<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』

土曜日に会社で自主トレするつもりで池袋に泊まったのだが、気が変わって『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』を観る事に。

映画の帰り、新宿の東急ハンズに歯ブラシのブラシを買いに行った。
ふと耳かきの販売をしてる兄ちゃんがいた。オレは耳垢出やすい体質で耳かきが日常の必需品なのだ。目の前で竹を削っている兄ちゃんと目が合うと気さくに話しかけてきた。オレが使っているのは金属製の耳かきだ。もう慣れてしまったが金属製は結構アタリが硬くて痛いときもあった。しかし、どちらかというと湿った耳垢のオレとしては金属製の方が拭き取り易いだろうと思って使い続けていたのだ。
その兄ちゃんによれば、自分が使っている竹は200年程前のもので、油っけが抜け繊維が密になってつまっているので使用後はティッシュで拭き取る程度で良いとのこと。むしろ湿ったもので拭くより乾いたティッシュの方が良い。竹はアタリが柔らかいし耳に合わせて調整してくれるとの事。
この手の手作りモノに弱いオレは迷う事無く、一番高いスス竹で作って貰う事に。専用ケース込みで3500円ほど。耳かきで3500円とな(笑)でも大事に使えば死ぬ迄使えそうだ。
使ってみるとたしかにアタリは柔らかいし、テッシュで拭き取れる。
今後どんどん油脂でコーティングされて自分だけの耳かきになると思うと嬉しくなる。
"原田の耳かき"
良い買い物したと思う。

本日日曜日ジムに。どうしても1時間で8キロは走れず。がんばって7.5キロ。筋トレ少々。91.95キログラム。

友人から薦められた『銀魂』のアニメを観る。微妙なおもしろさ。Tommy heavenly6の"Pray"というオープニング曲が耳について離れず、CDが欲しい所である。

『スカイ・クロラ』のサントラを購入。非常に心地良い音楽。出来れば特報第一弾で使った曲も入れて欲しかった。
今週の公開が楽しみである。

『スカイ・クロラ』関係の本を片っ端から買っている。すでにムックで3冊。

先週観た『崖の上のポニョ』の事を考える。
というか、大きな御世話だと思いつつも宮崎駿の事を考える。
今後も宮崎は映画を作っていくと思うが、果たして彼自身が作りたいと思うテーマがまだあるのだろうか?
今迄ですでに様々なタイプの映画を作ってきているわけだ。
実はオレ自身に宮崎の映画で今後も観たいという気持ちが無くなったのだ。
それはPodcastや最近のインタビューの記事を読むに付け、以前は確実に逢った現実への切り込みの度合いが薄れてきていると感じたのだ。
少なくとも『ナウシカ』や『ラピュタ』の頃ならファンタジーを作りながらも現実的な接点を残していた。
つまりファンタジーを免罪符にして世界観を安直なものにはしていなかった。
今回の映画についてファンタジーなんだから理屈で考えるな、等と言う事は以前の宮崎にはあり得なかった筈なのだ。
その割には『ポニョ』では未練タラしくDNAがどーたらとか台詞にしたり。
『スター・ウォーズ』でフォースを単なる魔法で済ませておけばよかったものを、とってつけたようにミィディクロリアンなるものをでっちあげて現実味をもたせようとするのと変わらない。
結果的にファンタジーであっても、観ている間はそれが現実のものだと信じられるような世界を宮崎は作ってきたのだ。
それに対しオレは驚嘆し尊敬していたのだ。
作品も最近の言動についてもかなり現実から遊離しズレてしまったようだ。
ジブリでの新人育成についてもまったく現実味のないやり方を滔々と語るあたりで、もう昔のような宮崎はいなくなってしまったんだなと思った。
なので最近は宮崎より押井の言葉をリアルに感じている。

どーでもいいが、昼間明石家さんまの27時間TVに木村拓哉が出ていて、さんまの「バツイチ云々」という言葉を受けて木村拓哉が「(自分は)マルイチだから」とかなんとか言っていた(笑)ほほ〜。木村がTV番組で自分の結婚を控えめながら初めて語ったのかなと思った(笑)

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』
土曜日、新宿ミラノにて。
「生理中なんだ」
冒頭のこの台詞がオリジナルより柔らかくなっていた。映像や音響だけでなく台詞も撮り直しているので、割とオリジナルを観ているオレにしてみればニュアンスの違いを楽しめた。
比較でいえばオリジナルでの全体的な固さはサイボーグとしての固さやクールさとマッチしていた。
田中敦子の草薙素子を演じる経験値のアップが良い形で出ていた。『イノセンス』で山口智子に変わりかけたと聞いたが、そんな事にならずによかった。
ボイス・キャストの演じるニュアンスの違いや、音響や映像の違いでオリジナルとは違う映画にみえた。
特に音響に関しては効果音にハリウッド映画程のハデさは抑えてはいるものの、それでも厚みが増していた。
映像に関しても背景に関しては非常にリッチになって素晴らしいのだが、まだ顔の表情が3DCGと2Dとの間でマッチングがとれていなくて不自然さがあった。
特にオリジナル版の冒頭の少佐が高層から飛び降りるシーンの顔の表情が絶品だっただけに、あまり出来が良いとはいえない3DCGへの差し替えは残念だった。
3DCGキャラに関して言えば、表情が出ないシーンはそれなりにマッチしているし画的にすばらしいものだと思うのだが、やはり上手いアニメーターが鉛筆で描いた表情に匹敵する事はまだできないようだ。
それから今回の一番の変更とも言える、人形使いのボイスキャストの変更。家弓家正から 榊原良子。
オリジナルの女性の義体に男性の声というのが意外性があり素晴らしかったのだ。
オレの印象としては 女性の声に変わった事で物語が変わったかと言えば、そんな事は無かった。
むしろ普通になってしまった。
人形使いが女性になったことで、オリジナルの博物館の天窓を女性器に模した表現は映像を白く飛ばし気味することでかなり薄めていた。
さらにラストのバトーと素子のやり取りはオリジナルどおり。好きな女を別の男に取られたバトーというニュアンスそのままでなんともちぐはぐなのだ。
女性と融合という意味では性的な意味あいはかなり薄まり別のニュアンスを提示している筈なのだがそれが不徹底のためいまいち伝わってこない。
榊原良子自身は実に上手い役者であって新しい生命を与えていたのだが、設定において明らかに押井のミスではないかと感じた。
そうは言っても改めてオレは『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』が好きなんだなと認識した。
DVDが出るのが楽しみである。
by 16mm | 2008-07-27 21:33 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(2)

『崖の上のポニョ』『16ブロック 』

三連休である。

土曜日、母親をつれて『ポニョ』を観に。
同じく土曜日、会社で使っているのと同じペン・タブレットを購入。ペンタブを買うのはこれで3度目くらいだが、買う度に使いこなせないでさっぽったのだが(笑)今回は会社で使用になれてしまい、むしろ自宅での作業に不自由するようになってしまったので。会社のより小さいのを買うつもりだったが結局色違いで同じ大きさのものに。机の上を多少かたしはしたが、窮屈この上ない(笑)それでもかなり作業が良好に。会社ではペン先もタブレットの面の部分もひっかかりが大きいものをつかっているのだが、自宅ではデフォルトのままでもいいようだ(笑)


日曜日、ジムに。ボクササイズを久しぶりにやるつもりでランニングマシンを超軽目でやった。しかしボクササイズ相変らず人気で人が多すぎるので止める事に。初めてやるマシンでの筋トレ少々であがり。しかし、一日置いた今日、少々胸が筋肉痛(笑)91.55キログラム。

『ギアス』
しだいに複雑に深くなっている。毎度同じ事だが次の展開が楽しみである。

『NHK総合「課外授業~ようこそ先輩~」』
録画して視聴。押井守出演。押井のインタビュー等で見聞きしていることではあったが、実際に語られるのを観るとまた印象が違うものだ。街やモノを観る目線(視点)やそれに付随する妄想についての語りは面白かった。

中央公論誌での押井 守と森 博嗣の対談。イマイチ。

『16ブロック』
wowowで録画しておいたものを観る。
ブルース・ウィリスとデヴィッド・モースの組み合わせは『12モンキーズ』と同じだなあとボンヤリと思う。
酔いどれで脚が不自由。ハードボイルドにうってつけの主人公。主に表情や台詞によって成り立つような俳優主体の映画。
そこそこ面白いのだが、いまいち引き込まれない。どうにもあの証人の黒人に思い入れが出来なかった為だろうか。別にキャラクターに思い入れが出来なくてもいいわけではあるが。
一種のバディ・ムービーには違いないが、展開が雑に感じた。
人種の問題を物語の底辺に重く乗せているので、それがオレには実感できないためかもしれない。

『プラネテス』
ひさびさに最終話の3本を観る。やはり面白い。タナベが酸欠寸前になるところの葛藤や、やはりシリトリのプロポーズ(これは原作にある)は上手い。

『BLACK JACK  Treasure Book』
ブラック・ジャックの単行本未収録の作品や作品解説がされている本を見つけた。
小学校高学年か?それ以来見ていなかったシャムの双生児の話が収録されていた。
今から考えると読み飛ばした部分を含めて、かなりの啓蒙的な作品だったのだと思う。
自分の知らない怖い事が世界にはたくさんあり、それを知る事で怖さに立ち向かえる勇気が出るものだと。
私にとって『ブラック・ジャック』はそんな作品だったのだなと思った。

『崖の上のポニョ』ネタバレしますよ。
by 16mm | 2008-07-21 21:40 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(2)

『スピード・レーサー』

本日日曜、ジムに。91.65キログラム。
毎回ランニングマシンにのるのだが、1時間で7キロ以上走れない(笑)できれば1時間10キロ走りたいと思っているのは、高校時代の10キロマラソンでかなり休みながら走って10キロ1時間だったからだ。速いのは40分ぐらいで完走したかな。もっと速かったかもしれんが...


会社でペン・タブレットを使うようになり、自宅でも欲しくなる。


通勤用駅前駐車場の金を土曜日払うつもりが忘れてしまった。


『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』観にこうと思っていたが、ちょっと行けなさそう。どのみちDVDは買うつもりなので、まあいいか。


ブレスレットを金属に換えて常に腕時計をするようになった。以前は日差20秒ぐらいでしだいに遅れていったのだが、いまはなぜか殆ど遅れがなく、最初に5分進めていた状態をキープしている(笑)
やはり常に付けておくと違うのであろうか。
腕時計の重さがなかなか良い。


家でパソコンの前でゴソゴソしている時は『スカイ・クロラ』のサイトでかかる音楽をBGMにしている。
聴き続ければ飽きるとは思うが早くサントラがでないかな。


『SP(エスピー) DVD-BOX』
ひとまずほぼ全てを視聴。面白い。


『スピード・レーサー』
土曜日MOVIXさいたまにて。
これまでどんな映画でもほぼ初日に観ていた所為かもしれんが、本作は二週目。イマイチ観るモチベーションが上がり切らない。客はソコソコの入りであったが二週目にして一日二回の上映になっていた。
「ニンジャというより、ナンジャ」
ってな台詞がでるくらい日本への目配せをしている本作。
エンド・クレジットで吉田竜夫が出た時には素直に感動した。
ところで、
「すべての映画はアニメーションになる」
と言ったのは押井守。
押井をその筆頭に挙げても差し支えはないだろうが、漫画映画と呼ばれていたアニメーションは実写映画からその手触りを解析することで"映画"になっていった。
この場合の"映画"とは実写映画の方法論<レンズ、照明、舞台美術etc...>をアニメーションに持ち込む事で、絵空事であるものに確かな実在感を与えようとすることである。
押井にしても宮崎にしても高畑にしても多少の違いはあれ、この実在感の獲得の為に骨身を削ってきたのだ。
では、実写で撮影すればそれは必ず"映画"足り得るかと言えば差にあらず。
誤解を恐れずに言えば、本作『スピード・レーサー』は"映画"にはなっていなかった。
最先端のデジタル技術を駆使し、実写で漫画映画<1960年代後半から1970年代の>を再現しようという試みをしていたのが本作だと思われる。
デジタルという広大な領域を手に入れる事で実写映画でのカメラ・ポジションや照明の制約からかなり自由になった。
「すべての映画はアニメーションになる」
という言葉が端的に分かる本作。
実写映画でありながら背景、車、群衆、ヒロイン、ヒーローが全て別々の要素に別れていて、それを合成して一つのカットにしている。
実写をアニメーションの方法論で演出するという押井の方法論を時間とカネをリッチにかけて検証したものなのだ。
人物越しにカメラをなめつつワイプさせるなど、今のアニメーションでもやらない事を本作では繰り返しやる。それが監督としては魅力的に見えたのであろう。
クライマックスでヒーローとヒロインが浴びるカメラのフラッシュの形がハートマークになっていたりもした(笑)
しかし、日本人の、もう中年のオイラ(笑)にしてみればこの手の演出は古くさいとしか感じられなかった。
車やコスチュームもオイラからみれば魅力を感じないものだった。
古いものの中に新しいものを見いだそうとし、監督したウォシャウスキー兄弟にはそれが新鮮に映ったのであろう。
それでもアメリカでもあまりウケなかった所をみると、監督が魅力的に感じるほど本作は大衆を捕まえる事はできなかったのではないだろうか。
ランプの光跡やバイザーに映る光は効果的であり、今後カーチェイスのシーンで使われる事もあるだろうとは思った。
アニメーションは実写映画上での制約を意図的に作り込む事で現実感を演出してきた。
たぶんアニメーションの一部は今後もその方向に行くだろう。
逆に実写映画の監督がそれらの制約を制約としか感じなかったからこそ、このような本作がうまれたのだと思う。


今週は『ポニョ』を観に行くつもり。
これについては色々言いたいことがすでに観る前からあったりするのである(笑)
by 16mm | 2008-07-13 20:30 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)

『SP(エスピー) DVD-BOX』

土曜日、ここんとこ毎週になっている会社での自主トレ。
会社にいてもおカネが発生しない自主トレであるので比較的自分の好きなことができる。しかしどんなに軽いレンダリングでも自分の行った設定の結果がでるのに時間がかかるのが3Dのもどかしいところ。
試行錯誤をなるべく多くしておくことが重要なのだが、仕事をやり始めて約1年半。いいかげんなんとかしたいのだが、もう自分のモノ忘れの速さの加速が止められん(笑)
家でソフトが使えるならもうちょっとマシになるのだろうが、現実味がない。

その土曜日会社の帰りに『スピード・レーサー』を観るつもりだったが、最終を観ると家に帰れない事が判明して見送り(笑)
今週の土曜日は歯のメンテナンスもあるし、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』興味があるところである。


日曜ジムをサボる。


先週の7/3木曜日、押井が『笑っていいとも!』出演。You tubeで視聴。無難にこなしていたが、イマイチ押井らしくはないな(笑)
それだけ今回は宣伝に協力的なのであろう。


『岳 7』と『弁護士のくず 7』購入。


『ギアス』
またまた面白い展開。毎回意表をつく展開である。


『リターナー』
DVDをエンコードしてiPodに入れて少し観る。
『三丁目の夕日』で忘れていたが、山崎監督、容赦のないバイオレンスもできるんだよね。やはり何度観てみ名作だな。


『カウントダウン・オブ・"スカイ・クロラ" count.1』
『スカイ・クロラ』の予告DVDのラスト。
なるほど。ティーチャの見方が分かった。たしかにティーチャに思い入れできそうだ。
押井の意図は分かるのだがササクラが30代くらいの男で少女の姿をしたスイトとの交流というのも観てみたいなという気もしていた。


『SP(エスピー) DVD-BOX』
買うかどうか迷いつつも購入。休み中にスペシャル版と特典を除く11話分を全部観る。
緊張感のある画面とある種の熱さを感じる脚本。
すばらしい。
ラストの「邪悪なものが見えた」シーンはやはり何度観てもゾクリとする(笑)
「大義のためだ」
う〜ん。イカス(笑)
しょうがないが副音声がPodcastと同じなのが残念。大変だしそんな暇もないだろうが監督や演出や脚本家の話が実に面白いので新たに新録したものを入れた貰いたかったなと思った。贅沢だとは思うが(笑)


今週も仕事では緊張しそうな展開だ。
by 16mm | 2008-07-06 20:08 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)