<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『チェンジリング』『BLOOD+』

「◯◯くん(オレの名前)は今でも戦っている眼をしていますね」
と、とある年長者に言われた。
「いや〜、そんな事ないっすよ。勘弁してくださいよ。ワタシなんてヒツジの皮を被ったヤギっていわれてるんですから。メェェ〜(笑)」
「......」
一瞬で凍り付く周囲。こういう時、アドリブがきかないオイラは更に墓穴を掘る(笑)
「いや〜、チンチンも皮、被ってますが(笑)」
「......」
取り返しのつかない状況ってのはこういう状態なわけだな(笑)
うはははは(笑)


なんとなく思い出した言葉。
"鏖殺(みなごろし)の雄叫びをあげ戦いの犬を野にはなて"-W.シェイクスピア。
押井と藤原カムイの『犬狼伝説』の冒頭にあった一文。
好きな言葉だったのだが今まで忘れていた。


土曜日、会社でMaya自主トレ。
本格的にモデリングの練習をするのにちょっと大きめのフィギュアを買おうかと真剣に悩み中。


日曜日、ジムに。筋トレとボクシング。92.75キログラム。帰り、インストラクターが雑誌に載っているとのことで立ち読みしにコンビニに。


おお。情熱大陸で秋本治か。観なくちゃ。


『BLOOD+』
iPodで全部観終わり。
面白かった。
だがやはり、彼らが喋る言語の問題は結構致命的な設定ミスのようにも思われる。
なぜなら、血が繋がらなくとも愛情という思い込みだけで人は家族になれるのか?というテーマがあるからだと思う。
大きく言えば人種や性別、身体的な特徴も関係なく血縁のような関係を築く事ができるのか?ということで、それには例えば英語を喋っているであろうデヴィッドと流暢に英語が喋れるとは思えないカイがなぜコミュニケーションがとれるのか。
字幕にする、片言でしゃべらせるetc...
コミュニケーションの多くを言葉や文字に依拠している以上、どうやって意志の伝達をしているのかというのを納得のいくかたちで提示するべきであったと思う。
ハジが最後に
「ナンクルナイサ」
という台詞が実によかったと思うので、言葉の問題は丁寧にやってもらいたかった。
それから最終回のエンディングが前半の元ちとせの"語り継ぐこと"で絶妙にシメているというのならOpも"青空のナミダ"に戻してもらいたかった。
あの『ギアス』でも歌ってた最悪なチームが担当したOp。
気のせいかOpアニメーションもなげやりな感じの作りに思えたりして(笑)
"雷音"というタイトルはカッコいいのに(笑)
ラストで小夜の眠る場所にきたカイがハジが来たのを知ってキョロキョロと落ち着き無く動くのがわざとらしい(笑)
まぁ、そうは言っても全体的には大満足の出来。
ハジがすごくカッコよかった。
果てし無い流れの果てまで小夜を待ち続けるハジ。
カッコいいじゃないか。


『チェンジリング』
土曜日、109シネマズ菖蒲。
イーストウッドの映画。
このジジイがこんなになると誰が予想していたろうか。
すくなくとも1992年の『許されざる者』を監督しオスカーの作品賞と監督賞を受賞するまで世間的な評価はアメリカ人の中でも高くなかったと思う。
それは1990年公開の『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』でイーストウッドは揶揄の対象になっていたと思われるから。
揶揄でないにしても、今のイーストウッドに対し『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』のような扱いはできまい。
御歳80歳。老人がこれほどまでにハードで丁寧な映画を作る事ができるという事実は尊敬に値する。
その作品からイーストウッドが監督することを老害などと言う者はおるまい。
歳を重ねてこれほどまでに粘りのある作品をつくる事ができる。
かなり特異な例になるのかもしれん。
処刑前の犯人に会いにやってきて、最終的に面会室から犯人が連れ出されてしまうシーンがあるのだが、それをカメラは連れ出された方から見ている。
つまりコリンズ婦人が檻の中にいるように撮っているのだ。
コリンズ婦人が息子に父親がいない理由を告げるのも実に自然でくどくなく、そして端的な表現。
演出の奥深さが垣間見れる。
1928年の街並や空間をつくり出す力といい、俳優を的確にキャスティングする力といい、ずば抜けていると言わざるをえまい。
淡々と進みながらまったく飽きさせず時間を感じさせない。
なんといってもライティングがいい。
オーソドックス風を装いつつ、濃い影と飛び上がった光をつくり出したタッチがたまらなくいい。
キャストはアンジェリーナ・ジョリーがすごく良かったけど、犯人の甥のサンフォードをやった子役?がかなりすばらしかった。
こういうところに俳優をちゃんと見ているイーストウッドの慧眼を感じる。
内容については語るのはヤボなので。
ただオイラは男で子供もいないのでピンとこないのだが、女性の自分の子供に対する執着というものは男には、オイラには絶対理解できないのかもしれないと思ったりした。
まさに血を分けた者、血の繋がりを間違いなく感じる事ができているのだろう。
アンジーの演技を観て、北朝鮮に子供を拉致された親御さんの心情がより鮮明に分かったような気がした。
憎むべき犯人もそうだが、自分達を守ってくれる筈の国家がまるで機能してくれない苛立。
こんなじゃ心がどんどん疲弊していくよな。
この映画、アカデミー作品賞はノミネートされてないけど、次作の『グランドトリノ』が候補にあがってるから、さらにそっちの方がいいのかな。


『ウォッチメン』と『ザ・バンク -堕ちた巨像-』って映画が楽しみだな。
『ワルキューレ』も楽しみ。"ワルキューレ"ってドイツ語での発音って"ヴァルキリー"になるみたいね。


明日は米アカデミー賞だな。字幕版の再放送を録画しとくとしよう。


今週は色々買うよ。
『スカイ・クロラ』DVD。『ぐるりのこと』DVD。
『岳』『プルートゥ』のコミックス。
あとは...まだあったような気がするが、買う時に思い出すであろう(笑)
by 16mm | 2009-02-22 19:58 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(6)

『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』

昨年末ぐらいからか、駅からキオスクが無くなってきた。
オイラ最寄りの駅もご多分にもれず無くなり、非常に不便になっている。


土曜日、会社で自主練。非常に簡単なものと分かっているのにほぼ一日かかってしまった。
帰りがけに『少年メリケンサック』を観ようと思ったが、なんとなく喉が調子悪そうなので中止に。


日曜日。ジムに。ボクシングと筋トレ。ボクシングの動きについていけるようになったが、終わった後、結構息があがる(笑)
92.40キログラム。
その後終日、HP画像とその他のレタッチ作業。


今日コンビニで。
レジ前で並んでいると、女子幼稚園生とおぼしき小さい人がやってきて
女子幼稚園生「おじさま、わたしを買ってくださらない」
オイラ「!?」
女子幼稚園生「わたしを買って欲しいの」
オイラ「???」
よく見たらその女子幼稚園生の手にタワシが握られていた(笑)
当然のごとくオイラの前に割り込んで先にレジにタワシを置いた。
んで、行きがかり上カネを払ってやるとそのまま礼も言わずに出て行ってしまった...。
夢か?これは夢なのか(笑)
この場合「わたしを買って」やタワシをワタシと言い間違えた事に萌えたわけではなく(笑)ひとえに"おぢさま"と呼ばれた事でポーっとしてしまったのだ(笑)
不覚にも(笑)
「いや〜、もう抱いて〜」
っていいうぐらい萌えてしまいました(笑)
ロリコンぢゃないっすけど(笑)


『BLOOD+』
己の不明を恥じるが、"赤い盾"崩壊後の小夜の声が実にいい。
それまでの気合いの抜けたかけ声はこの後半との対比を狙ったものだったのか?
低くドスのこもった感じが実にいい。
話もどんどん面白くなってきている。
ただやはり言語の問題は納得いかんが(笑)


『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』
wowowでの録画を視聴。
ものすごくお金をかけた昔のB級ホラーのような展開。特に若造とビッチな娘のパートなどはそのお約束を踏襲している(笑)
なんとなく観ておこう程度だったので、特に感慨もない。
劇場で観なくて良かったと思うぐらい。
会社の同僚に言われた事があるのだが、プレデターって素顔の上に甲冑というかヘルメットをかぶっているのだが、造形上これをかぶると非常に頭でっかちになって不格好(笑)
映画ではその辺りを上手く処理はしているようだが、 フィギュアになると結構カッコ悪く見えたりするな(笑)


先週の土曜日から公開と思っていた『チェンジリング』が今週末から。
たぶん今週はそれを観るだろう。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』はやはりパスしとこうかな。


メモ
特集ドラマ『お買い物』|NHKドラマ
2009年2月14日(土) 総合 午後9:00~10:13
再放送のチェック。
by 16mm | 2009-02-15 20:45 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)

『ヘブンズ・ドア』

"曇天"のCDを買った。
映画に行って、終日カメラ店に入り浸る。


『DRAGONBALL EVOLUTION』は昔の『ベスト・キッド』みたいだなあ(笑)。


『BLOOD+』。面白いし引きつけられるんだけど、登場人物達が平気でベトナムやロシアで日本語を喋るのが気になる。その地の言葉で喋って字幕を出すというのは論外であろうから、彼らが他言語に精通しているという設定を見せるべきだったのではないだろうか?
その辺りの違和感が非常に気になるし、ハッキリ言えば致命的にダメなポイントだと思う。
オリジナルビデオ版は字幕を出していたからね。


細田守監督 『サマーウォーズ』。今年夏公開。


宮崎あおい、すごく魅力的だねえ、と思った『少年メリケンサック』。


『ヘブンズ・ドア』
109シネマズ菖蒲。
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』とどちらにするか迷って、結局3時間近い上映時間はちょっとキツかろうと思い『ヘブンズ・ドア』に。
『鉄コン筋クリート』のマイケル・アリアス監督作品。
『鉄コン筋クリート』をまともに観ていないオイラだがあの空間の美術的価値とも言うべきものを作った事に関しては畏怖の念をいだいていた。
で、今作は『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』という(オイラ未見)原作があるものの、明らかに『鉄コン筋クリート』のテイストが息づいていると感じられた。
監督の背景を切り取るセンスがすばらしい。
リドリー・スコットが『ブラック・レイン』で所謂ガイジンの眼で日本を切り取った時の衝撃以上のものがあった。
ロケ撮影っぽくありながら絶対監督の美術的嗜好をもとに作り込まれている背景が眼をひいた。
どのカットもすばらしく画になっている。
というか、画になるような場所を努力して探した結果であろう。
日本だってこんなに魅力的な背景があるんだということを思い知らされた。
ただ作劇的には退屈になることもあったのだが、ちょうど中盤、雨の中でのダンス・シーンが良かった。
『フィッシャー・キング』での駅構内でのダンス・シーンと同様、ちょっとした非日常を入れると緊張感がうまれるものだ。
全体的にマイク・アリアスの演出はシブく、破綻の無くであった。
ただ、ヒロイン役の女の子がやや力不足。
死に逝く者を受けとめるだけの母性など、年齢的に出せるはずも無いのだが、それが映画全体の力を弱めていると感じられた。
長瀬智也は主人公としての演技をまっとうして好印象。
脇を固める三浦友和、田中泯、大倉孝二は出しゃばらずに上手い具合に作品にはまっていた。
大きくインパクトに欠ける映画であったが、アリアス監督の次作には期待したい。
DVDは買わないだろう。


今週末は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『チェンジリング』に行く予定だ。
どーも『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』は興味がわかない。
by 16mm | 2009-02-11 21:10 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)

『BLOOD+』

chataさんオススメの"アイモ" "Infinity" "ダイアモンド クレバス""蒼のエーテル"を聴く。
ついでにYouTubeで菅野よう子の映像を観る。フニャラ〜とした感じでどうして漢なサウンドをつくれるのか。
彼女のレパートリーの広さを考えると、川井憲次の音楽の引き出しが一つしかないという意味が分かる。
ただ川井憲次の引き出しはとてつもなく深いわけだが。


日本インターネット映画大賞での結果発表。
やはり『おくりびと』は強いね。
個人的な思いとしては『ぐるりのこと。』なのだがなあ(笑)
それよりも『私は貝になりたい』が思いのほか順位が低かった。
...むう。嗜好の違いなんだろうかねえ。
洋画は『ダークナイト』の圧勝。
ところでサイバラはブログのなかで『ダークナイト』を<なぜアメリカのヒーローは悩むのか?なぜ出てくるヒロインがブサイクなのか?>的な事を言っていたが(笑)非常に溜飲が下がった(笑)。


『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』か『ヘブンズ・ドア』かを迷って、というか、どちらを先に観るかを迷って、結局どちらも行かず(笑)今週はどちらか行きたいものだ。


先週の火曜日。朝歯を磨いてたら上の歯の犬歯の付け根にかぶせていたものが取れちゃって神経があらわに(笑)
会社を15時で上がって行きつけの歯科医院に。飛び込みで治療してくれたのは有り難い。液体飲むだけで滲みてたので助かった。
ブラッシングの力を弱めるようにと注意される。


日曜日。ジムに。いつものように筋トレとストレッチとボクシングで一時間チョイ。風呂に入って帰ってくる。
92.25キログラム。


『銭ゲバ』
なんだか台詞がどんどん陳腐になってきた。
観ていてかったるい。
たぶん視聴中断。


『銀魂』3年目を観る。
主題歌の『曇天』がいい。
その主題歌をバックに動くオープニング・アニメーションも見事。好きなのは横移動でビルを走ってカットが変わって縦の移動になってビルがせりあがってくる所のさっちゃんの動き。
それと銀さんの殺陣と咆哮。
『銀魂』のオープニングやエンディングは好みのものが多く、割とCDを買ってたりしている。
TVアニメーションでこんなに手間かけて良いのか?というぐらいのコリよう。
回によってはオープニングとエンディングを逆にしたり、オープニングをすっとばしたり。オープニングやエンディングのアニメーションを部分的に変えたりと。
この作品に対するスタッフの愛情が伺える。
『銀魂』は『うる星やつら』や『ルパン三世』のように、その時々の演出家が盛り込みたい要素を受けとめる事ができるほどに器と懐の深い作品なのだと思う。
アニメーションの全体の作風が押井が演出してた頃の『うる星やつら』のような
登場人物のモノローグによる心理描写などがすごく面白い。
時代設定も明治維新前の江戸時代が延々と続いているような設定で、ある意味長大なモラトリアムの時代を生きている。
時代の夜明け、などと明けてしまったらどんなにくだらない事が待っているのか、うすうす分かっているからこそのモラトリアムと逃避を時代全体がやっているような。
そこまで深読みすることは勿論ないのだが、押井が昔使っていた学園祭前夜や祭りの前日をエンドレスでやっていたのと同じ。祭りの前夜が一番楽しいのだ。


『BLOOD+』
会社の友人からデータを貰う。
面白い。
黄瀬和哉のオープニングもいい。上手い。
まだ
前半もソコソコの部分しかみていないのでなんとも言えないが、作品としての作画の水準にブレがなくて高水準。
さすがにProduction I.Gというところか。
アクションがない回であっても、演出と謎解きの要素を加味して飽きさせない。
よせば良いのにウィキペディアで物語の設定と顛末を読んでしまったが(笑)ますます興味深くなった(笑)。
ヴァンパイヤという設定は非常にエロティックな要素が含まれている。
制作側もそれを承知でその要素を適度に、そして的確に入れ込んでいる。
ただ、主演の女の子の声がイマイチ気合いが足りない(笑)
あれじゃ戦えんだろ(笑)
それでも『ギアス』と同じぐらい楽しみになった。
by 16mm | 2009-02-08 19:49 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(2)

追悼 鳥海 永行    『SmaSTATION!!presents SMAPがんばりますっ!!』

鳥海 永行という知らない人は知らないし、知ってる人もそう多くないアニメーションの監督がいる。
作品を言えばオイラの世代だと『科学忍者隊ガッチャマン』とか『破裏拳ポリマー』を観ていた。
後々知恵がつくと忍法を科学って意味わかんなくね?wっ的なツッコミを入れたりしたが(笑)
後年、鳥海が押井の師匠だと聞いてから意識して観たものに『エリア88』(すごく面白かった記憶)と『LILY C.A.T』(無難な面白さ)を当時主流であったオリジナル・ビデオ・アニメーションとして観た。
鳥海の元から監督になった者は多い。その代表格と言えるのが押井だろう。
押井の本を読むにつけ鳥海がいなかったら多分今の押井は無く、いまよりもっとマイナーで名前も出てこない監督になっていたと思う。
その鳥海が2009年1月23日に67歳で死去された。
主に幼少の頃を楽しませてもらった作品を作った監督としてオイラは感謝している。
ご冥福を衷心よりお祈りする。


観たい映画がない。
今週末以降であれば『ベンジャミン・バトンー数奇な人生ー』と『チェンジリング』が観たいな。


メインと言うほどには更新が滞っている(笑)HPのカウンターのサービスが3月で切れるらしい。
それまでに他のカウンターを見つけなければな。


本日スポーツジム。筋トレとボクシング。ボクシングのコンビネーションが変わると即座に対応出来ない所に老いを感じる(笑)
インストラクターの動きを良く見て真似ようとしているが、どうにも動きのカッコ良さがでないな(笑)
93キログラム。


土曜日、歯のメンテナンス。
受付のおねいさんに「あけましておめでとうですね」と言われて今年初めての通院だったと気がついた(笑)
焦って「おめでとうございます」と返す。
先生からカメラの話その他を聴く。話を聴くと物欲が刺激される。


ちょっと前から『マクロスF』のOP2、"ライオン" ヘビーローテーション中。
♪生き残りたい 生き残りたい まだ生きてたくなる
歌詞もいいけど、菅野よう子の曲とアレンジはいつもながらの厚み。


風邪は治ったものの喉がゴロゴロしている。加湿器作動。
土日はジムと歯のメンテに行く以外は布団でゴロゴロしていた。
たまにパソコンに張り付いても根気が続かぬ(笑)


土曜日の21時。『銭ゲバ』と『アルマゲドン』と『SmaSTATION!!presents SMAPがんばりますっ!!』をザッピングしながら観る。
スマップだけ録画することにした。
『アルマゲドン』劇場でも観たし、その後何度が観ているのだがこの泣かせな映画がいつも引っかかって観てしまう。
荒唐無稽と思っていてもある種の情に訴える部分がある。
ブルース・ウィリスの親父の雰囲気はいい。皺の感じがいいのだろう。
んで、リブ・タイラーの殺人的な美しさは相変らず。
CGと思われがちだがパリに落下した隕石の爆発シーンは土地を造成した一発撮りで、後で街を合成したらしい。

『SmaSTATION!!presents SMAPがんばりますっ!!』
非常に中身の濃ゆい番組。面白かった(笑)。
ジャニー喜多川、本当に「Youたち」って言うんだ(笑)。
番組的の事務所への配慮か、森且行はもともとSMAPにいなかったかのように構成されていた。
それともそれを強烈に意識させておいて、後でメンバーに森の名前を言わせる事でグループとしての結束をアピールしようという演出か。
どちらにしても彼らはたいした者たちである。
それにしても稲垣吾郎という人は他のメンバーのなかで異物感があるなあ。
でもこの異質で異物感があるからグループとして飽きられないのかもしれん。


『クエスト 探求者たち』
日曜日wowowの番組を録画。
映画監督の崔洋一の特集。
この手の番組は好きなのでつい見てしまう。
『情熱大陸』とか『プロフェッショナル 仕事の流儀』などと同じ類いの番組。『プロフェッショナル 仕事の流儀』は司会がヘボなのに全面に出てきて鼻持ちならない。
やはりインタビュアーが画面に過度に出てこない方がいい。よっぽど上手い司会者ならいいが。
崔洋一の『カムイ外伝』のメイキングをメインに構成されている。
崔の監督としての手腕は『血と骨』で最低と決めつけているのだが、件の『カムイ外伝』は期待できそうな映像。
それでも過度に期待はしないが(笑)
マツケンのカムイはなかなかハマっていたように思う。
by 16mm | 2009-02-01 19:02 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(6)