<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『ぐるりのこと。』

土曜日、会社に自主練。月曜からの仕事でちょっと不安な事があったのだが解消できず。不安を残しつつ月曜に教えて貰う事になるだろう。
関係ないが『スカイ・クロラ』の森博嗣の言葉で、
「自分が目立ちたいと思うほど、他人が羨ましい」
という言葉がある。
ああ、自分は目立ちたがりなんだなと思う(笑)
帰りに映画。


日曜日、ジムに。体重91.85キログラム。
時計を金属ブレスにして汗を気にせずずっと時計をしていられるのが気持ちいい。
革ベルトの時は汗をかく度に時計を腕から外していたからね。
金属にしても汗はかくがあとで拭き取ればいいわけだし、メンテがしやすい。
お気にの時計をずっとしていられるのは良い事だ。


『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 17巻』
いよいよ宇宙に。
アニメーション版では、ブライトが「不器用だからな」との言葉を受けたミライが彼に対して「ほんとね」とかなんとか独り言をいうわけだが、オリジンでは彼女自身への自省の言葉ともとれるようになっていた。


『無限の住人 23』
沙村の責め画の凄まじい画力。世の良識派からみればまとめて焚書にされそうな描写だが(笑)
残酷な責めを美しさをともなった官能性として描ける画力があれば、これはもう立派なアートであろうよ。


『ヴィンランド・サガ 6』
本作と『プラネテス』を対置させた感想をかこうと思ったが今回は止めておく。
『ぐるりのこと。』を観たからだ(笑)
2種の文章を一気に書くのは不可能であるので(笑)


『スカイ・イクリプス』
スカイ・クロラシリーズの番外の位置づけか。
短編の集合体のような体裁。
ササクラとスイトの話から始まる。
なんか今迄で一番ワクワクする展開(笑)
それにしても原作小説の表記に慣れ親しんだ所為だろうが、映画でのユーイチという名前に多少違和感(笑)音で発すれば間違いなくユーイチなんだけど、オイラはユーヒチの方に親しみがあるね。
チビリチビリと読んでいくつもり。


『蘇える金狼』
BS2でやっていたのを録画して視聴。
松田優作には平凡な市井の人間の役は終生できなかった。演技力がないといえばそれまでだがたぶん自分の引き出しにそのような平凡さという項目がなかったために想像することができなかったのだろう。
映画自体はもはや古くなり過ぎた感があって、もう観る事もないだろう。


TV版『ゴルゴ13』
主演であるにも拘らず舘ひろしはラクチンな仕事だこと。
アイキャッチの画がギャグっぽいタッチに見えてしまった。
取り立ててすごいこともなかったので、視聴は中止にする。


『週刊真木よう子』
最終回。ドラマではなく真木のインタビューとドラマのダイジェストとちょっとしたメイキング。
結構面白い回もあったかなと。第6話と第12話がお気に入りかな。6話は録画消してしまって後悔しているが(笑)12話がやはり一番好みである。


鈴木敏夫のPodcast。
ジョージ・ルーカスとの対談。両者ともまったく本音を話さないところが微笑ましい(笑)
鈴木敏夫は本当に目的の為には手段をまったく選ばない人だ。
宮崎駿が散々けなしていたルーカスとも和気藹々とできる度量がある。
ジブリ・ブランドを広げる戦略の為にはかなり自分を殺せる人なのかもしれない。


『ギアス』
やはり咲夜子は最強である(笑)
新キャラに新設定。ギアス・キャンセラーとな(笑)


『図書館戦争』
TV版。清々しい終わり方であるが、作画的には二人が抱き合うシーンもうすこし丁寧な作画と演出でやってもらいたかった。
この世界観は好みなのでまた続編をやってもらいたいものである。

『ぐるりのこと。』ネタバレありだけど、多分読んでも映画の魅力は損なわない、はず(笑)
by 16mm | 2008-06-29 20:22 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(2)

『図書館戦争』

土曜日、2ヶ月ぶりの歯のメンテナンス。色々とマズイ状態になっていた(笑)ブラッシングのやりかたにもっと気を使おう。時間も長くしたいがそれはなかなか難しそうだ。


本日日曜日ジムに。91.65キログラム。


先週、代理店へ移送した腕時計が還ってきた。ブレスレットに関する技術料もなしである。
迅速に対応してくれた販売店と代理店に感謝である。
金属ブレスがついた時計は見違えた感じになり、重さもなかなかいい。高い金出して購入して良かった。
これで運気が上向いてくれれば問題ないのだが(笑)


今週は映画館には行かず。『ぐるりのこと。』にはちょっと興味があるので観に行こうと思っている。


iPod用にエンコードをしているが、母親のwindowsでやるとほぼ本編の時間で出来る事がわかった。会社のマシンなら2時間モノが20分だが、それはマシンスペックが段違いだからにほかならない。
全部日本語吹き替えでエンコードしておる。
やはりiPod touchが欲しくなる(笑)


『ギアス』
ものすごくアツイ展開。この展開はキライではない。やはりシンクーと天子の話はいいな。
横たわったC.C.をなめるカメラワークと、拘束されたカレンがエロくて良い(笑)
あまり露骨ではないが、というよりもエロは作品全体のほんの一部でしかないが、かなり確信犯的に盛り込んでいると思われる。
やはり一定の毒は盛り込まないと作品のエネルギーにはならんからね。


『週刊真木よう子』
似た者二人の女の話。
次回は特別編らしいが、本編としては今回が最後か。
一番面白かった。
市電が通る横でのロケーション。堤防の上と下でのカメラの切り替え等々。
今迄で一番映像作品としてまとまっていた。
これは保存しておこうかな。


『図書館戦争』
Production I.Gが制作しているのはなんとなく知っていたが、たまたまYou tubeで10話迄を視聴。
そんなに観るつもりはなかったが、結局UPされている話数すべてを観てしまった。
なかなか引き込まれる要素がある。
ジョージ・オーウェルの『1984』的な世界を模した(本編でもその話に若干及んでいた)作品であり、検閲と表現(主に知る事に関する)自由の戦いを描いている。
が、主軸はラブコメだったりする(笑)
主軸をラブコメにしたのはこの作品を作品たらしめるためには正解であったと思われる。
つまりここで争われている"本"を巡る闘争を大上段で今の時代にやる事は難しいと思うからだ。
"本"を含めた印刷メディアの活字が以前程チカラをもてなくなってる今の状況を考えれば仕方ない事だ。
情報が一瞬で世界を駆け回る時代に"本"に固執すること自体が時代錯誤であったり、マニアックであったりするのかもしれない。
そんなチカラを無くしつつある"本"を巡って血みどろの抗争をすること自体に意義を感じられない。
たぶん制作者もそのあたりは十分承知の上であろう。
そしてそんな対症療法で検閲と戦う事への不毛さを指摘する物語を作ってバランスをとっていたりもしていた。
この作品は"本"を守る事を表現の自由を検閲から守るということのメタファーとしているのだと思う。
残りの話数は録画して観る事にしよう。
by 16mm | 2008-06-22 20:48 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(10)

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』『イースタン・プロミス』

先週は会社帰りにラブホに2度泊。
別におねえさんと同伴したわけではなく池袋行きの最終の山手線に乗れなかった所為である。
会社近くにもカプセル・ホテルはあるのだが風呂も小さくてなんとなく使いたくないからだ。
オイラは一応の布団と風呂がないと次の日の仕事に確実に響く。
それにしても一泊8000円を2回というのはアホみたいな話である。
今後は気をつけよう。
もうちょっとドライに仕事と付合わなければな。

土曜日、久々に都心で映画を2本。

コンビニで売ってる漫画シリーズで細野不二彦の『ごめんあそばせ』を購入。
結構前の作品であるのだが、なかなかに破壊的なキャラクターが心地良い。
細野には多くの名作があるが自分が一番好きなのは『BLOW UP!』かな。
『ギャラリーフェイク』も当然大好きだが。

映画を観るという事を考えた時、私はやはり水野晴郎の顔を思い出す。
映画評論というよりも映画の紹介者としてTVで見知っていた。
しかし同じようにTVに出ていた淀川長治よりも小森和子よりもずっと身近な存在として自分の中にあった。
映画とはこんなにすばらしいものだ。
単純に言えば水野晴郎はこれだけしか言っていないが、その言葉を素直に信じたのが私だ。
水野晴郎は度を超した映画好きだったとも言える。
自分の身銭を切って映画を作って映画監督にまでなった評論家なぞ私は寡聞にして知らない。
私からすれば映画どころかドラマにすらなっていないようなものを何作も作った事に対し失笑を禁じえなかったわけであるが、そもそも自分のカネでリスクを背負って作った人の作品にとやかくいうのがヤボだという気もする。
口だけの評論家は別として、何年も映画を撮らない"映画監督"がいるなかで水野晴郎は十分立派な映画監督と言っても過言ではない。
映画に対して語るだけでなく、作るという事を含めた映画そのものを愛していたひとだったのだと思う。
水野晴郎の訃報に接し私自身と映画の関わりを考えた。
水野晴郎の顔と例の言葉が頭に響いた。
「サヨナラ、サヨナラ」でも「モア・ベターよ」でもなく、「映画って本当にいいですね」という言葉が私自身の核になっているように思える。
水野晴郎さんのご冥福を衷心よりお祈りいたします。

『週刊真木よう子』
最後の笑顔がなかなか良かったりして(笑)でもそんだけ(笑)

『ギアス』
ちょっとツボなリー・シンクーと天子の関係(笑)別にオイラはロリではないはずだが、指切りにやられました(笑)

今年はまったく度をこしてツキがないなと思いchataさんがブレスをしていたのを聞いて自分も魔除けになんかつけようと思い立った。
が、やはりブレスレットは自分には似合わないだろうなと思い腕時計の革ベルトを金属に改めようとした。
今年の3月に注文。
税抜きで13万円だ(笑)
スイスにオーダーとのことで本日やっときたということで取りにいったところ、片方の留め金が時計にハマらない(笑)
その時点でガックリなのだが、それを時計込みで日本の代理店に持っていき、プレスを若干削る処置をするので更に二週間程かかるとの事。
......
更にこの削る行為に対し"技術料"と称して若干のお金がかかる、かも、と言われて少々キレる。
これは注文した料理に虫が入っていたから取り替えてくれといったら二皿分オカネを請求されたようなものではないか。
技術料は3000円から6000円とのことらしいが、高い安いの問題ではなくそれなりに高いブランドの時計には相応の信頼性も込みである筈だと思っているからである。
お店の人にキレてもしょうがないが最初のブレスレット代以上はビタ一文払わないということと、どうしてもオカネがかかるというのならこのブレスはキャンセルして革ベルトを改めてオーダーすると言っておいた。
......
しかし、そんなに運の良い方ではないが今年のオレはつくづくドンぞこである(笑)

本日ジムに。体重90.45キログラム。
明日は会社で血液検査に。

『攻殻機動隊2.0』。劇場で観るか、DVDを待つか...(笑)観に行っちゃいそう(笑)


映画2本の感想。ネタバレ若干。
by 16mm | 2008-06-15 22:00 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(6)

久しぶりに疲れました(笑)

金曜日夜の仕事が終わらず帰宅しそびれて池袋泊。


土曜日朝に会社に行ってパソコンの状態を見て昼前に会社を出る。
帰宅途中、本屋で『メイキング・オブ・インディ・ジョーンズ』を購入。デカイ、オモイ、ネダンが高い(6000円)で躊躇しつつも中身は濃ゆい(笑)この手の本は全部読まないまでも暇な時にパラパラやるのがいい。オイラはリュック・ベッソンやテリー・ギリアムやジム・キャメロンのこのような本を持っている。やはりメイキング本は買ってしまうな。『インディ...』の新作に言及した部分もあり、詳しくは言えないがなるほどココにひっかけたかという感じ。後はインディが見るアレのシーンはオイラとしては微妙な気分であった。
......
なにを言っているかわかりませんね(笑)これを知ったところで本編の面白さは変わらないと思っている。

家の近くのローソンで『スカイ・クロラ』の"散香(サンカ)マークB"の文鎮付き前売り券を購入。


本日日曜日。朝から会社に行く。昼前に帰宅してジムに行くつもりだったが、ちょうど会社にいた同僚とダラダラおしゃべりしていしまい、結局20時過ぎに帰宅(笑)

DVDの映画をiPod用にコンバートするソフトを使ってみる。2時間ものの変換が16時間かかった(笑)更に設定ミスで字幕が入っていない。しかし、無茶苦茶綺麗。こういう事が出来るとiPod touchが欲しくなる。容量がもっと大きくなったら買おうかな。


『週刊真木よう子』
面白かった。


『ギアス』
これから寝る前に観る事に。


とにかく疲れた。明日もちょっとハードかもしれん。週末は『インディ...』でウサをはらしたいものである。

明日の『スマスマ』はハリソン・フォードが出るらしいので録画予約をしておこう。
by 16mm | 2008-06-08 20:51 | 閑話 | Comments(4)

『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』『僕の彼女はサイボーグ』

本日ジムに。ランニング・マシンで1時間。92.65キログラム。


土曜日。久々に映画2連チャン。
その後で散髪。毎度の事だが、行く度にちっちゃい美容師のおねえさんに気圧されて(笑)眉毛が細くしておる(笑)


『週刊真木よう子』
話自体は目新しくないのだが面白かった。個人的には整形前の顔も好き(笑)


『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
DVD収録のメイキング映像。
メイキング好きの監督が同じくメイキング好きの人間の為に作ったような映像。非常に勉強になる。
冒頭ゴジラが待ちを破壊するシーンは模型を破壊しているのだが、火薬ではなくトンカチでなぎ払っていた(笑)
山崎監督がポストプロダクションで3Dモデリングソフト"Zブラシ"を使っているのを見て、オイラも俄然やる気に(笑)。"Maya"ベースでCGが作られているようだ(デフォルトではなく、使い易いようにカスタマイズはされているのだろうが)。
リアルにする為に(時間やコストの面もあるのだが)模型を使っている所を見ると、自分がやろうとしているフルCGでリアルにということは幻想にすぎないと思えてくる。
『ALWAYS...』自体は名残惜しくても今回で終わりの方が良いと思われる。この手の話は長く続ければ『寅さん』にしかならんだろうから。


ビックコミック誌に載ったちばてつやの『赤い虫』。さすが面白くて上手い。半分リタイヤしている人の作品とは思えない。


どうでもいいのに、読んでしまう"島耕作"が社長になりやがって『社長 島耕作』(笑)。困ったもんだ(笑)


『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』
DVDで一部再見。
冒頭ヘリのシーンが上手い。


『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』『僕の彼女はサイボーグ』
土曜日MOVIXさいたまにて2連チャン。

『相棒 -劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン』
TVドラマとしてやっていたのは知っていたのだがまったく観た事はなかった。
まず『相棒』というタイトルが古くさくて気に入らない。更に今時単なる刑事ドラマを観る気にならない。
それから水谷豊に主演の華が感じられない。これでも『熱中時代』を観ていた世代なんですけどね(笑)
そんな理由で敬遠していた。
今回劇場版を観たのは世間的な評判が良いのと、週刊文春のコラムで小林信彦が褒めていたからに他ならない。
そんなわけで、予備知識皆無、期待もせずに観に行ったら、これが結構面白かった。
内容の骨子がオイラ好みの"日本人への鉄槌"モノだったという事もあるが、物語に引き込む叙情性が巧みであった。
冒頭、空撮から鉄塔の事件現場へ繋がりが良い。
それと照明。TVドラマにない暗さが実にリアルであり、"映画"という雰囲気は十分伝わる。
まったく無関係と思われる描写がラストに向かって一つになっていく様はなかなかドキドキさせられる。
料金分十分に楽しめる映画だったといえる。
ただツッコミどころはいっぱいあるのも事実(笑)
タイトルの古さもさることながら、今時組織の中のハズレ者や独立愚連隊にしてシステムから自由にして行動させる設定は安直すぎる。
それから爆破を最終目的(実は違うのだが)にする割には威力がショボく、ならなぜ爆発させたのか理由がわからない。
TV的なおふざけも気に入らない。犯人に間違えられるランナーが岸谷五朗。演出上サラリと流すシーンであるにも関わらず長々とカットを伸ばしているのは岸谷を長く写したいという意向に他ならない。先導車に乗っているアナウンサーを写すのも余計。
後は好き嫌いの問題になるが、全体が情緒的なウェットな物語であった。これはこのドラマの持ち味であるから否定する事はできない。
クライマックスのオチを台詞で語るというのは明らかに観る側の情緒に訴えるのに有効な手段である。
その演出にそった西田敏行や水谷豊はやはり上手い役者だと思った。
この手のドラマは『踊る大捜査線』と比較してしまう。やはり『踊る...』の方がドライなのである。それは全てを役者の台詞に頼らず、映像で描き切ろう、描けるという演出家の意志の違いであると思われる。
結果的には観て良かったなと思えた。
それから本仮屋ユイカの胸はカッコいい(笑)


『僕の彼女はサイボーグ』
ちょっと期待していたのだが、かなりイマイチ。
一種のタイムトラベルものではあるのだが、オチをふたひねりぐらいしているので観ているオイラの感情の置き所を見失ってしまった。
タイムトラベルのオチで秀逸だと思っているのは『リターナー』なのであるが、あれもオチをひねっているが、ひねられたオチを丁寧に着地するように演出されていた。だからこそ感動的だったわけだ。
『僕の彼女はサイボーグ』はラストのオチとして言いたい事はわかるものの、強いて言えば、着地の後の姿勢の美しさを作るという部分を放棄している。
なので映画を観て感動するという感情の高ぶりを映画のラストに合わせられなかった。
綾瀬はるかという色っぽいはずのネエちゃんをキャスティングしていながら、まったくエロスが感じられない映画である。
その分いやという程グロテスクさはテンコ盛りだ。
いやグロテスクが悪いわけではない。スピルバーグだって相当にグロい演出をするから(笑)
しかし、主演に綾瀬はるかならエロスとしての官能性が映画には必要だったのではないだろうか。
別に濡れ場を作れというわけではないが...。
劇中にちょっとしたファッションショーのようなシーンがあるが、そこはかわいかった。

綾瀬はるかの映画は今年結構公開されるが『ICHI』と『ハッピーフライト』が楽しみかな。両方とも監督がすごいのは分かっているから。

今、『ICHI』のHPに行った。
綾瀬はるかの官能性はこの映画にはあるなと思った。
期待大。
by 16mm | 2008-06-01 20:47 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(8)