<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『舞妓Haaaan!!!』『オーメン(2006年)』

土曜日、撮影の手伝い。
この撮影でデジカメの撮影時にraw+jpegの一番大きいサイズを同時に保存できる設定にした。1Gのメディアでrawだけだと39コマ撮れるが、raw+jpeg だと32コマになる。7コマ少ないがデジカメでメディアをポータブル・ストレージにコピーして使っているので大した問題にはならない筈だ。
それよりも、撮影後rawデータを6時間以上かけてJPEGにしないとストレスのない画像確認ができなかったので、今回のやり方は作業的な効率は良くなるだろうと思われる。

久しぶりに映画に行かない休日。

『人のセックスを笑うな』がどうしても気になるのだが(笑)DVDを買うべきか(笑)。wowowか地上波でやってくれないものだろうかね。

本日、日曜日はいつものようにジムに。ランニングマシン60分+クールダウンの5分でなんとか800kcal。91.85キログラム。
筋トレ少々と、最近身体が硬く感じていて背中を掻くのも(笑)キツかったりするのでストレッチをちゃんとやることにした。

家に誰もおらず、自分も家から一歩もでない日が二日ほどあったのだが、なにかを集中して考えるにはこのような状態はいいかもしれない。おこがましいが、作家をホテルにカンヅメにさせるというのはやはり効果があるんだなと。

Cut誌での宮崎駿語録。
「元・映画監督という肩書き、見たことないでしょう」死ぬまで映画監督。
すげえな宮崎駿(笑)至言だと思う(笑)。

コミックス・ドロウイング誌。
『無限の住人』の沙村広明の御尊顔拝見(笑)今迄観た似顔絵の雰囲気と似ているがもっと温厚なこざっぱりした雰囲気。
イラスト作成のメイキングが興味深いものであった。

『スカイ・クロラ-The Sky Crawlers-絵コンテ』
押井の絵コンテは『天使のたまご』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は持っていた。押井の絵はヘタではないのだが宮崎駿の絵コンテのように素人でも読み物として楽しめるような絵柄ではないと思う。
もっとも絵コンテはほとんどマルチョンの絵でもアニメーターに最低限の意図が伝わればいいので、そんな押井の絵でも丁寧な方である。
『イノセンス』などは欲しいとも思わなかったのだが、今回の『スカイ・クロラ』に関しては内容のガイドとしても欲しいと思っていたのだ。
で、買って正解であった。絵は今迄に無いぐらい丁寧に描いている(押井の絵コンテで一番丁寧なのは『天使のたまご』)ので頁をめくる楽しみがあった。しかし、空戦シーンのコンテは竹内敦志がやっているわけだから、押井と連名にして印税分けた方がよくないか?(笑)
細かい描写を確認していたら、映像が観たくなったよ(笑)早くDVDでないかな(笑)
「"ティーチャ"を撃墜する(キル マイ ファーザー)」
ユーヒチはやっぱりそう言っていたのね。
巻末の押井のインタビューも読み応え十分。
作品をなぜ長くても3年ぐらいで成立させなければいけないのか。沖浦啓之が『スカイ・クロラ』にスタッフとして入っていなかった理由。
絵は描けないがイメージを言葉にする事ができる映画監督の冷静な自己批評と、だからこそ全ては自分を中心にまわっている的な物言いは宮崎駿の言動を知っていると、すごく無責任なように思えた。が、冷静に考えいれば一利はあるなと思えてしまう。
最初は良いかもしれんが、そのうち一緒に仕事をするのがイヤになるんじゃないだろうか、周りのスタッフは。

『ギアス』
とうとう行き着くとこと迄来たか(笑)
ある意味での『エヴァ』に対する対論を言っていたのかなと思った。
DVD集めたくなったなあ。
ちゃんとは分からないまでも、このような話を成立させようと腐心した制作者に感謝すべきかもしれん。
今度はちゃんと終わりそうだな。

『舞妓Haaaan!!!』
地上波放送を録画して視聴。
コメディを基調にミュージカル風の演出が加味されているが、多分日本でミュージカルをやる事に照れたのか(笑)。ドロドロした恋愛話があっても非常にクールに作られている所為かウェットな感じがしない。
実に子気味の良いスピード感は観ていて気持ちよかった。
阿部サダヲが演じる役が突拍子もないのだが、舞妓の女性を美しく撮っているのでバランスがいいと思う。
堤真一親子(笑)の話や携帯電話の使い方など劇作家として宮藤官九郎は超一流だと思う。宮藤は『カムイ外伝』の脚本をかいたようだが、監督が崔洋一じゃあねえ(笑)
堤真一は役によって見た目が変わってしまうというわけではないが、SPにしても鈴木オートにしても今回のナイキにしてもまったく違う役柄を演じ分けているように見えた。それは顔の表情であったり身のこなしであったり声質であったりするのだが、それらを総動員してその役柄になれる人なのだと思う。
デ・ニーロやシャーリーズ・セロンのように外見を変える事から役柄にアプローチするのとは違う方法論を持っているのだろう。


『オーメン(2006年)』
wowowを録画して視聴。
1976年版の『オーメン』が好きで、好きなんだけど夜に一人で観れないぐらいチキンなオイラです(笑)
『オーメン(2006年)』はそのオリジナルのストーリーをほぼ完璧になぞって作られたもので、設定等は現代風にアレンジされている。
リメイクとしては絶品な仕上がりだと思う。
DVD買おうかしら。
オリジナルの不気味さは影を潜め、どちらかというとキューブリックの『シャイニング』のようなテイストで作られている。
登場人物がほぼ同じではあるのだが殺害方法が新しく考え出されている。
印象としてはスタイリッシュなホラーというのだろうか。この手のジャンルに明るくないので分からないが見慣れている人にはあまり怖くは感じないのだろうね。
オレは感じましたよ(笑)ミア・ファローが初めてダミアンに会ったときの雰囲気(笑)。夜中観てたんですけど途中で視聴を止めちゃいましたから(笑)
繊細でリアリティーのある照明が素晴らしいと思う。
古典を現代風にアレンジして成功した作品の一つだと思います。
ただ、リアリティを出す為にスペース・シャトルの爆発や"911"を予言されていた兆しとして出すのはどうなのか。重い現実の悲劇に対して大衆娯楽作品が安易に引き合いに出していいものなのだろうか?というところがひっかかった。
それからラストはオリジナルにはかなわなかったな。
今回の子役も素晴らしい演技の瞬間はあるんだけど、ラストは絶対オリジナル。編集の力だともいうがあの本当の悪魔的な微笑みというのは到底かなわないだろう。
それでも今回の映画。すばらしい出来だと思う。
by 16mm | 2008-08-31 20:29 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(2)

『ハンコック』

本日ジムに。先週と同じくランニング・マシンの傾斜が最大になるようにして、それがランダムに切り替わるようにした。スピードは時速4.8キロメートルぐらいなのだが結構汗をかく。1時間で750Kcal。筋トレ。92.65キログラム。

ビッグコミックオリジナル誌の『岳』。本当にすばらしい。白骨化した者に対する慈しみとそれを待ち続けた者への敬意。「よくがんばった」。こんな単純な言葉が胸をつく。既存の宗教でもこれほどまでに死と対峙はできてはいまい。

Cut誌。宮崎駿のロングインタビュー。その他『DMC』の松山ケンイチや『パコと魔法の絵本』のスタッフ&キャストのインタビューと読み応えだけはあった。

『未来世紀ブラジル』
iPodでエンコードしたものを観る。やはり面白い。もうほぼ古典的名作の域であろう。

『ギアス』
とうとうママが出てきた。それも殺された可哀想な母親ではなくちょっと油断ならない感じで。権謀術数を用い頭のいいことを自慢している男を軽く飛び越える女性性。もしかしたら男って単に純粋でバカなのではないか?(笑)

土日で色々やろうと思っていたのだが、どーにもやる気が起きない。ちょっとシャレにならない気だるさである。

『ハンコック』ネタバレあり。
by 16mm | 2008-08-24 21:29 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(6)

『インクレディブル・ハルク』

夏休み終わり。
休み前に目論んでいた事やりきれずに終了。...暑かったからなあ(笑)

その休み中にオイラが生まれた場所に行ってみようかと思った。生まれたのは東京都足立区千住なのである。写真の記憶なのか自分が見た記憶なのか今となっては判然としないが、2階(1階はラーメン屋さんであった)の物干台から見た何処迄も続く屋根と魚の骨が刺さったようなアンテナの風景。この風景がオイラの原風景というものである。
もう35年はたってしまったその場所に行ってもう一度見てみたいと思ったのだ。
で、近頃話題のGoogle マップである。あのストリートビュー、問題がなくはないのだろうが、実際にその場所に行く前に住所をみて確認の画像を見てみようとした。
したら、まったくわかんなかったよ(笑)当たり前だ(笑)35年たってるんだから(笑)
母親読んで確認したけど、母親も分からないとの事。すぐ近くにあった銭湯。目の前にあった友達の家の電器屋。そして住んでいたラーメン屋も分からなくなっていた。
もう東京には自分の見た風景というのがなくなったんだなと、ちょっとばかりおセンチになったりしたが(笑)
当然、実際に行ったみる計画はやめにして、件のGoogle マップで学生時代のバイト先やその当時好きだった女の家なんかを見てみたりしていたよ(笑)

本日ジムに。ランニング・マシンはいつもの半分ぐらいのスピードにして(ほぼジョギング程度のスピード)傾斜をランダムに設定した。1時間。それでも汗ダラダラ。いつもとほぼ同じぐらいの700kcal消費。他筋トレ少々。91.10キログラム。

『ポニョ』雑感。
リサはなぜ家に戻ったのか?普通に考えれば"ひまわり"に留まっていてもいい筈だ。
理屈でなく感覚で観る、という事をミヤザキも散々喧伝していたが、もはや物語の理屈や構造をじっくり考えられないほど老いたか?
鈴木敏夫のPodcastに押井守が出ていて、やはり感想は死後の世界の話。相変らず鈴木敏夫という男は下品である。喋り言葉の選び方がどうにも品がない。
理屈をつけるというのはある意味下品な作業とも言える。皆が薄々分かってる事にダメ押しで言葉を繋げるからだ。
しかし、ミヤザキの品の良さには鈴木の下品さが必要であったのではないか。
そういう意味で、今回鈴木がミヤザキをほったらかしにしたという事があったのかもしれない。

『ギアス』
家族で晩ご飯食べに行っちゃったので(笑)まだ観てない(笑)

『ICHI』
c0022635_19533352.jpg
カッチョエ〜(笑)
予告編で仕込みを逆手に構えた綾瀬はるかのアップで涙がこぼれるタイミングにシビれました。期待し過ぎもナンですが期待してしまうな。少なくとも『僕の彼女はサイボーグ』になかった官能性がでてますな。


『インクレディブル・ハルク』
まったく期待しないで行ったのだが、結構楽しめる映画であった。
アン・リーが監督した前作がヒドかったのでどーも腰が引けていたのだ。
やはり躊躇した理由はパンツ問題(笑)いや笑い事ではなくこの問題結構切実なんだと思う。
世界観やヴィジュアルをリアルに構築しても、いやリアルにしているからこそ巨大化したハルクのパンツがなぜ破れない?という問題が出てこざるを得ず、それが笑い話にしかならないからだ。
今回制作者達はその問題を冷や汗をかきながら微妙な手で解決していた(笑)
まずハルクの背丈を多分3メートルぐらいに設定していたので、この大きさならまあブカブカの伸びるパンツであれば納得出来る範囲であろう。
ただ問題が問題なだけに面白おかしくツッコマれることは必至であるので、製作していく上ではイタイところだろう。
この手のテーマである"美女と野獣"の典型は魅力的な素材であるのは間違いない。『キングコング』だってそうだ。
女性から見たらどう思うのか分からんが、ブオトコが美しい女性に見初められるというのは男の内なる願望だからねえ(笑)
配役も良かった。やはり主役はどちらかというと無個性の方がいいものだな。主役のエドワード・ノートンより敵役のティム・ロスのアクが強いというのはこの手の物語を成立させる為の理にかなったキャスティングだ。
しかし、ティム・ロス。好きな俳優だしいい役者だと思うんだけど、なぜか軍服の正装が似合わない。なぜだろうと見ていたら顔に対して身体が貧弱だからだ(笑)つーか背もそんなに高くないのかもしれん。普通のスーツやタンクトップ姿。迷彩服なんかは似合っていたのに、ツメ襟になると途端に似合わなくなる。
まあ、しかし、名優に背丈は関係ないのはアル・パチーノを見れば分かるので(笑)
でも今後はあまりツメ襟は止めといた方がいいかもしれん(笑)
リブ・タイラーも知的で魅力的な胸をした女性を好演していた(笑)
で、chataさんに指摘される迄実は全然分からなかったのだが、訓練シーンでヒクソン・グレイシーが出ていたのだ(笑)なんだこのオッサンは、と(笑)まさかヒクソンなんて思うわけないじゃん(笑)
ハルクがブラジルに逃亡して潜伏しているという設定なのでおかしくはない。
グレイシー柔術が護身術を基調としたものと考えれば、この映画の<護るための戦い>というテーマにもマッチしている。
ヒクソンがエドワード・ノートンに繰り出したビンタはマジだったのだろうか(笑)
で、エンディングが流れる一歩手前のワンシーン。マーベル・コミック繋がりで別の映画である筈の『アイアンマン』へのブリッヂが挿入されたいた。
これも手段としては微妙だ。今この時期、すぐに『アイアンマン』が公開される今だから事成立するシーンである。このシーンがDVDやブルーレイに挿入され単体で10年後に観たら何がなんだか分からなくなるんじゃないだろうか?
ウィリアム・ハートとロバート・ダウニーJrという説得力のある名優を起用したからギリギリ成立している部分である。
マーベル・コミック繋がりの話というのが一般に浸透していけばいいのだろうが、はてさて...。


というわけで、夏休みも終わり。これから風呂入って『ギアス』観て(笑)
今週は『ハンコック』が観れたらいいな。
by 16mm | 2008-08-17 20:44 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(4)

2008年第4回更新のお知らせ

本日メインHPにて"Na Ba TeA"をUPいたしました。
お暇な方、ご覧いただければ幸いです。

タイトルは、言い訳はいたしません(笑)
はい、『スカイ・クロラ』シリーズの『ナ・バ・テア None But Air』からとりました(笑)
それのローマ字読みでございます(笑)

当方の夏休み中にアップできてホっといたしました。
モデルさんにもお待たせしちゃいましたしね。
by 16mm | 2008-08-17 00:08 | メインHPと更新のお知らせ | Trackback | Comments(4)

『ダークナイト』

土曜日から夏休み。
一応休み中にやりとげたい事はあるのだが、果たしどうなることやら(笑)
世間はオリンピックだが、当方まったく興味がなく。なのでいつもとかわらず映画ネタとデブネタでブログを埋めるつもりである(笑)

日曜日。ジムに。91.65キログラム。

押井本の『スカイ・クロラ オフィシャルガイド Material』と『アニメはいかに夢を見るか-「スカイ・クロラ」制作の現場から』を購入。全部ではないし全てを買うつもりは無いが押井本というとかなり見境無くなっている。

ちょっと前の話だが、ヤングサンデー誌が廃刊だか休刊だかになった。オレが学生時代なのでもう20年前になるか、細野不二彦の『ママ』目当てで読んでいた。その他六田登の『ICHIGO 二都物語』など。こないだコンビニで『ICHIGO 二都物語』が出ていたのでついつい買ってしまった。ノスタルジーもあるだろうが、やはり面白かったな。

NHK "プロフェッショナル 仕事の流儀"で宮崎駿の特集。録画して視聴。
この番組気になる有名人を特集したりするのでたまに観るのだが、司会の二人が本当にイライラするほどアホ。
片割れの脳科学者とかいう男が「ミヤザキさんにとって映画を作るとはなんですか云々」などと陳腐もいいところのどうでもいい事を聞きやがる。
ミヤザキはバカ正直に生真面目に創作上での苦悩やら予定調和を否定した上でもう一段創作の階段をあがろうとあがく部分を吐露していたというのに、そこからまったく話が広げられない。
あの脳科学者がどれほどの者かは知らんが、偏差値30ぐらいの大学を出たオイラから見ても無能と思える人間をNHKはなぜ登用し続けるのか。
折角の権力を行使して民放では特集出来ないような人物にスポットをあてて番組を作っているというのに(あ、民放では『情熱大陸』があったか)クズのような司会者で台無しになっている。
一応受信料払ってるんだから、なんとかしろよな。
で、肝心の中身であるが、やはり宮崎老いたなと感じた。
今迄散々楽しませてもらったので貶すことはしないが、譲る後進がいないジブリであってもボチボチ引退した方がいいかもしれん。
またまたTVの前でアニメーターを罵倒してるし。全体を統轄している人間がすることではないよな。現場を萎縮させてどーすんだ。
できればのんびりと漫画やモデルグラフィックス誌で戦記ものの絵物語を描いてもらいたいな。
そっちの方を強く希望したい。

DVDで『ノーカントリー』を購入。

『ギアス』
希望の無い世界で、自分の信念で死ぬ事すらできないスザク。毎週これでもかという悲劇を重ねていく。この調子だと最終回に感動的な希望を用意しているのかな?と思ったりしている(笑)
どちらにしてもヌルくならない展開を今後も期待したい。

『ダークナイト』ネタバレあるよ。
by 16mm | 2008-08-10 22:27 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(6)

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』

本日日曜日、ジムに。
どうあっても1時間で8キロは走れない。7.7キロぐらいがせいぜい。
軽く筋トレして終了。
90.65キログラム。少しずつ落ちているのかな(笑)


それほどギャグ漫画に興味があったわけではないので、赤塚不二夫の漫画を読んだ記憶というのはほとんどない。
しかし、オイラが初めて読んだ漫画入門は赤塚不二夫のそれだった。
漫画家がどんな道具を使い、どんなテクニックを使っているのかに触れた最初であった。
ペン先の種類、スクリーントーン、ケント紙、キリバリ、烏口、証券用インクetc...。
結局オイラは漫画家にはなれなかったが、それを読んだ一時期どれほど心が満たされた事か。
ギャグにはまったく詳しくないのだが、いろんな作家が出てきた中で赤塚の衝撃というのは相当なものだったのではないだろうか。
オイラで言う所の大友ショックと同じぐらいなものをギャグ漫画家達に与えたと思っている。
謹んでご冥福をお祈りしたい。


『ギアス』
放映時間にメシを食いに行ってまだ未見。


先週、押井の本二冊購入。
まだこの人は理屈を言えるエネルギーがあると確信(笑)まだ次作を期待してしまう(笑)
いつものように裏切られると思うが(笑)


『銀魂』
Tommy heavenly6の『Pray』をヘビロテで聴きまくり(笑)


You Tubeでさんまの27時間TVを断片的に視聴。面白い。ラストのビギンの『笑顔のまんま』もすばらしい。CDでないかな。

『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』ネタバレあります。
by 16mm | 2008-08-03 21:22 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(6)