<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『SP 革命前日』『SP 革命篇』

先週、ちょっとした力仕事を一日やっていたせいか、右腕の浮腫みがいまだ治らずかったるい。
この腕の腫れが治まったらオイラのパンチ力は10倍にはなるはずである(笑)。
歳の所為か疲れが取れず、本日のジムも休みにした。
「ウホっ」っとなるような肉体改造をしようというモチベーションがあるなら身体を使う作業もいいなと思う(笑)。
身体を動かす作業が苦手でも嫌いでもないからね。
典型的なブルーカラー気質なのかもしれん(笑)。


先週、鼻づまりが若干でたが、パニック的な窒息感は出なくて良かった。
痰はいまだ若干であるが完治にはいたっていない。


Boseに修理に出していたヘッドフォンが帰ってきた。
こちらから送ってほぼ一週間。
夏休み期間中だっただろうに迅速な対応である。
c0022635_18821100.jpg
こんな感じで戻ってきて
c0022635_1881397.jpg
こうなった。
こちらからの送料は別で10500円。
修理ではなく新品と交換のようだ。
実際の価格の半値以下ぐらいではないか。
すげえなBose。
ちなみに左側のケースは送った時のものがそのまま帰ってきた。
それは嬉しいところ。
ヘッドフォンについていた傷なんかは結構愛着としてあったんだけど。
企業としては新品をサービス価格で、ということなんだろうけど、長く使い込んだものを更にずっと使いたいと思ってるユーザーもいるんだよ〜(笑)。


『毎日かあさん8 いがいが反抗期編』
"母バースデー"という作品が良かった。
「子供の誕生日は あなたがお母さんになった誕生日」
なるほどなあ、と思う。
それはそうと、サイバラの漫画の例に漏れず、この漫画も男のバカさがけんを余すところ無く描いていて気持ちいい。
そう。男ってバカだよなあ、って(笑)。
しかし、男のバカさかげんにうんざりし、心底分かりあえない事に諦めつつも、世の中の多くの女性がそうであるように、サイバラも男を肯定し許し、そして愛してくれる。
同じ人類である筈なのに、男の完成度の低さはどうしたものなのか(笑)。
女の人がいるから、男は生きて行けるんだろうな。


『大東京トイボックス第7巻』
"熱血"であるとか"燃え"であるとか。
今これらを大上段に構えて作品のテーマにすることは世間の半笑いか失笑のたぐい。
島本和彦はそのテーマを笑いに転じることで血肉化し、結果的に"熱血"や"燃え"肯定的に表現している。
では"熱血"や"燃え"と同等、いやそれ以上に口に出して恥ずかしい言葉とはなにか?
"魂"だと思う。
『大東京トイボックス』は言語化できない、そして譲れない思いを"魂"と規定している。
"魂"を信じる者達の純粋さ、滑稽さ。そして美しさがこの第7巻で描かれている。
チームが一丸となって突き進む様の心地よい事よ。
"魂"を信じて仕事をする、なんてことを諦めたオイラはなんて薄汚れたんだろうと思う。
作品的には途中退場したと思ってたキャラクターが復活したところがこの巻クライマックス。
掲載誌を読んでいないのでまた一年御預けを食う事になるが、がんばって次も読めるように生き抜こう(笑)。


『SP 革命前日』『SP 革命篇』
ネタバレあります。
c0022635_1950016.jpg
上記ヴィジュアルの鈴木オートの顔が濃すぎる(笑)と思うが(笑)。
閑話休題。
この『SP』についてはまだコミック版が進行しているので、それに期待をしていることもあるので完全に総括しようとは思わない。
ただ『SP 革命前日』『SP 革命篇』をDVDで購入し再見したので映像作品としての総括をしてみたいと思う。
映画、映像作品としては面白かった。
特にアクションシーンは岡田准一の体術のすばらしさもあって見応えがあり。
演技的にも主要キャストの演技は重さと悲壮感を漂わせていた。
地下回廊での井上と尾形の文字通りのアクションによる対話は名シーンだと思う。
役者の演技にくらべ背景の国会議事堂のCG感であるとか、車内撮影での窓外の合成感はやはり日本はまだまだだなあと思ったりもしたが、映画全体の質をそれらで下げてるという程ではなかった。

映画だけを取り出してみたとき、『SP 野望篇』『SP 革命前日』『SP 革命篇』は物語としては筋が通った話であるとは感じた。
多少分かり難いところはあったとしも。
しかし、オイラはTVシリーズからの『SP』のファンである。
「大義の為だ」
とTVシリーズのラストに投げかけた尾形の言葉にどれほどの驚きと期待をしたか。
骨太の骨格をもった物語がTV版から映画版に地続きで展開することを夢見ていたのだ。

TVシリーズを観ないで、映画だけを観た人ならこの物語を素直に楽しめたであろう。
だが、映画版の『SP』はTVシリーズからの地続き感はなく、TVと映画で描かれる筈であった一つの大きな流れとしての物語は破綻していた。

そもそも映画が二部構成というのは許せるにしてもTVで『SP 革命前日』なんてのを放送し、それを別パッケージでDVDを売る根性が気に入らない。
オイラ買っちゃったけど(笑)。
『SP 革命前日』なんて重要なのは尾形が実は別人が成り代わって経歴を詐称して出来た存在であるというその情報だけだ。
それも『SP 革命前日』では詳しくは語られない。
後は他のSPの日常とテロリスト達の準備作業。
こんなのは別にわざわざ描くべきものではないだろう。
シナリオの段階なのか、それとも映画化した時の過程でかは分からぬが、構成をミスっているとしか思えない。
映画を理解するのにTVを観なくてはならないような事ってどーなのよ。
『SP 革命前日』なんて『SP 革命篇』と同じパッケージに組み込んで出すべきものではないのか。

TVシリーズを忘れて、映画だけだと思って観てれば楽しめるところも多数ある事は事実である。
何度も言うが、オイラが期待したのはTVから映画への地続き感だ。
尾形の父親が議員で謀殺された為、井上の両親が殺された時に、そこにいた尾形もナイフをもって麻田議員を殺そうとしていたなんてTVシリーズには微塵もなかったことだ。
この辺りはシナリオにもかいてある。
尾形の家族で父親の誕生日を祝おうとした時に、父親の死を目撃した尾形。
そこに誕生日ケーキをもって現れた男。
これが伊達國雄だということは劇場公開時には分かったが、実はこの伊達と尾形が兄弟だと言う事はコミック版を読んで分かって仰天したのだ(笑)。
尾形と仲のいい友人の伊達がケーキを持ってきた、ということだと思っていたのだ(笑)。
たしかに家族で祝うという時に友達が来る事は不自然だけど、それ以上に伊達と尾形が不自然なほど兄弟っぽくみえない(笑)。
劇中「兄さん」とか「弟よ」とか言う台詞は勿論ないんだけど、それはなくても良いんだけど(笑)。
早い話、堤真一と香川照之、兄弟に見えるかあ(笑)。
それと若手の与党の議員役がその香川照之だけど、これ絶対にミスキャストだと思う。
尾形にあまりにも似てないということもあるけど、カリスマ性のある男という感じにはどう考えても香川照之は見えないよ。
別に香川の所為ではないけど、小心で小胆な小物にしか見えない。
堤真一が二役やった方がまだ説得力があったろう。

TVシリーズで尾形が不敵に言い放った
「大義のためだ」
が、実は父親の復讐心という部分に矮小化された。
警察内部や日本という国の暗部に立ち入って、それらを浮き彫りにするのだろうと期待していたら、その尾形自身が暗部によって作られた存在であったという皮肉。
そしてその暗部がなんなのか(なんとなくは分かるけど)を明示せずに物語は終わる。
政治家を吊るし上げ笑い者にし、上から目線のいけ好かない若手官僚を抹殺して終わり。
なんか悪いヤツをやっつけたような気になるけど、それらに手を下した人間は善良なヤツなのか?
TVシリーズのラストと同じく、いくつかの疑問を観るものに投げかける形で映画は終了する。
オイラからすれば思わせぶりに無責任な終わらせ方をしただけにし思えない。

少年尾形が団地の廊下みたいなところを歩いている。
マンションではなくて団地。
その団地の感じと家の中の感じがまったくちぐはぐ(笑)。
あんな一軒家みたいなドアはないだろう(笑)。
そもそも議員をやってるような人物は団地には住むまいよ(笑)。
一事が万事作りが甘い。

TV版のPodcastではあった脚本の金城一紀の語りが映画公開についてはまったくない。
DVDのコメンタリーにもついてない。
TV版のプロデューサーは関わってないし、総監督だった 本広克行の名もない。
彼等が関わらなかったからこうなった、とは思わないが、こうなった原因がそれかもしれないと思うこともある。

映画としては観て損は無い事はたしか。
つっこみどころはあるにしても楽しめたからね。
オイラの『SP』はTVシリーズでおしまい。
後はコミック版に期待を繋げる事にする。
by 16mm | 2011-08-28 21:17 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)

名称未設定

先週土曜日午前、耳鼻科に。
どうやらオイラは蓄膿症だとのこと。
風邪が原因で蓄膿症になり、現在の痰がへばりついている症状はそこから来ているとの事。
抗生物質を少量で長期間服用で治していく方向らしい。
まあ取りあえず原因が明らかになって少々ほっとした。


先週土曜日午後、歯のメンテナンスに。
EP-3につけるレンズについての蘊蓄を聞く。
昔のレンズをつけて撮影ってのもいいなあ。


本日日曜日、ジムに。
ストレッチ、筋トレ、ランニング・マシン。
ランニング・マシンは65分で5.5km。
体重90.85kg(笑)。
リバース(笑)。


CUT 9月号
c0022635_2056552.jpg
宮崎駿が現在構想中の作品について少々話しているのだが、それが無茶苦茶魅力的。
"戦争の道具を作った人間"をテーマにした映画。
かいつまんでいうと、ある人間が美しいものを作りたいという動機で作られたのが兵器だった、ということらしい。
これは本当に観てみたい。
宮崎駿がやっと突き抜けた作家性を発揮するのかもしれん。
ぜひとも実現してもらいたいものだ。
テーマ的に言ったら現状宮崎駿にしかなしえない作品になるだろうね。


『エンジェルウォーズ』のBLU-RAY+DVDのパッケージを購入。
BLU-RAYだと長いバージョンが観れるらしい。
再見したが、やはり面白かった。
感想は今度。
ワーナー・オンデマンドでメイキングも紹介されていた。
あの鏡のシーンのメイキングが興味深かった。


本日は以上。
つかれた〜。
by 16mm | 2011-08-21 21:09 | 閑話 | Trackback(1) | Comments(2)

『悪魔を見た』

このところ、夜中に弱いながらも地震がある。
夜中の地震は色んな意味で怖いなあ。


Boseに使っていたヘッドフォンの修理をしてもらう為に宅急便で送る。
値段の約半額で修理だが交換をしてくれるという。
もう4年ほどつかっていて右側の音が接触不良で聴こえたり聴こえなかったりな状態であった。


薬の所為か眠くてしょうがない。
ぼんやりとした頭でTBSの小島慶子のラジオを聴いている。
吉田照美が午後の番組をやらなくなってから文化放送は聴かなくなったなあ。


ヒゲを11日ほど剃らずにいるが、口のふちがチクチクする(笑)。
土曜日は歯のメンテナンスに行くのでそれまでに剃る事にする(笑)。


先週土曜日、心療内科。
医者の提案で薬の量を増やす。
服用している薬で今のところ問題もないので、早く治るようなら、ということで提案を受け入れる。


今のところ発作自体は治まっているが相変わらず痰が煩わしい。
どうやら痰については風邪薬の成分のものを服用しているようだが。
今度の土曜日に耳鼻科にも行くので医者に今後どうなるのか聞いてみたい。


今週日曜日、ジムに。
行くつもりだったが通勤鞄を買いに池袋に。
通勤鞄の新調は2年ほど前から考えていたのだが、どうしても欲しい感じのものが見当たらずに保留してきた。
で、現在使っている鞄があちこちボロけてきて、ショルダー・ベルトが半分ほど切れかかっているので、早々に買わねばと思っていた。
大事に長く使えそうなものをと、ゼロハリバートンだとかリモワも考えたが、満員電車でその手のバッグは周りに迷惑をかけるだろうと思い諦める。
で、雨が降ったりだと厄介なのは分かるが革のバッグにすることにした。
自分ではブランドも分からずになかなか決まらないなか、会社の友人に教えてもらったのがCOLE HAAN。
c0022635_2354747.jpg
これを見て気に入ったのだが、値段、高いなあ、と(笑)。
でも他に欲しいと思えるものもなく、値段はイタイがこれにしようと池袋に買いにでかけたのだ。
したら、そのバッグはその店にはなく、代わりに
c0022635_2358087.jpg
似たような別のバッグがセールになっていた(笑)。
このバッグも元々6万ナンボの品で、それが48000円に(笑)。
で、購入したよ(笑)。
48000円だって高いけどね(笑)。
オイラにしては良い買い物したな、と思ったが、そうなるとすぐこの新調した鞄を使うのがもったいなくなると思い始めるのがオイラの貧乏性なところ(笑)。
現在使っているボロバッグのショルダーのベルトが切れたらチェンジすることにして、いましばらくお古を使おうと思う(笑)。


今週月曜日、ジムに。
ストレッチ、筋トレ、ランニングマシン。
ランニングマシンは65分で5.22km。
体重88.90kg。
おおおおおw。
減った(笑)。


ずっと使っていた
c0022635_072250.jpg
マウスが壊れた(笑)。
ポインターが移動しなくなった。
女性のおっぱいを握るがごとく(笑)掌全体で包むような大きさのこのマウス、すごく使い易く気に入っていたのだ。
同じマウスを買おうと思っていたところ、現在のマックを買った時についていたマウスがあったのを思い出して使い始めた。
c0022635_0112019.jpg
平べったいこのマウス、どうも使いづらいのだが、我慢すれば使えない事も無い。
無駄遣いを控えるべくしばらくこれでやることにした。


c0022635_0144924.jpg
しまおまほのエッセイ集を買った。
普段エッセイ読まないし、値段も1680円と高いし。
しまおは宇多丸のラジオ番組に出ている人だ。
そこで宇多丸が彼女の本、というか、文章力を絶賛していたのだ。
とは言ってもアイドル本の類いだろうな、とタカをくくりつつ本を購入。
読んでみたらこれがなかなか読ませる文章。
所謂心象を綴ったものであるのだが、短いセンテンスで平易でイメージを喚起するような表現力。
ラジオではやや潔癖性気味のぼんやりキャラな彼女の違った一面が見れてお得な本であったなと思った。
ちなみに近所の本屋では入荷していなかったのでamazonでの購入となった。
基本本は本屋で直に購入するのだが、無かった場合はやはりamazonで購入するようになっちゃったなあ。


unityというソフトがある。
リアルタイムレンダリングができるソフト。
スクリプトも埋め込めるのでゲームの開発なんかもこれでやっているらしい。
モデリングは基本的にできないので、他の3Dソフトで作成したものをunityに読み込む。
このソフト、Macintosh版もWindows版もあって尚かつ無料(笑)。
有料版だとunityで開発したものをiPhoneだとかで動かせたり、リアルタイムレンダリング時に影がちゃんと表示されたりする。
このソフトで作ったデモ・ゲームにハマってしまった(笑)。
"Avert Fate"というものだが
c0022635_0454683.jpg
なんのことない他愛無い FPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)なのだが、そのシンプルさに惹かれまくってやりまくりである。
デモムービーなのですぐ終わっちゃうし、本当に他愛無いんだけど
c0022635_0481152.jpg
こんな感じに手榴弾をねらって誘爆させた時が無茶苦茶快感で(笑)。
オイラ、病んでるなあと思いつつも止められない(笑)。
リアルタイムレンダリングというのは、現状PS3やX-Boxでゲームをやっていればそれと意識しなくてもすでに体験しているものである。
iPhoneのゲームもリアルタイムはあるしね。
ただ、それらを開発するという事に関してかなりソフト的なハードルが下がったなという印象。
やる気と能力があればゲーム作れちゃうというね。
unityに付属するデモプロジェクトのBoot Camp(ミリタリーTPS)を見たときも感動的であった。
あくまでも開発側から見ての驚きということで。
ゲームをする側から見ればなんて事ないということは言うまでもない。


『悪魔を見た』
iPod touchで視聴。
ネタバレあります。
今年映画館で観ようと思っていて見逃した映画。
先週観た『冷たい熱帯魚』と似た種類のエクストリームな作品である。
本作も『冷たい熱帯魚』同様、犯人は誰であるかというのは冒頭から分かっている。
極悪な犯人がラストに向けてどのような結末を迎えるのか?
そういう意味では犯人を犯人の肉親に殺させるというオチはなんとなく弱いと感じた。
犯人そのものがその肉親に愛されていないというのが物語上分かっていたので復讐の結末としてはどうなのかね。
それよりもそこに至るまでに犯人を半殺しにしながらわざと逃がすという描写の方が強烈だったと感じた。
出て来て殺される女性がみんな綺麗なので犯人憎しの感情移入はできるのだが。
イ・ビョンホンの体術(スタントマンがやってるところもあるが)もすばらしかったが、やはり犯人役のチェ・ミンシクの貫禄と重さが際立っていた。
話題作を中心に観ているという事もあるが、韓国映画でバズレはないなあ。
本作も面白かった。
by 16mm | 2011-08-19 01:24 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback | Comments(2)

『冷たい熱帯魚』

先週の病状。
発作もなしに安定中。
鼻づまりっぽい事になっても、そこから息苦しさに繋がらない。
ありがたい事である。
服用しているヤクのおかげであろう。
そのかわりヤク切れに非情に神経質になった(笑)。
診察日までにヤクが足りるのか?途中で無くなったりしないか?
などと。
ある意味ヤク中の症状ではないか(笑)。


先週土曜日は耳鼻科。
同じような診察と同じ薬の処方。
症状はやや治まり気味ではあっても完治はしていない。
そもそも完治はあるのか?


先週土曜日、行く日ではなかったが心療内科に午後。
が、あまりの患者の多さに断念。
途中で帰る。


先週土曜日、ヘアカット。
二ヶ月に一度の頭皮のコリをとってもらう。


本日日曜日、ジムに。
ストレッチ、筋トレ、ランニング・マシン。
ランニング・マシンは3度から9度ぐらいのランダムな傾斜で走る。
65分で7.04km。
体重90.05kg。
90kg切るかな、と思ったらおしかったね(笑)。
c0022635_17413250.jpg
2006年10月に上記のようなウェポンを購入にして重宝していたが、このほど
c0022635_17525678.jpg
分かりにくいが、付け根のところが破断してしまった(笑)。
長年使い続けた末の金属疲労だと思われる。
「よくがんばった」
と労いの言葉とともにお役御免にしようとしたのだが、このウェポンがない状態でのタイピングが非情に辛い(笑)。
オイラの肘、こんなに重いのかw。
というわけで分解してネジを上手い具合に閉め直して、ゾンビのようにすこしばかりの延命を施す。
延命している間に二代目を購入する予定。
椅子に肘掛けがあれば楽チンなんだけど、イスを買う方が良いかしらん。


『冷たい熱帯魚』
iPod touchで視聴。
ネタバレあります。
「ボディを透明にする」
宇多丸の評論で興味をもって『愛のむきだし』を観てから監督の園子温の事をなんとなく気にするようになっていた。
『冷たい熱帯魚』についても宇多丸が絶賛。
劇場公開時には観に行けなかったので待望の視聴である。
c0022635_18181569.jpg
上記を含む本作のポスターヴィジュアルがカッコいいね。
それはともかく本作は実際の事件をベースに作られている、という触れ込みであるが、あくまでもベースであって実際の事件の顛末とは違う。
言ってしまえば、映画のように主犯格の夫婦は共犯者の男に殺されたりもしないし、共犯者の男は自分の妻を殺したりもしていない。
『愛のむきだし』を観てても思ったのだが、監督の園子温は"父性"というものに取り付かれた人なのではないかな、と感じていた。
キリスト教的なアイコンが映像に散見されるが、宗教的な強さというよりも強力な"父性"を映像化しているように思える。
打倒し乗り越えるべき父性、というとイメージが綺麗事になりそうだが、打倒し抹消したい存在としての父性ということか。
そんなモチーフにベースになった実際の埼玉愛犬家連続殺人事件というのはもってこいであったのだろう。
本作では、でんでんが演じている連続殺人犯。
これがでんでんの好演もあって非情に邪悪な強さをもった父性を表現していた。
「ボディが透明になっちまえば、なんにもわからねぇ」
この台詞、映画のオリジナルではなくて実際の犯人が言っていた言葉だという。
殺害した遺体を細切れの肉片と骨に切り分け。
肉は川に流して魚の餌に。
骨は灰になるまで焼き尽くし、それを山のなかで撒いて遺棄する。
遺体や物証はまったく痕跡を残さず消し去り、文字通り"ボディ(死体)を透明"にしてしまうのだ。
行った事は許し難いことではあれど、不謹慎であるがこんな言葉を発するある種のユーモア、ブラックな感性に関心した。
「ボディを透明に」ってこの映画屈指の台詞だと思うけど、やはり普通の脚本家では出てこないよね。
この辺りがホンモノの強さなのかもしれん。
映画でもそうだったが実際の犯人も相当な俗物で押し出しの強い性格だったらしい。
この犯人のパーソナリティに園子温は自らのモチーフであるであろう"父性"を託したのであろう。
いわば最適な人物造詣であったろう。
実在の人物だし。
映画自体はエロとグロとバイオレンスな146分であるが、その中でどちらかというとグロが苦手なオイラでも普通に観る事ができた。
死体解体のグロ描写も乾いたユーモアで(鼻歌歌いながらだとか、ちんちんに真珠が入っている事を笑ったりとか)表現されている所為か必要以上に陰惨な印象は受けなかった。
ただ、映画の結末をどう解釈すればいいのか?という事についてはオイラ自身はいまだ未消化な状態でありイマイチよく分かっていない。
宇多丸が評論していたものを聞いても自分としては諸手を上げて納得できるものではない。
間違いなく解答がある筈なのに、自分には分からないもどかしさというのがこの映画観た感想である。
そうは言ってもこの映画があらゆる意味でパワフル、文字通りパワフルな作品であるのは間違いない。
映像、音楽、俳優、演出力。
そのどれもが尊敬に値するね。
あちこちで言われている事であるが、主演したでんでんはすごかった。
所謂ガハハ系オヤジの俗物感を見事に演じていた。
この感じと似た俳優を思い出した。
松田優作監督作の『ア・ホーマンス』に出てたポール牧の凄みの演技だ。
その他、社本を演じた吹越満の微妙に面がワレて無い感じのフレッシュさ。
黒沢あすかの緩と急おりまぜたような豹変する人物像とエロス。
神楽坂恵の不満を抱えつつもある時は優しく包み込むような女性の演技(最期には不満をまきちらすんだけど)。
梶原ひかりの娘役も良かったなあ。
監督の園子温は演技指導も厳しいらしいけど、その厳しさのゴールが本作のようなものであれば俳優も報われよう。
ラストがよく分からないけど、パワフルで面白い映画、でした。


今週は心療内科に。

by 16mm | 2011-08-07 20:13 | 映画・Blu-ray・DVDの感想など。 | Trackback(1) | Comments(2)