<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 EVANGELION:2.0』

鬱陶しくイラついた週末が終わった。
本当に週末イラついたな。
ビール一本だけだけどヤケ酒になったな(笑)
今はもうどーでも良くなったが(笑)。


マイケル・ジャクソンが死去。
今でもそうだが洋楽にほとんど興味が持てないのでまったく語れない。
そんなオイラでも名前を忘れずにいれたぐらいの大スターだった。
彼に限らずこのところ有名所で立派な仕事をしていた人が次々に亡くなっている。
合掌。


土曜日、ヘアカット。


日曜日、ジム。筋トレ、ストレッチ、ボクシング。92.35キログラム。


『東のエデン』をDVDに全て焼き終わる。


児童ポルノ禁止法改正案の審議。
本当にイラつく。
この法案が通ったらオレでもパクられる。
ロリではないオレだって部屋中探せば絶対出てくるよ(笑)。
あ、オイラの子供の頃のアルバムにチンチン丸だしの写真があったっけ(笑)。赤んボの時のだけどそれも対象ということだわな(笑)。
兎に角、わかった。
この一点で葉梨某のいる自民党には票は絶対に入れない。


『機動戦士ガンダム THE ORIGIN (19) ソロモン編・前』
待望の新刊。
マ・クベの時もそうであったが、TV版や劇場版ではイマイチ魅力を感じなかった登場人物を掘り下げて物語に挿入している。
なかにはやり過ぎて別の破綻を起こしてる部分もあるにはあるのだが(笑)。
今回の巻ではドズルが非常に魅力的に描かれている。
「いけ ゼナ!! ミネバとともに!!」
という台詞を言った時のドズルの表情のなんと優しげな事よ。
続刊は年末まで待たなくちゃか。長いな。


『誰かが行かねば、道はできない -木村大作と映画の映像』
映画の撮影監督である木村大作のインタビュー本。
TVの"情熱大陸"を観てからその横柄さに閉口して「いけすかねえジジイだ」と思った。
案の定インタビューもオレがオレがの自慢話に終始していた。
オイラは職人気質がウリの人間とは距離を置きたいのだ。
気になるトピックスをザッピングしながら読む。
この本を買ったのは映画を作るということについて割と俯瞰して見れるのではないかと思ったからだが、木村の自慢話を話半分に読めば結構面白い読み物ではあった。
木村の撮影で思い出されるのが『華の乱』で眼鏡のレンズをハイライトで飛ばして眼の表情を分からなくするというのがあったが、それについては語ってなかったな。
その効果が結構好きなのだが。
『劒岳 点の記』のポスターが木村になっているが、職人が撮った映画として売り出そうとしてるのかな。


『B砂漠の40日間』
上記の木村大作の本も高かったが、それ以上に高たったののがこの『B砂漠の40日間』。
本屋で横目でチラ見した瞬間に身体が止まったよ(笑)。
「メビウスだ」
平積みされていたその本の一番上だけが中身が見れる状態で、後はビニ本状態(笑)。
中身を見て速攻でレジに(笑)。5000円だよ(笑)。
メビウスの本は学生時代に買った洋書で二冊持っている。
メビウスの画は見ると真似したくなり、なおかつ真似しやすい絵柄だと思う。
これは大友克洋も寺田克也との対談で言っていたことがだ
「上手いヤツはスクリーントーンを使わなくても上手い」
ということだ。
短いストロークのタッチを使って陰影を出すが、その線は非常に軽やか。
オイラも散々真似したし、日本人のプロの漫画家でもたくさんのフォロワーがいる。
一般的にメビウスと言ってもなかなか分からんだろうが、昔セガサターンのシフトで『パンツァードラグーン』というゲームがあったがそれのパッケージイラストを描いたんだけど、たとえが古すぎるか(笑)。
もう見てるだけで至福な、線そのものが官能をおびていることもあるんだな。
長生きしてもらいたいものだ。


『ポニョはこうして生まれた。~宮崎駿の思考過程~』が今週発売なので、本編は買わないがこっちは買う(笑)

『ヱヴァ』の感想。ネタバレなので観る予定の人はすぐに劇場に走れ(笑)
by 16mm | 2009-06-28 20:29 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(9)

『トランスフォーマー/リベンジ』

先週は色々と盛り沢山の日々であった。
仕事の疲れというよりもそれらの情報量にアテられた気分。


土曜日、歯のメンテへ。
治療後に先生とカメラ話。
やはりLUMIX DMC-GH1Kが欲しくなる。オイラとしてはデジカメに光学ファインダー要らないな。液晶ファインダーにして情報を集約した方が使い勝手がいい。


日曜日。ジムに。筋トレとストレッチ。ボクシング。93.75キログラム。


朝の通勤時にちょっぴり聴いている文化放送の『吉田照美 ソコダイジナトコ』のアシストである唐橋ユミが携帯電話用の配信で会津弁による『智恵子抄』の朗読がダウンロードできる。
いや〜。非常に素朴で良い声だなあ。タマランですなあ(笑)。
今まで朗読というものに興味がなかったのだが、なかなか良いものだと思った。


ダ・ヴィンチ誌で西原の特集。買わずに入れるか(笑)。
毎度ながら西原の教養の深さに驚かされる。
ゾクリとするような真実をザクリと突いてくるね(笑)
"男の子って自分を強くしてくれる鉄のものが好きですよねえ。<中略>時計に車に電車でしょ。カメラもそれと一緒。要するに男の子はツールがないと外部と接触できないんだなって、......"
『いけちゃんとぼく』、観たいけど近くでやらないんだよな。拡大で上映してくれないかしらん。


Cut誌購入。
北野武、押井守、クリント・イーストウッドetc...興味のある人物が山盛りなのでホクホクしながら読む。


『東のエデン』
最終回。エンディングで続きを二部構成の劇場版として公開するらしい。
多分限定公開なのかもしれないけど。
折角TVという媒体で多くの人間を引きつけておいて、映画で続きをだすというのは「どーよ」ってな感じ。
どうせ劇場ではそうそう観客は入らないだろうからTVでそれをやれば良いのにと思うのだが。
TV版としての最終回はなかなか面白かった。様々な謎を謎のままにしておいてひとまずの締めくくりが出来たのは、滝沢が例の指でミサイルを撃ち落とすシーンを観る事ができたからだと思う。
ラストはガラクタの白馬の王子が誕生したところで終わる。
録画は全話完全に出来たので全部通しで再見するつもりである。
神山監督というのは本当に良くも悪くも真面目だなと思う。
押井のように部分的な不真面目さを出さずに、兎に角非常に優等生なのだ。皮肉ではなく。
なので『パト2』での押井に対する現在からの答えを神山監督が必死になって出したんだろう。
明らかに『スカイ・クロラ』のカンナミ・ユーヒチのキャラを出し、そしてそれは押井の隠喩であり、ミサイルを撃つだけで状況は変わる訳は無いという神山監督のアンサー。
しかしである。神山監督の答えというものは『東のエデン』だけで言えば、実際にミサイルを撃った者がいなければ成立しないものだ。
放たれたミサイルを撃ち落とす。
したがってミサイルが放たれなければそもそも答えとして成立しない。
そう考える続きである王子になってからの話というものが神山監督の本当の答えになるのかもしれん。


今年は本当に印象深い人が立て続けに亡くなっている。
それを考えると相当に重くなる。
ノアの三沢光晴選手が亡くなったが、更にテッド・タナベまでもが亡くなった。
オイラは今まで2度しかナマのプロレスは観たことがない。
一度はみちのくプロレスを見に会津までいったとき。
二度目は後楽園ホ−ルでFMWを観に行ったとき。
テッド・タナベはプロレスのレフェリーだ。
一度目のみちのくプロレスの時にもレフェリングしていた筈なのだが、覚えていない。
二度目のFMWでのテッド・タナベが印象深かった。
たしか前座の試合だったのだと思うが、コロコロと丸い身体で機敏に動き、それがカッコよかったのだ。
その試合でのどの選手よりもカッコよかった。
メインを張った試合が実にショボかったので余計だったのかもしれない。
そんなテッド・タナベが学校給食の配達をしていたとして驚いた。
どういう理由か正確な所は分からないがプロレスのレフェリーだけでは食べて行けなかったと思うと泣けてくる。
プロレス好きにとっては常識中の常識であるのであろうが、オイレはプロレスというものは技を繰り出して相手を倒す格闘技だとずっと思っていた。
三沢光晴選手の記事を読んでそれが誤りだと分かった。
プロレスは相手の技に耐える格闘技なのだ。
そう考えれば今までプロレスで腑に落ちなかった部分の全てに合点がいく。
笑い話として、なぜマットに寝転んだまま相手がコーナーに上に昇るのを待っているのか、とか、なぜ避けられそうな技を避けないのか、とか。
相手の持つ技を受けて耐える。耐えられなくなったから負けるのだ。
耐える以前に相手に技をかけさせなければ良いというものではない。
鍛錬してきた相手の技を受ける事にプロレスがプロレスである意味があったのだ。
その為の練習であり日々の鍛錬。
八百長だとかショーだとか言う事は、命をかけている選手に対する侮辱に他ならない。
実際に三沢光晴選手は死んだ。受け身が上手いと評判であったにもかかわらずである。
本当に紙一重の所にある死を感じつつ彼らは闘っていたのだ。
名誉も金もその酷使する肉体に比べて甚だささやかなものであったろう。
コロッセウムともいうべきリングの中央で命をやりとりする者達。
命の値段としては明らかに安い入場料しか払っていない観客の罵声を浴び、たまに賞賛を受け。
しかし、まだその命のやりとりが金になっていれば良かった。
観客の減少とTV放送の打ち切りから分かるのは、命のやり取りですら観る側が退屈に感じるようになってしまったということだ。
見て買ってしまったオイラが言うのもなんだが、週刊プロレス誌に載っていた三沢選手の青ざめた身体の写真を見ていたたまれなくなった。ご家族はあの写真を見たら本当にツライだろうなと思う。
三沢光晴選手とテッド・タナベ氏にご冥福を衷心よりお祈りする。


『トランスフォーマー/リベンジ』
金曜日の会社帰りにMOVIXさいたまにて。
いやもう面白かった(笑)。
完全なジェットコースタームービー。
突っ込みどころ満載だけどアクションと爆破と銃撃とお色気(笑)をたたみかける事によって、突っ込む暇を与えない(笑)。
観客が頭をカラにしてボーっとしていられる映画である事は間違いない。
が、観客の頭をカラにする映画を作る人間の頭まではカラではない(笑)。
マイケル・ベイの映画であれば『ザ・ロック』が一番好きかな。
テンポ良くサクサクと進みダレ場を作らないところは商業監督としてはさすがである。
しかし、観ている間は気にならなかったがやはり2時間30分というのは長かったw。
この手の映画は2時間で十分だね。
米軍の現行兵器がわんさか出てくるが、それがCMになっているんだか皮肉になっているんだかよくわからん(笑)。
メカロボがくんずほぐれつしてるとなにがなにやら分からなくなるのだが、相変らず変形の動きはかっこいい。
ロボットだからあまり気にならないが描写としては結構エグイことをしている。
この辺りスピルバーグの悪趣味な部分がちょっと出てるなと思う。
シャイア・ラブーフの演技の一部が、昔デ・ニーロが演じた『レナードの朝』のようなことをやっていて「ほほう」とちょっぴし感心した。
ヒロインのおねいさんはイマイチ日本人受けしないような気がする(笑)。無意味にセクシーだけどこの映画においては意味のあるセクシーだと思う(笑)。
ジョン・タトゥーロはたぶん小遣い稼ぎでの出演だろうね(笑)。制作者としてもジョン・タトゥーロ程の演者がいると若造俳優だけの軽さをごまかしてくれるからいいんだろうね。
バンブルビーがかわいかった(笑)。
冒頭のシーン観てDVD買おうかな、とか、前作より面白いかも、とか思ったけど、多分DVDは買わんだろう(笑)。


おおお。今日の『情熱大陸』は種田陽平ぢゃん。録画録画w


今週は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』も観たいのだが『愛を読むひと』も観てみたいな。
by 16mm | 2009-06-21 21:26 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(6)

寝てました(笑)

プロレスへのシンパシーは微妙なのであるが、三沢光晴選手のご冥福をお祈りしたい。


疲れてどうにもならずに土日をダラダラと過ごす。
普段もダラダラではないか、とは思うが(笑)いつにもましてである。
土曜日は歯のメンテナンスしてもらいつつ、かなり眼から鱗なカメラの話を伺う。
日曜日の今日はジムの日だが、ボクシングのおねいさんが休みだと知っていたので、サボる(笑)。


c0022635_19514758.jpg
メインのブラウザはSafariを使っているのだがアップデートしたら上のような事ができるようになった。
iTunesみたいやね。


今更だが『エヴァ』のポスターの比較をしてみる。
c0022635_1955577.jpg
新キャラクターが増えたというのもあるが、
●シンジに落ちる影の向き。
●奥の手すり血。
●トウジの襟。
●階段の草。
色々深読みできそうなポスター。
これを深読みすると庵野の思う壷のような気もするが(笑)。


『真夏のオリオン』も散々迷った末にパス。
今観に行けなければ多分観れないだろう事は分かっているのだが、身体が動かん(笑)。


今後観たいのは、
『いけちゃんとぼく』『トランスフォーマー:リベンジ』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』。
『いけちゃんとぼく』は近くでやらないかもしれないのだが、なんとか観たいものだ。


wowowで録画した『グッド・シェパード』をまわらない頭で途中まで観る。
説明を極力排したシブイ作り。
映像も地味にカッコよいなと思う。


松本人志の新作映画『しんぼる』の予告編を観る。
松本が出てる次点でなんとなく微妙なのだが(笑)壁から沸き立つ天使がすごいと思う。
観るかどうかは微妙。
たぶん観ない(笑)。


先日ダウンロードしたエンニオ・モリコーネの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の曲を何度も聴いている。
非常に落ち着くなあ。


土曜日『Terminator 2: Judgment Day』の後半を地上波のTVで久しぶりに視聴。
特殊効果等はさすがに観るのがキツくなってきたが、完全に『ターミネーター』という話はこの『2』で終わっていたんだと再認識。
今更ながら続編はナシにするべきだったと思う。


そうは言っても、モト・ターミネーターのフィギュアがでないものかと探している(笑)。
今出てるのが非常にチャチこの上ないので、映画版をしっかりとベースにしたモデルが欲しいな。

本日はこんな所で。
by 16mm | 2009-06-14 20:27 | 閑話 | Comments(4)

『私は貝になりたい』『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』『ターミネーター4』

だるさが抜けず調子を崩していた先週。
なんとか気を取り直して今週走らなくてはいかんな。


『誰も守ってくれない』がやっとDVD化。9月2日とな。
できればTVでやった『誰も守れない』も同梱してくれないかな。


本日日曜日ジムに。
ストレッチ、筋トレ、ボクシング。
いつも思うのだが、オイラの着ているユニクロ製のメッシュのTシャツは己の乳首のポッチリが分かってしまうものだ(笑)。
それを隠そうと妙に胸の前で腕を組んだりするのだが、果たしてあのインストラクターのおねいさんはどう思っているか(笑)
「すてき」だろうか(笑)。
「きもい」だろか(笑)。
ボクシングのスタジオで真剣にニップレスの装着を考えるちゅうねんのおぢさん(笑)。
そんなふざけた事を考えていたら目方が94.95キログラム。
ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ~ン。


土曜日、ちばてつやの絵本『ごあいさつ』を買いに行ったら無かった。
帰りがけに何気なく平積みを見たら『ぼく、オタリーマン。4』が。
ソッコーで購入。
日曜日、別の本屋にちばてつやの絵本『ごあいさつ』を買いに行ったら無かった。
帰りがけに何気なく平積みを見たら『バクマン。 (3) 』が。
手に取ってレジに行こうとしたら行く手に伊藤理佐の『おんなの窓〈2〉』が。
出たのは去年の末だったが買ってなかった。
パラパラとめくって、そして手に取っていた『バクマン。 (3) 』を平積みに戻して、『おんなの窓〈2〉』をレジに(笑)。


iTunesでエンニオ・モリコーネの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』の曲を5曲購入。
名曲。
曲を聴く度にセルジオ・レオーネのこの映画のシーンを思い出す。
ラストのデ・ニーロの微笑みが思い出される。
映画も良かったなあ。


『東のエデン』
「パンツ」が殺害された。
ますますワケが分からなくなる(笑)。
でも劇中で語られる理屈を聞いてるのは退屈しない(笑)。
映画を語る事でなにをしようとしていうのかが興味深い。
"迂闊な月曜日"が『パト・2』同様のフェイクらしいとのこと。
なるほど。

『ターミネーター4』多少ネタバレあります。
by 16mm | 2009-06-07 20:12 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Comments(2)