<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『星守る犬』

世の中無駄なものはない、という一面の真実があるが、毎朝通勤時に自宅前で年中乾布摩擦をしてる爺さんの乳首がピンクというのは、やはり無駄なのではないかと思う(笑)。


本日ジム。ストレッチと筋トレ少々。ボクシング。
90.65キログラム。


映画、まったく観ていない。
とりあえず注目はタランティーノの『イングロリアス・バスターズ』かな。
まだ先だけど。


自分のパソコンがないのは不便だ。
もう本当になにもできないな(笑)。
写真も撮る気なくなっちゃうし。
次のHP更新の画像はほぼ出来上がっていたというのに・・・・・・。
とりあえずまだデータのサルベージの結果は出てこない。
ところでマックから新しいiMacのラインナップがでてそれにそそられておる。
27インチのディスプレイ。果たして置けるのか(笑)。
ハードディスクの換装にヘタすると10万近くかかると言われているので、新しいのを買うのもアリかな?などと思っている。
直したほうが当然安いけど、また壊れるかもしれないのにお金を出すのもねえ。
まだ考え中である。
お金は大事だけど、パソコンはやはりなくてはならんな。


DS版の『ザ・タワー』を中古で購入。
プレステ版で一回買ってやったことはあったがすぐ飽きて売ってしまった。
んでまた買った(笑)。
また飽きる、かもだ(笑)。


『不毛地帯』
録画していたのだが、最初の20分ほどがアンテナの同軸ケーブルの接触不良で録れてなかった(笑)。
緊張感のあるドラマ。
しかし毎度思うのだが劇中にでてくる架空の名称というものはなんとかならんものかね。
"毎朝新聞"とか定番な架空の名称もいいかげん聴くとヘナヘナとしてくるよ(笑)。今回は"ラッキード"だと(笑)。当然"ロッキード"のことだろうけど戦闘機を作ってる会社で"ラッキー"などという名前はどういう冗談だ(笑)。
久々の骨太なドラマなのにこういうところがいただけない。
実際の名前が出せるのがベストだけど、それが無理ならせめてリアルに感じられる名前を作り出してもらいたいものだよ。


本日も『JIN-仁』を観る予定。
坂本竜馬役の内野聖陽と綾瀬はるかが上手い。


月刊モデルグラフィックス誌。
宮崎駿の『風立ちぬ』。
宮崎らしい情熱のほとばしりを感じさせる物語。
本当に毎月この作品が楽しみである。


『星守る犬』
「おとうさん・・・・・・・・・おとうさん さんぽにいきましょうよ」
c0022635_19263697.jpg
ずっといやな予感がしていて避けていたのだよ。
で、その予感は大当たりで、もうだめ(笑)。
冒頭の台詞、もう明らかに死の匂いがするではないか。
つーか、この表紙だってもう観るのもつらい。
押井守が言っていたことだが、犬と猫だけが唯一人間の方を向いてくれた動物であると。
犬や猫にはもはや野生というものが奥深くにしまわれており、現状彼らに野生を求めることはできない。
彼らは人間と共生することでしか生きられないのだ。
これが例えば二人の人間の話であったらこんなにも切なくなったであろうか?
いや、生物としては別種の者同士の、言葉のコミュニケーションもできない者同士が心を通わせて心中する話だからこそなのだ。
長年連れ添った妻、手塩にかけて育て愛情をそそいできた娘、おとうさんと心を通わせた見ず知らずの子供・・・。
人間同士でありながら、濃密な言語のコミュニケーションと豊かな感情のやり取りがあったにもかかわらず、皆おとうさんを独りにして去っていった。
タイトルの『星守る犬』というのは
「犬が星を物欲しげに見続けている姿から、手に入らないものを求める人を表す」
物語の最後、
「望んでも望んでもかなわないから 望み続ける ただそれだけ 人は皆 生きてゆくかぎり"星守る犬"だ」
望んでもかなわないものとはなんだろうか?
世界平和でも才能の渇望でもない。
もっとささやかな、本当にささやかな願いとしての望み。
おかあさんもみくちゃんも、おとうさんから金を盗んだ子供も、それぞれにささやかな望みを胸に星を見上げいる。
生きてゆくかぎり"星守る犬"。
そう、この作品は絶望を描いている。
生きている間はその願いはかなわないからだ。
おとうさんが死んで、残された犬、ハッピーはひとりで一年以上生きていたのだ。
おとうさんが目覚めることを信じて。
こんな可愛そうなことがあるだろうか。
そのところが一番つらかったところだ。
絶望というのはおとうさんがいなくなっても生きていなければならなかったことだ。
そして物語のラスト、星守る犬はやっと願いがかなっておとうさんと再会できたのだ。

もうありとあらゆる意味で犬好きにはたまらない、そして酷な物語。
これを読んで少しでも優しくなれればな、と思う。
by 16mm | 2009-10-25 20:22 | | Trackback | Comments(6)

『JIN-仁』『不毛地帯』

本日データをサルベージするために業者にパソコンを送った。
20日につくとのこと。
いやいや。
パソコンがないと会社から帰宅してもつまんないね(笑)。
一日も異様に長く感じるし。
これほど依存していたんだなあw。
某ヤ●ダ電●でマックが在庫一掃価格で売られていた。
なんでももうすぐ新機種が出るとの事。
む~。
データがサルベージできたらパソコン直さずに新しいのを買うのも手かなあw。
サルベージデータの格納用に1TBの外付けHDを購入。
12800円。
安くなったもんだ。


今母親のマシンでこのブログをかいているのだが、キーのタッチが硬くてどーも調子がでない。


本日日曜日、ジムに。
先週からNike + iPodをやりはじめたのでボクシングの前に30分ほどランニングマシンを使っている。
今日は40分で3.8キロほど。かなりゆっくりとしたペースである。
その他ストレッチと筋トレとボクシング。
89.65キログラム。


『プラネテス』
世間ではブルーレイ版が出てて非常にうらやましいのだが、おいらは相変わらずDVDで再見。
最終までの3話の怒涛の展開とハチマキが変わっていくところがいつ観てもすばらしい。
タナベが自分の信念に自信が持てなくなっていく件も泣ける。
やはりこの作品は今後古典になるんじゃないか。
この作品で展開されているテーマのすべてが人間が昔から、そして今後も抱え続ける問題だろうからね。
そして解決策も実行は難しいかもしれんが普遍的なものだ。
『プラネテス』のHPでインターネット・ラジオ、『ネットでプラネテス』、通称『ネップラ』をダウンロードしてtouchで聴いていた。
ああ、ブルーレイ版のオーディオ・コメンタリーが聴きたいな。


『そんでよし』
ビッグコミックオリジナル増刊号で石塚真一の『そんでよし』が掲載されていたので購入。
面白い。
いわゆる『寅さん』モノは苦手なのだが、この人の描くものなら素直に読める。


『エグザイル/絆』
wowowでの録画を視聴。
内容はあって無きが如し。
ただ画面のなかでの人物の配置やケレンミあふれるスローモーションを多用したガン・アクションが良かった。
うん、よかった、はやまってDVD買わなくて(笑)。


『JIN-仁』
行きつけのカメラ店店主に薦められて、本日再放送を視聴。
面白い。
多分今日21時からの第二回も観るだろう。
漫画の原作は村上もとか。サイバラも一目置く大御所だ。
しかし、最近タイム・スリップものが多いせいか、設定の安易さが鼻につく。
歴史でありえたかもしれないifというのは物語を作るうえでの基本だろうが、ぼちぼち違った道具立てが欲しいもんですな。


『不毛地帯』
録画したものを視聴。
オールスター・キャスト。
ちょっとショボイけどCGを隋所に使い金がかかっている骨太なドラマ。
いつも思うのだが、過去の特に中途半端に昭和だとかの時代をドラマでやると、服なんかはモロに時代遅れを感じさせられちゃうんだが、それを解消するのはどうしてるんだろう?
その当時の衣装であっても多少現代的にアレンジしてるんだろうかね?
物語は11年もの間シベリアに抑留されていた男の話から始まる。
このシーンをかなり長い時間をかけて描写しているのは、そこでの過酷さと戦後の復興における明るい未来との対比と、経済での再戦争の始まりを予感させる複線になっているのだろう。
しかし、11年の抑留というのはその環境の苛酷さを考えれば人間性への影響と言うのもでてくるのだろうね。
諦観、というかそうそう人生の希望などというものを信じられなくなるだろう。
戦後の驚異的な復興というのはそのような刹那的なメンタリティーによっても支えられていたのかもしれん。
不毛なシベリアの酷寒な大地に芽をだしたような同胞の墓標。
それが時を経るにつれ次第に増えていったであろう。
映像はそんな部分も描写していて好感がもてた。
今後も観るであろう。
ちなみにエンド・クレジットでスーツを着て吹雪のシベリアの流刑地にたたずむ壱岐正が良かったな。
唐沢寿明はすごいな。演技のふり幅があって。


やはり慣れないパソコンはやりにくいw。
by 16mm | 2009-10-18 20:29 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(8)

大ピンチ(笑)

ただ今母親のPCでブログをかいてます。
いやはや。
マッキントッシュが己の内蔵ハードディスクを認識しません(笑)。
PRAMクリア、DVDからの立ち上げ、アップルのサポートの人に言われたことを多分すべて試しましたが、どうにもこうにも(笑)。
OSを再インストールしようにも肝心のHDを認識できなきゃしょうがない。
ということは・・・・・・
非常にまずい(笑)。
思えば数日前、起動したときにHDから
「ウィーン・・・カタカタカタ・・・」
などと音がしてましたっけw
その時は一応立ち上がったので、音は聴こえなかったことにして見て見ぬフリを決めこんだわけですが(笑)。
多分新しいのを買わずとも4万円から5万円ぐらいで修理ができるとのことだが、問題は中のデータw。
ほとんどバックアップせずにHDにおいてあるからさあ大変(笑)。
とりあえずデータをサルベージしてくれる店にマシンを持っていくつもりなのだが・・・・・・
今からもうちょい粘って色々やってみる。

そういうわけで、メールの返信やコメントのレスが遅くなることもあると思います。
関係各位、以上の理由ですのでご容赦のほど。

                                                          
                                                 16mm拝
by 16mm | 2009-10-12 12:46 | 閑話 | Trackback | Comments(2)

『あしめし つう アシ仲間でメシが食えんのか』『トイ・ストーリー』

諸々の事情で色々気分が上がらない。
自分の事情とそれ以外の事情が半々であるが、自分の事情は自分の能力の低さの所為だ。


先週購入したiPod touchは非常に良い感じで使っている。
恥ずかしながらWi-Fiってなに?おいしいの?ってな状態の所為か、touchからYouTubeなどネットへの繋ぎ方がわからない(笑)。
まあ、そのあたりはそのうちに(笑)。
Nike + iPod Sport Kitを購入。靴に埋め込むチップとナイキのシューズを買わねばならん。チップはともかく、シューズを買うのはキツイので(笑)その回避法として、チップを小さなカバーに入れてそれをシューズの紐に括りつけることにした。
大宮のスポーツ用品店はさすがにそんな邪道は許さないのか(笑)「ナイキさんのシューズをお買い求めて云々」といって良い表情をしない(笑)。
で、何店か回ってやっとこ流用できそうなカバーを見つけた。
更にtouchを身体に括りつけるポーチが必要なのだ。
たいていアームバンドのようだが、オイラはウエストポーチにすることに。
そのウエストポーチ、ベルトをいっぱいに伸ばさなければ締まらなかったよ(笑)。
本日ジムで試してみる。
400メートルをランニング・マシンを使って距離が同じかテストしてみたが、touchとの誤差が20メートルほど出た。これが誤差の範囲かは分からんが(ランニングマシンの出す距離が果たして正しいのか?ということもあるわけだが)touchの方を微調整できるのでそこそこに精度は上がるかもしれん。
それをつけた状態でボクシングをしたが、30分動いて260メートルしか動いてないと出た(笑)。
まあ、動きがまったく違うのでしょうがないな(笑)。
来週からボクシングの前に軽くウォーキングを入れようかな。
自分のやった事が具体的な数字になっていくのを見るのはなかなか楽しいものだ。


んで本日、ジム。
ストレッチと筋トレとボクシング。
89.70キログラム(笑)。
ヲをw。
久しぶりの80キロ台。
昼飯を抜いてきた効果がやっとこ出てきた感じであろうか。


鈴木敏夫のpodcastに倉田真由美とそのダンナが出ていた。
くらたまの声を聴いたのは初めてだと思うが、喋り方自体はすごく知的だ。
同様にその旦那も魅力的な喋りをしていた。
......
つまり、だ。
その人物の教養なり知性なり人間性というものは声質にはあらわれないという至極当たり前の事に今更気がついた次第である(笑)。


観たい映画がない(笑)。
『しんぼる』だとか『カムイ外伝』など確実に大怪我しそうな香ばしい(笑)作品ばかり(笑)。
いっそのこと悪口を書くためだけに観に行ってやろうか、とも思ったがやはり不景気の折り、カネがもったいないのでやめる(笑)。


やめると言えば10月1日の朝でオイラ行きつけの池袋のカプセル・ホテルがなくなった。
たぶん10年近くは世話になった場所だ。
最後なので、いつもはビールと砂肝しか頼まないそのホテルの食堂で、ビール生の中×2、砂肝、ししゃも、明太子のおにぎり×3、明太子のお茶漬け×1をストマックにブチこみ、カプセル内では今まで使った事がなかった禁断の(笑)有料チャンネルまでスイッチを入れたが、ガイジンのおねえちゃんが「uh〜ooh」などと言ったのを覚えている程度で、翌朝、おちんちんを握りしめた状態で目が覚めた(笑)。
デカイ風呂場にサウナがあり、たまにおちんちんを誇示したナニな人が風呂の縁で横たわっていたりもしたが(笑)全体として行き届いた清潔感のあるホテルだったと思う。
何件が別のホテルに行った事もあるがここ以上の所はなかった。
これから本当にどうするかな。
とりあえず無くなったホテルとその従業員の方々に感謝したい。


iTunesで表示するアートワーク用に薬師丸ひろ子の画像をネットで探す。
若い時の画像ばかりでおばさんになった今の画像がない。
狙い目は『三丁目の夕日』の時のものなのだが...。
そもそも最初に薬師丸ひろ子を見たのは小学校の高学年の時だ。
失礼ながらなぜそんなに人気があるのか分からなかった(笑)。
実はいまでもちょっとそう思う(笑)。


ネットでやや騒ぎになっている『SPACE BATTLESHIP ヤマト』。
オイラとしては「けっ!」となってしまうところなのだが、監督が山崎貴なのでまったく期待できないわけではなさそうだ。
これから役作りで「らしく」していくのだろうが、やはり木村拓哉が古代進というのはどうよ(笑)。
一応、山崎監督なので勝算あってのキャスティングだと思うが...。
オールスターキャストで全ての俳優に見せ場を演出せねばならんのは大変だろう。
20億という制作費は世界レベルで言ったら多くはないが、それでもその程度の金を工面する為のオールスターキャストなのだろう。
西田敏行が佐渡先生かと思ったら機関長役とはね。うまくハマりそうだ。
しかし、高畑勲が言っていた事だと思うが、『ガンダム』でも地球連邦と言いながら黒人が出てないのは?と同じレベルで地球の危機に際して日本人のみでヤマトを使うという部分の理屈をちゃんとつけてもらえたらと思う。
できれば山崎監督には『ゴジラ』をと思っていたのだ。
『ゴジラ』の方がよかったなあ。


『用心棒』
学生の時にビデオで観た。
いつか再見しようと録画してあったものをちょっとだけ観る。
犬が手をくわえていくシーンまで。
いやはや、クロサワすげえ。
冒頭、三船敏郎が出るもオープニングクレジットでは一切顔は映さずに背中のカットのみ。
しかも望遠レンズ。
これが観ている者に緊張感を与えるんだな。
すげえ演出だ。
クロサワの芸術家としての最初の到達点かもしれん。
今度ちゃんと観よう。


『闇の子供たち』
途中まで観る。
これは襟を正してちゃんと観なければならんだろう。


『あしめし つう アシ仲間でメシが食えんのか』
4月に前巻が刊行されて速いスピードでの続刊。
漫画家のアシスタントについての話という、少なくともオイラにはピンポイントなテーマ。
内容も面白いし、画も良い。
さらにネームの情報量が意外に多いのが読み応えになっている。
作者の着眼点の良さが効いている。
アシスタント卒業の件が結構クールに描写しつつもグググときました。


『トイ・ストーリー』
NHKの衛星でやっていたものを録画。
いつだったか忘れたが少なくとも1度は観ている筈なのに結構細部を忘れていた。
で、今観ると、というか、今観るからこそ現在のピクサーのすごさが分かる。
映像は多分根気があればそんなに高くない3Dソフトでも出来そうな質感。
なので『ウォーリー』を観た眼で見ればなんとも頼りないヴィジュアルでしかない。
しかし、この映画が今観ても古びないのはヴィジュアル重視でそれにのみ寄りかかっているからではないのだ。
キャラクターそれぞれに深みを与えるディティールと台詞が練り込まれている。それが勝因だろう。
今のピクサーにあり目指すべき方向性が第一作で提示されていたのだ。
グリーン・アーミー・メンの動きがいいな(笑)。いかにもあんな感じで子供が動かして歩かせるよなという動きだ。
ピクサーの映画は子供にも向けて作られている筈だが、相当に残酷さを描いている。
しかも子供の。
宮崎駿の「こうあってほしい」という教条主義的な子供の描写ではなく、ピクサーは多くの子供の持つ残虐性と暴力性を恐れずに、しかも肯定的に描いている。
そしてその暴力性は子供のモノに執着して愛着を持つ行為とも等価なものとして描写される。
たぶんピクサーは子供を人類の代表として描いているのではないだろうか。
ピクサーの作品でバカな事や滑稽な事や愚かな事をするのはすべて人間だ。
いくら人間に悪意があったとしても人間そのものを悪として描くのは難しいし観客も思い入れができない。
しかし、アニメーション、漫画映画の上であればそこに描写される人間もロボットも魚も虫もお化けも、すべて等価なものとして観る側に受けとめられる。
だから観る側は実写では人間とロボットが並んだら絶対思い入れが人間に行く所だが、アニメーションならロボットにだって思い入れができるのだ。
観る側の思い入れをコントロールできるのは漫画映画の利点のひとつであり、実写ではなかなか難しいだろう。
そういう意味では年末公開のジム・キャメロンの『アバター』は期待しているのだ。
第一作の『トイ・ストーリー』でこれだけの力量を発揮していたのだ。
他のアニメーションスタジオとは力量も底力も志も違うのであろう。
製作に4年かかり、ピクサーのCEOであるスティーブ・ジョブズの資産を使い、ジョブスに泣き言を言わせたであろうこの作品。
今を考えればジョブスは安い投資だったと思えるだろう。


明日から会社。
憂鬱である(笑)。
by 16mm | 2009-10-04 21:24 | | Trackback(2) | Comments(4)