<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

追悼 金田伊功

非常に暑い。
自室にクーラーがないので、ある部屋でブログ更新中である(笑)。
先週も映画は無しであった。


土曜日は歯のメンテナンスに。
治療後、先生との雑談で、今度買うカメラは光学ファインダーでなく液晶ファインダーのものにしようと決定w。
液晶ファインダーは撮影での利点が多そうだと思う。
ただ現状カメラメーカーが液晶ファインダーのカメラを出すとも思えないので、電機メーカーのカメラでもやむを得ないかもしれん。
しかし、この先生、ゲームまでやるとのこと。
『ドラクエ』のことをオイラに聞いてきたw
いったい忙しいのにどこまで多趣味なのだw
あぶねぇあぶねぇw
読まれてると悪口かけねえ(笑)。


土曜日、オイラの好きなラジオ・パーソナリティーの番組を聴いていた。
某大御所の俳優と組んだその番組。
その某大御所俳優は事あるごとに最近の若い俳優の箸の持ち方がキタナイだの、正しい日本語を使わないアナウンサーなどに苦言を呈していた。
「がっきてき」
オイラの聴き間違いでなければその大御所はそういった。
たぶん「画期的」のことだと思う。
読み方は「かっきてき」。
こういう読み違いは誰でもあることだしそれについてどうこうは言わない。自分だってそういう間違いは絶対にするから。
そういう認識が欠け始めた人間が老害になっていくんだな。


本日日曜日。
ジムに。ストレッチ、筋トレ、ボクシング。
91.15キログラム。
ジムから帰ると寝てしまうのがもったいないw。


YouTubeで久米宏のニュースステーションにビートたけしが出ていたのを観た。
そうそう。そうなのだ。久米もたけしも若かった。
このたけしの信じられないような頭の回転の速さにオイラは魅了されていたんだ。
やはり尊敬に値する人物に間違いない。
番組もすごく面白かったな。


スペリオール誌でのサイバラの"人生画力対決"。
漫画界のヨハネ・パウロw、あるいは法皇w。福音をもたらす大御所ちばてつやだw。
いや~、目の前で見たら本当に手を合わせちゃうな、オレw。


モデルグラフィックス誌。
宮崎駿の『風立ちぬ~妄想カムバック』
宮崎の天才的な妄想によって紡ぎ出される良作を読み続けられる幸せ。
映画など作らずに、噂にある『ポルコ・ロッソ 最後の雷撃』を描いて欲しいものだ(笑)。


『押井守全仕事リミックス』
ほぼすべて読んだことがあるものばかり。
それでも購入してしまうんだよなw
『パト2』をめぐっての宮崎駿との対談まで収録してあった。
読んだ事のない人にはかなり中身の濃ゆい本ではないだろうか。
c0022635_1871712.jpg
c0022635_1873527.jpg

年末に公開される押井の実写映画『アサルトガールズ』。
こんなん見ちゃうと期待しちゃうんだけど、観に行くと思うけど、たぶんつまんないと思う(笑)。


『MW』
コンビニで売ってたのを立ち読みしてみる。
ゾクリとする巨匠の作。
これ、最近映画にもなったけど原作どおりにはなってないだろうなw
予告編を観る限りアクションで押してるような作りになっているが、とんでもない。
もし原作どおりなら映画も観る価値があるかもしれんが。ある意味こわいけど(笑)。
今から30年ほど前にこんな作品を作っていたのか。
これを模した設定のドラマや映画もあったような気がする。
これはちゃんとコミックを買ってちゃんと読まねばな。


『ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか 』
購入しただけでまだ読んではいない。
読みやすそうなのですぐ読み終わるであろう。


『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』
物語上の最後の敵と思われる相手二敗(笑)。
全員武闘家という攻撃性のみに特化した布陣が最後になって破綻してきたみたいw
回復が間に合わないw
特やくそうどころか、死人を生き返らせる葉っぱも必要不可欠のようだ。
さてどうしたものか。
今更魔法使いを育てる気にはならんし(笑)。
レベルもスキルも結構オーバースキルのはずなのだがw


"金田伊功"
金田伊功と言っても知らない人は知らないし、知ってる人もそう多くいないであろう。
アニメーターである。
私見で言えば、デザインなどではなく、その動きによって観るもの<特に絵描き志望やアニメーター志望の人たちに>を魅了したアニメーター。
それゆえにその部分で名をはせた最初のアニメーターであり、一種のスター的な存在であった。
どんなアニメートをしていたかはYouTubeなどで探してもらいたい(結構ある)。
オイラが好きなのが↓。

歌も好きだったんだけど、このオープニング・アニメーションは世界一馬鹿な子供だったオイラには衝撃的で、一言で言えばカッコ良かったのだ。
ビデオなんてない時代だったから毎週必死になってオープニングの009の横顔を模写してましたっけw
このオープニングの作画をしたのが金田伊功だと知ったのは結構最近だったりした。
いや、買ってはいなかったのだが金田伊功の画集というか特集本『金田伊功スペシャル』の中で見ていたのかもしれない。
そうするともう20数年前か。
あの画集再発売されないかな。
いちアニメーターが本当にスターのような感じで扱われていたっけ。乗ってる車がジムニーとかでその前でポーズとってたりとか(笑)。
実際↑の『009』の作画を観ても分かるように独特の動きとパース感覚が魅力だったのだ。
実はそんなに動いているわけではない。
往年のディズニー・アニメと違い、作画枚数を抑えられた日本のアニメーションで生み出された苦肉とも言えるものだ。
彼の作画は原画で見ると妙に特徴的な変なポーズをしていたり、あるいは原画と原画の間を割らずにタイミングで力のためとスピード感を出していたりした。
この特徴的なポーズというのはなかなか真似できるものではないらしく、金田以外のアニメーターがやると単なるデッサンの狂ったポーズにしかならなかったりするのだ(笑)。
そのアニメートは魅力的ではあるのだが、描く原画も彼の個性が色濃く出てしまい、キャラ設定に似てなかったりして作画監督泣かせの原画であったという。
事実、『ガンダム』では安彦良和のレイアウトやキャラのニュアンスに縛られて早々に退散してしまったらしい。
その後はジブリの常連であった。
『ナウシカ』の時はまだ金田タッチのナウシカになっていたが、『ラピュタ』の頃はちゃんと宮崎タッチになっていたように思う。
『トトロ』では親子で風呂に入って大騒ぎしてるシーンと担当していたようだ。
それまでの個性的な動きを積極的に封印しても宮崎とする仕事は有意義だったのであろう。
後年はスクウェア・エニックスの社員となっていたようで、今まで培っていた動きの創出という部分を担っていたのだろう。
それよりも、大きなお世話だが、フリーのアニメーターから会社員になって映像に関われたことはささやかではあるが、良かったなと思う。
歳をとって鉛筆の動きが遅くなったアニメーターの生活はきついだろう。
せめて、今までの仕事の延長にある部分で会社員になってある程度の安定を得られたのがなによりだったかなと思っている。
この一年、私が好きだったり尊敬してた人間が、本当に多数亡くなっている。
この金田伊功の死も本当に衝撃的だった。
まだ若いよ57歳は。
本当に安らかにお休みください。
ご冥福を。
合掌。




今週はいよいよ『サマーウォーズ』と『ボルト』だ。
by 16mm | 2009-07-26 19:29 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(8)

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

三連休。
なにをやってたかと言えば、『ドラクエ』(笑)。
『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』。
それ以外はほぼ暑くてダルくて転がってました(笑)。


サイゾー誌に載っていた、あいださくらの写真がエロくて可愛くて素敵だったので雑誌を購入してしまった(笑)。
別にDVDは欲しくないが(笑)。


土曜日、会社でカネにならない仕事とチョコチョコとやる。
カネにならないのである程度自分の技術の研鑽のみをモチベーションにして比較的好き放題やっている。
まあ、文句言われたらその時直せば良い(笑)。


日曜日はジムに。
ストレッチと筋トレ少々とボクシング。
91.15キログラム。
よしよし減っている(笑)。


『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』
先々週の土曜日から始めて現在31時間28分05秒。
寝転がってやってないせいか、それとも磁気ネックレスのおかげか、肩がこって痛くなる事は今の所無い。
しかし、微妙にこってるような気がするので今日はもうやらない。
物語は結構終盤ではないだろうか?
スイト、ナホフミ、フーコ、ユーヒチという(笑)どっかのなにかから拝借した名前を持つ4人の女の子。ぜんいん武闘家(笑)
血に飢えた己の鉄拳のみで道を拓く求道者達だ(笑)。
回復は特薬草でまかなって後は全員で素手で殴り倒す(笑)。
もう女の子なのに大きなモーションで殴りまくりである。
見ていて非常に清々しいのだがもう所謂"剣と魔法"の世界ではないね(笑)。
なんかエロスとバイオレンスが支配する(意味不明w)『北斗の拳』みたいな様相を呈してきた(笑)。
しかし、このゲームそんなパーティの編成でも成立してしまう所がすごいと思う。
あと残り、肩がイカれませんように(笑)。


Cut誌で『エヴァ』の特集。
本田雄の見開きイラストがカッコ良かった。
貞本の表紙イラストから庵野以外の関係者のインタビューが多数。
読み応えがあり。
みんな『エヴァ』についてのコメントをしていても自然とそれが庵野に対する事になっていたのが興味深い。
本人が話すとバカがバレちゃうから他人に話させて神話を作るつもりだろうか。
どちらにしても『破』は傑作だと思っているが。
ところで明確なデザイン意図があってのことだと思うが、レイの胸は柔らかい母親を意識した胸であり、アスカの胸は十代の硬さのある乳房のようなデザインになっていると思っているのだが、果たしてマリのおっぱいのデザインはどういう意味があるのだろうか?

同じくCut誌で細田守のインタビューも収録されていた。
『サマーウォーズ』は傑作との事。
それは間違いないとオイラも僭越ながら思う(笑)。
ジブリのスタッフは本当にミヤザキとタカハタに盲目で他の演出家はまともに見えないらしい(笑)。


『マコとルミとチイ』
20年ほど前の学生時代に立ち読みで済ませていた手塚治虫の漫画が文庫化されていたので購入。
天才は遺伝しないという事ですかな(笑)。


『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』
地上波でやっていたものを録画視聴。
改めて観ると、エヴァにいきなり乗れという状況というのは異常だよね(笑)。
なにもエヴァに始まった事ではないけど、主人公が危険極まりないしかも初めて見た兵器に乗らなくていはいけない葛藤というものが丁寧に描かれていたから余計にあのオヤジを含めたネルフの連中の異常さが際立つね(笑)。
普通逃げたくもなるし、乗らないよ、あんな気味の悪い兵器に(笑)。
で、乗る理由を瀕死の綾波を見せる事で決断させてるわけなのだが、それは上手いと思う。


Podcastの鈴木敏夫の番組。
宮崎駿が『ポニョ』のエンディングのスタッフロールについて語っていたが、まったく納得出来ない。
長いスタッフロールはたしかに多くの観客には不要なものだ。
しかしあれは携わったスタッフに対する足跡であり感謝であるのではないか。
もし宮崎が言う通りならオープニングの、まあ自分の名前は原作監督としてクレジットされてもいいだろうがプロデューサーやその他エラそうに思われる制作者達の名前は出しているのが納得出来ない。
もう、なんか労働者の視点、監督がスタッフを大事にしようとする視点が完全になくなってると思う。
映画作りに関してはもう老害でしかないかもしれん、残念ながら。
余生は映画にできない過激な絵物語や漫画を描いてくれればオイラとしては良いと思う。


吉田照美の朝のラジオ"ソコダイジナトコ"のコメンテータ、アーサー・ビナードによる訳の高村光太郎「智恵子抄 ~ あどけない話」の朗読の携帯電話配信が開始されたのでダウンロード。
前回、大好評だった唐橋ユミ・会津弁版「智恵子抄」に続く第2弾の企画。
「あどけない話」の「英語版」と「日本語版」の朗読が両方ダウンロード。
う〜ん、味わい深いな朗読って。


ピクサー以外で初めて楽しみに思えた3Dアニメ。
シェーン・アッカー監督『9』
ティム・バートンが噛んでるようだけど、バートンのテイストともちょっと違う。


『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』
wowow今日やっていたのでダラダラと観ていた。
吹き替え版であったが気にしない。
冒頭の能天気な導入とその直後に行われる惨劇の対比が見事である。
その能天気さ故か、原子爆弾のキノコ雲が悪魔的に美しく造形されていて忸怩たる思いである。
やはりこのシリーズはこれで打ち止めだろう。
改めて観て痛感した。
インディーがインディーとして活躍できたのは第二次大戦前かその最中でしかないのだ。
秘密が秘密として存在が許されていた時代。
衛星からの情報で地上をセンチメートル(ミリメートル?)単位で覗きができる時代に秘密が成立できるわけではないのだ。
なによりも戦後を舞台として活躍させようとするとインディーのバックグラウンドがどんどん生臭くなっていく。スパイであったり共産主義者の密告であったり。
なによりも第一作であれほど大騒ぎしたアークがむき出しになってもなんの力も発揮しない(笑)。
インディーも歳をとった。
ラスト、風で飛んだフェラード帽を息子が被ろうとしたところを親父のインディーが持ち去っていく。
息子が引きつぐシリーズの否定であるとオイラはみた。
そう、それで良いのだと思う。
オイラにとってのインディーに『クリスタル・スカルの王国』はないから。


来月はそうそうに『ボルト』と『サマーウォーズ』だ。
今週は『押井守全仕事リミックス』が発売だったかな。
by 16mm | 2009-07-20 21:45 | 映画・DVDの感想など。 | Comments(4)

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』

休みの日は本当に寝たきりの生活(笑)。
そんな寝たきりな時は、ゲームだな(笑)。


先週は映画もDVDもなし。
観たい映画が無いときは無理しない方がいいね。
しかも漫画も買ってないので、通勤の行き帰りは音楽聴いて雑誌をペラペラと。


iTunensでヴェルディのレクイエム - II. 怒りの日を買う。

↑で使われていた曲。
エヴァの予告編で一番好きかな。


本日日曜日ジムに。ストレッチをすっとばして筋トレ少々とボクシング。
92.10キログラム。


『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』
肩こりにビクビクしながらも購入してプレイ(笑)。
朝イチで並ばなくても昼過ぎにヤ●ダ電機で買えました。
アバターをどうするかと考えて、一度男の子で作ったが、やり直して女の子にした。
すべてタイプ1で作られた女の子(笑)。
名前はスイトにした(笑)。
ウハハハハ。
最初はナウシカにしようかとも思ったが、それを思いとどまった所を褒めてもらいたいものだ(笑)。
映画のようにプロローグを経て本題に入るコリ方。
いつも思うが『ドラクエ』というのはプロがかいたストーリーだなと思う。
思い込みだけでストーリーが作られているわけでなく、ゲームのバランスも熟慮されているのが伺える。
正直通信だとかはどうでもいいのだが、この箱庭の世界を楽しみたいと思う。

つーわけで今日はこんなところで。まだ序盤戦。早く旅芸人から武闘家にジョブチェンジしたいものだ。
かせいだスキルをまったく使わず"素手"に割り当てるつもり(笑)。
by 16mm | 2009-07-12 20:59 | 閑話 | Comments(3)

2009年第2回更新のお知らせ

本日メインHPにて"the HAND"をUPいたしました。
お暇な方、ご覧いただければ幸いです。




昨日日曜日、ジムに。
ストレッチ、筋トレ、ボクシング。92.75キログラム。

非常にダラけて土日を過ごす。
ほとんど寝たきりである(笑)。
映画も『MW ムウ』か『ディア・ドクター』か『真夏のオリオン』を観ようと思っていたのだが、どうにも気が乗らぬ。
いっその事『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』をもう一度観たろか(笑)などとも思ったりした。
最近、若干『ヱヴァ』づいていて、先週のロンギヌスの槍型ペーパーナイフに始まり、更にオイラとしてはちょっと考えられない買い物をしてしまった(笑)。
納品はひと月後ぐらい。その頃に当ブログでお披露目しようかな。
『ヱヴァ』のプログラムも購入。オイラとしては非常に嬉しい形の内容。鶴巻和哉監督のインタビュー。
庵野は自分のバカがバレるのを恐れてでてこないか(笑)。
庵野のユニットでは演出という職制の代わりに監督という名前にして、自分は総監督としているようだ。
押井だと監督と演出。宮崎だと監督と演出助手。
なんかそれぞれの監督の思惑が垣間見れて面白いな(笑)。


そもそも先週は映画を観に行くつもりなどなかったのだ。
もう週末ダウンするのは眼に見えていたので『崖の上のポニョ』のメイキング『ポニョはこうして生まれた。』を12時間堪能するつもりだったのだ。
したら、発売直前の延期の告知。
うざけんな(笑)。
本編よりも楽しみにしていた、本編より面白いに違いないメイキング。
12月に延期。
ジブリのプロデューサーの鈴木敏夫が慚愧に堪えない旨の詫び分をHPに掲載しているが、立場的に言ったら本当の責任者であり当事者であろう。
とんでもない失態だと思う。
しかしね、オイラからすると羨ましくもあるよ。こんな詫び文だけで半年も納期を遅らせられるんだから。
普通の仕事でなら半日遅れただけでも大問題よ、普通。
鈴木のPodcast聴いてるんだけど、結構面白い事は言うんだけど、どことなく山師っぽいうさんくささがジブリの実質上のボス(社長は別にいて、この人も別の意味で危険人物だと思うがw)になってから鼻につくようになった。
そうは言っても12月になったら買っちゃうんだけどね。
『ポニョ』についても作品以外でも元仲間のアニメーターの設定を無断で使用した感があるわけで。
オイラとしては作品は面白いとは思えなかったが、製作中の宮崎には大変興味があるのだ。
値段が高くなったらだだじゃおかねえ......といってもどうすることも出来んのだが(笑)。


メビウス関連の本を2冊。
ユリイカ誌とアニメーションノート誌。
ユリイカ誌での内容はなかなか濃いモノで、というか、今までがメビウスについての記事というものが少なかったからそう感じたのかもしれない。
ネットで宮崎駿とメビウスの対談が読めたりしたのだが、そんなに多くはない。
今回のシンポジウムでの来日でメビウスの人となりもなんとなく分かって興味深いものだった。
大友克洋や浦沢直樹や谷口ジローやら寺田克也とそうそうたるメンツでのシンポジウムはナマで観たかったなというのが正直なところ。
ユーモアのある素敵なジジイだな、メビウスは(笑)。
アニメーションノート誌では谷口悟郎の『ジャングル大帝』の記事。
なぜいまさら『ジャングル大帝』か?というのは谷口自身も自問していた部分であるようだ。
オイラもいまいち魅力を感じないのだが、谷口が作るという一点でのみ興味もっている。
放送が楽しみである。


『大東京トイボックス 4 』
映画の監督というのは利己的だなと思う。
何百人という人間の思いを取りまとめてひとつの作品にする訳だが、最終的には監督自身の思い飲みに一元化される。
いや、されなくては映画はできないものなのだ。
今更ながらやっと理解できたのだが、宮崎駿のようなストーリーテラーですら、自分が生み出した物語が本当に面白いものなのか?はては何十人のアニメーターや労働者に薄給で働かせても最終的には作品の面白さで相殺できるものなのか?を悩んでいた時期があった。
宮崎よりも面白いアイデアを持っている人を潰している可能性だってある。
宮崎について行く事を信じていいのか?という他の制作者達からの声なき思いがドスのように宮崎に突き付けられているプレッシャー。
「演出は孤独だ」宮崎が『もののけ姫』のメイキングで言っていた言葉だ。
ゲームの製作もそうだ。
つまるところたった一人のディレクターの思いひとつで人が動き、リテイクが発生し......。
日常を犠牲にするにたる作品ができるか?できたのか?という部分でしかそのディレクターへの信頼は生まれないものなのだ。
この漫画もそんな重さを出してきたようだ。


『女の子ものがたり』
サイバラの『上京ものがたり』『営業ものがたり』と"ものがたり"シリーズのひとつ。
この『女の子ものがたり』はどうも気乗りがせずに買わずにいたのだが、やはり読後は重かった。
この重さは男の女に対する理解力のなさからくるものなのだろうか。


月刊モデルグラフィックス誌。
宮崎駿の『風立ちぬ』。
そうだ。言い訳はみっともないのだ。
これを読んでオイラも多少ラクになった(笑)。
by 16mm | 2009-07-06 05:58 | メインHPと更新のお知らせ | Comments(6)

諸事情により

ども。
諸事情により本日のブログの更新はありません。
というか、いまかいてる文章はブログの更新ではないのか?という事もありますが(笑)。
一応、いつもコメントいただいているchata兄ィとJunBo丼には申し訳ありませんが...。
多分今週の中途半端な日に更新すると思いまふ〜w
by 16mm | 2009-07-05 23:04 | 閑話 | Comments(4)