないかとも思ったが。
『SP スペシャル』は新作部分を挟みながら前回のTV版の総集編的な趣き。やはり面白い。
Podcastで一番面白い脚本家の金城も言っていたが、ラストで井上と尾形をあんなにギンギンにさせたら次作で殺し合いから始まっちゃうだろ、ってな事を言っていたが(笑)
そのあたりも映画版で上手く処理するのであろう。多分(笑)
あのドラマには珍しいぐらいの硬派な知性があると思う。

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』
新生一話のプロットが微妙に前作一話に似ているのは意図的とは思うものの、この期に及んでルルーシュを「兄さん」と呼ぶヤツがでてきたり(笑)つーか前の終わりがどうだったかオレは全然覚えていないのが判明(笑)
どうしよう。とりあえず復習をせねばなるまい。
主題歌は前作の2番目よりは格段に良いのだが、オレはやはり最初のFlowの『COLORS』が良かったな。あの歌がこの作品の全てを言い切っているような気がするしね。

『週刊マキヨーコ』、録画したもののまだ未見。

ここの所観たい映画がない。『モンゴル』はちょっとそそられるな。『スパイダーウィックの謎』は楽しみである。
後はまだ先だがクローネンバーグの『イースタン・プロミス』も期待している。
言うまでもなく『インディ...』と『スピードレーサー』も。
by 16mm | 2008-04-06 21:21 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(5)